2015年3月
« 2月   4月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「“慣れ”ないように」

投稿日:2015年03月28日 01:20

また、新しい年度が始まります。
テレビ局も、大きな改編がある、区切りの時期です。
終わってしまう番組、新しく始まる番組、いろいろです。
「ぷっ」すまは・・・・・もちろん、これまでと同じ感じで続きます。
よかった!です。
(ただ、地方によっては、放送時間が変わったりするかもですので、お確かめくださいませ。)

熊の助の仕事も、大体、同じ感じです。
「ぷっ」すまには引き続き出させて頂きます。
週末の土曜日曜の朝と昼のニュースも、引き続き読みます。
どちらも長く続けているので、また引き続きやらせてもらえるのは、ありがたいことです。

気をつけなくちゃいけないのは“慣れ”です。
「今日は良くなかったなぁ」と反省する仕事って・・・・・
振り返ると、原因は“慣れ”だったような気がするんです。
「いつもと同じだよね」って思っていたんじゃないか。
「ずーっとやっているから大丈夫だよ」って高をくくっていたんじゃないか。
“慣れ”で、緩んで、緊張感がなくなると、大きなしっぺ返しが待っているのは何度も経験しています。
やることは同じかもしれませんが、中身は毎回違うんです。
ニュースを読むという行為に変化はありませんが、伝える内容は1つとして同じものはないんです。
「1つ1つのニュースを、しっかり分かりやすく伝える」基本中の基本です。
当たり前のことを忘れないようにしています。
「いつもやっていること程、軽く思っちゃいけないんだ」と肝に銘じています。

「ぷっ」すまでも、もちろんです。
毎回、新鮮な気持ちで臨むようにしています。
企画は同じでも、ゲストは違います。
展開だって同じになることはないし、面白いポイントもその都度変わってきます。
何度もやっていることでも、違うんです。
だから・・・・・
ロケの前日の打ち合わせは、必ずやってもらうようにしています。
打ち合わせをしておいて、変化に対応できるように、とりあえず考えておきたいんです。
考えておいても、その通りにはならないんですが、確認だけはしておきたいのです。
たぶん・・・・・
こうやって打ち合わせをすることで、気持ちにスイッチが入るんだと思います。
“慣れ”ないように、緊張感を持つように、と自分に言い聞かせるスイッチが押されるんです。
忙しいディレクターにとっては少々面倒かもしれませんが・・・・・
これからも、打ち合わせお願いしていきます。
さて、次回は「お好み瞬間芸」の後編です。
このロケの前日もきちんと打ち合わせをしました。
“慣れ”のない、新鮮な気持ちで臨んだつもりです。

  • mixiチェック

「“奴ら”が来た」

投稿日:2015年03月21日 01:20

今年も“奴ら”がやって来ました。
“奴ら”のせいで、大変な思いをしなくてはなりません。
しかも、関東では“奴ら”の数が、去年よりも非常に多くなるという予想です。
だから、この時期は非常に憂鬱です。
特に晴れた日、鼻のムズムズと鼻水とくしゃみが止まらなくなります。
薬が手放せません。

花粉症とは、もう15年以上の付き合いです。
春のある日、突然やって来ました。
それ以来、毎年、毎年、来なくてもいいのに来てくれます。
年によって“奴ら”の数は違いますが、大挙して来られるともう大変です。

昔の薬は、眠くなって大変でした。
仕事を考えながら服用するようにはしていましたが、なかなかコントロールできませんでした。
昼間、急に睡魔に襲われたりしていました。
その後、病院の先生と相談しながら、いくつかの新しい薬を試しました。
今は、夜に1錠だけ飲めばいいタイプの薬に頼っています。
これも眠くはなるんですが・・・・・
寝る前なので大きな問題はありません。
不便といえば、夜更かしができなくなることくらい。
ただ、早く寝ているのに、寝起きが悪い感じがあるのが残念です。
人によって、効き方が違うと思うので、一概には言えませんが・・・・・
すっきり起きられない感じ、起きてもしばらくすっきりしない感じが、熊の助にはあります。
それでも、この1錠で、翌日、鼻水やくしゃみに悩まされないのですから、良しとしないといけません。

ここ数年は早めの対処をしています。
“奴ら”が来ないうちから、薬を飲んでおきます。
去年は、この対処方法が功を奏したのか、症状がほとんど出ませんでした。
だから、今年も2月初旬には服用を始めました。
3月に入っても、ひどい症状は出ません。
「今年も上手くいったね!」
と思っていた、3月の2週目。
鼻がムズムズして、くしゃみが連続して止まらず、鼻水が溢れ出しました。
薬の効果を上回って、“奴ら”が押し寄せてきたようです。

そんな頃、次回放送の「お好み瞬間芸」のロケが行われました。
幸い、その日はちょっと雨模様。しかも、屋内。
“奴ら”の攻撃が弱めだったので、薬で防御できたようです。何とか、乗り切れました。
ただ、草彅さんは凄いです。
「“奴ら”の攻撃を、強い気持ちで迎え撃つ!」そうです。
「薬の力は借りない!」信念です。
だから、ロケの合間、時々鼻をかんでいらっしゃいました。
そんな姿が・・・・・なんか、かっこいい!

