2014年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「本当の“鴨っ食い”」

投稿日:2014年09月27日 01:20

「鴨っ食い(かもっくい)」・・・・・
「ぷっ」すまで、今年の春から時々出てくる言葉です。
世間では、ほとんど聞かないですよね。
意味としては、「鴨が大好きで、頻繁に鴨を食べる人」って感じだと思います。
ユースケさんが言い始めました。
このワードが出てきたのは、3月の「鎌倉部」。
レギュラー放送ではなく、土曜日の昼に放送したスペシャル番組の方です。
全国放送ではなかったので、分からない方もいらっしゃると思います。
すみません。

状況を説明しますと・・・・・
鎌倉にある美味しいそば屋に伺った時、突然、ユースケさんの口からこの言葉が出てきました。
“冷やしそば”と“鴨焼き”どっちを食べたいでしょう!
親になったユースケさんは、本当は鴨肉がそれ程好きではありません。
嫌いなことを悟られないように、なんとか誤魔化すために、鴨好きをアピールしました。
その時、「鴨、大好き!」とは言わずに、「俺、鴨っ食いだから」って言ったのです。
聞いたことのないワードに、みんなが食いつきました。
「鴨っ食いって何だよ!」
って、ひとしきり盛り上がったのを覚えています。

さすが、
言葉の選び方というか・・・・・
言葉の響きの面白さというか・・・・・
ユースケさん、一味違います。

その「鴨っ食い」というワードを、一番面白がって、一番気に入ったのが、草彅さんです。
ずーっと頭の片隅にとどまっていたんだそうです。
半年以上経っているのに、時々思い出すそうです。
そこで、「ユースケさんを、本当の鴨っ食いにしてあげたい!」
次回、草彅さんが、鴨を焼きます。
そこには、またまたいろんなこだわりが。
是非、次回の「お互いにしてあげたいこと」を見てくださいね。

この企画は、放送時間が遅くなって30分番組になった区切りのこの時期に、毎年やっています。
もう4回目になります。
改めて、月日が経つのは速いですねぇ。あれから丸3年ですよ。
これからも、週に1度ではありますが、これまでのように、イヤ、これまで以上に・・・・・
心がホワホワする、楽しい番組をお届けできればと思っています。

  • mixiチェック

「変装上手?」

投稿日:2014年09月19日 01:20

どこまで変装すれば、その人だって分からなくなるのか?
顔の輪郭、髪型、目や鼻の印象などなど、変えたいところはいろいろあります。
女性だと化粧の仕方でちょっとは変わるようですが、男性は難しいです。
帽子を目深に被ったり、サングラスを掛けたり。
変装の定番ではありますが、特に室内では非常に不自然です。
何をどうすれば上手くいくの?

次回の放送では、彅スケとゲストが、大いに悩んで悩んで、変装しちゃいます。
タレントさんのお店にお邪魔する「タレントグルメ」なんですが、潜入調査もしちゃいました。
2軒目では、厨房にいる“あの人”にバレてはいけないのです。
ユースケさんと草彅さんだということを悟られては企画が成立しないのです。
だから、念入りに変装しました。

まずは、髪型。
用意されたいろんなカツラを被ってみます。
でも、なかなか、しっくり来ません。
じゃあ、帽子にしようか。
あれこれ、迷います。
続いて、目の雰囲気。
サングラスやメガネを掛けては外してます。
結局・・・・・
何をやっても、ユースケさんであり、草彅さんなんです。
もう少し言うと・・・・・
変装すればするほど、コントをやってる、ユースケさんであり、草彅さんになっちゃうんです。

いやいや、変装してるって分かっているから、熊の助にはコントに見えるのかも。
何も知らない人が見たら、2人だって分からないんじゃないか。
行けるかも?
とりあえず、潜入調査に突入です。

はたから見ていると・・・・・
彅スケ&ゲストの方は、怪しい3人組です。
非常に不自然な雰囲気も醸し出しています。
でも、大丈夫、周りのお客さんは、全てスタッフなんですから。
お客さんが出ていくたびに、カメラマンさんやディレクターやADが席を埋めていきました。
どこまで、バレずに進められるのか?
ちょっとドキドキする感じもあります。
是非ご覧くださいませ。

PS
お礼が遅くなってしまいましたが・・・・・
たくさんの方に、誕生日のお祝いの言葉を頂きました。
この年になってめでたくもないのですが、やっぱり嬉しいです。
本当に、ありがとうございました。

  • mixiチェック

「悩む手土産」

投稿日:2014年09月13日 01:20

手土産を持って、人のお宅にお邪魔するなんて機会はそんなにありませんが・・・・・
お芝居やライブなどに、差し入れとして手土産を持っていくことはしばしばあります。
かなり悩みます。
「何を持っていったら喜んでもらえるか?」
―相手の好みに合わせるのか
―熊の助が好きなものを持っていくのか
―その場合、持って行ったものが相手の好みじゃないかもしれない
いろいろ考えちゃうのです。

そして、何を持っていくかが決まっても、それを買いに行けるのかも問題です。
途中に、お目当ての店があれば問題ありません。
ただ、そういう日に限って、仕事が忙しかったり、とんでもない場所での仕事だったり。
買いに行く時間が作れないことも多いのです。
絶対“きな粉餅”系だと決めていたのに、会社の近くで買える“焼き菓子”系なってしまったりします。
そんな時は、なんか納得がいかないのです。
仕方のないことではありますが、工夫もない、面白味もない、なんかつまらないのです。
でも、もしかしたら・・・・・
好きだと聞いていたきな粉餅を持って行っても、他の人と重なって、喜ばれないかも知れない。
よくあるクッキーのような焼き菓子の方が、子供もいるのでと、嬉しがってくれるかも知れない。
それでも「考えて考えてこの手土産にしました」的な意思表示をしたいのです。
熊の助の手土産って“ひとりよがり”なんですよね。

自分が頂く方だったら・・・・・
どんなモノでも嬉しいです。
それが、大好きなものだったらなおさら。
自分では普段買わないようなモノでも、食べて、それが美味しかったら、もっと感激です。
そう考えると、悩み過ぎなくてもいいのかな?

最近は、時間もなくて、何を買うか決まらない時、千○屋のフルーツゼリーにすることが多いです。
本来、すぐに食べてもらえそうなら、和菓子やケーキのような生モノが一番だと思っています。
でも、手土