  • mixiチェック

「いつも、熊。」

投稿日:2015年03月14日 01:20

次回は、「トレジャーバトル」の後編です。
埼玉の越谷から、2軒目は、東京都内に移動です。
渋谷に住宅展示場があるんです。
そのモデルルームをお借りして宝探し第2章です。

この企画、熊の助の楽しみの1つは・・・・・
相手チームの様子を、放送で初めて見ること。
ユースケさんチームには、どんな仕掛けがあるのか?どんなゲストが隠れているのか?
事前に、ほとんど知らされていないのです。
だって勝負ですもん。
相手チームは“敵”なのです。
事前の打ち合わせだって、別々にやってます。

ただ、今回、越谷の物件は、草彅チーム、ユースケ―チーム、隣同志の一軒家でした。
もちろん、物件に入ってしまえば、“敵”に何が起こっているのかは分かりません。
しかし、庭やベランダといった表に出ると・・・・・
声が聞こえたり、見慣れない人がいたりして、相手チームの仕掛けがチラッと見えちゃったんです。
チラッとだけの方が、想像力を掻き立てられます。
―あの時聞こえた歓声はなんだったんだろう?
―ベランダにいた水着のゲストはどんな役割なんだろう?
「ふーん、ユースケさんチームにはやっぱりエロ的な仕掛けがあるんだ。」
少し羨ましく思ったりもしちゃいました。
そんなことがあると、ますます、放送が楽しみになってくるんです。

さて、草彅さんチームといえば・・・・・
1軒目の仕掛け人が江頭さんでしたから、かなり、カオス状態になりました。
そのおかげで、遅れてしまっています。
果たして、2軒目で挽回できるのか?
渋谷への道のりを急ぎました。

2軒目も、物件は、道を挟んだお隣さんです。
ユースケさんチームが、すでに宝探しを始めてる様子が分かります。
その時、草彅さんが、ボソッと・・・・・
「なんで、いつも、僕のチームは大熊さんが付いてくるんですかね?」
素朴な疑問です。
ユースケさんにはいつも女性アナウンサーが付いて、両手に花状態になるのに、なぜ?
当然の疑問です。
でも、これって、ディレクターが決めていることなんです。
ご了承くださいませ。

PS
前回、この日記で書いた“気持ち悪いこと”は、
編集の都合もあって、この後編で流れるという話です。
見ている方が、気持ち悪くならないようにして下さい。

  • mixiチェック

「気持ちいい。気持ち悪い。」

投稿日:2015年03月07日 01:20

次回放送は、結婚式場からスタートします。
ヨーロッパの邸宅を思わせるおしゃれな建物に、チャペルや宴会場が備わっている専用の施設です。
どこを切り取っても絵になる作りなんですよね。
中にいるだけで、幸せになりそうな雰囲気もあります。
最近、こういう施設が増えているんですよね。
そして、最近、こういった場所に縁があるようで・・・・・

先日、友人の結婚披露宴の司会をしました。
その時も、こういった場所でした。
「ぷっ」すまスタッフが結婚した時にも、この日記に書きましたが・・・・・
年齢を重ねると、とんと結婚式が縁遠くなります。
30代くらいまでは、友達の結婚式の司会をたくさん頼まれました。
そんな友人たちの適齢期が過ぎると、依頼が無くなってきます。
最近は、全くありませんでした。
スタッフの時以来、2年半ぶり?かな。

幸せな場所で、司会としてお手伝いできるっていうのは、何というか・・・・・
―純粋な気持ちになれるというか
―神聖な気持ちになれるというか
―新鮮な気持ちになれるというか
とにかく、非常に気持ちのいいもんです。

さて、次回の「ぷっ」すまは、「物件拝見トレジャーバトル」です。
結婚式場でオープニングを収録した後、物件に移動です。
今回の最初の物件は、ニュータウンにあるんです。
ニュータウン?・・・・・直訳すれば“新しい町”。
そうです、2008年に町開きしたばかりの「越谷レイクタウン」にある一軒家に行ったのです。
駅ができて、大型ショッピングセンターが建ち、造成して区画整理した土地が広がっています。
物件の周りは、まだ更地だったりして・・・・・
本当にこれからできていく町って感じです。
高い建物もなく、2階のバルコニーに出ると、遠くまで見渡せます。
吹き抜ける風も、春を感じさせてくれました。
非常に気持ちいいお宅でした。

ただ、「ぷっ」すまは、こんな越谷レイクタウンの中に、違うニュータウンも作っちゃったのです。
小さな家が5軒だけの、一風変わったニュータウンです。
しかも、そこに住む人が、また一風変わっているんです。
いや、変わっているっていうよりも、ちょっと迷惑かも?
草彅さんに勝負を挑むこの住人。
その人のおかげで、熊の助も大変な事態に陥ってしまいました。
この事態は放送されないかもですが・・・・・
とにかく、ここだけは、非常に気持ち悪かったです。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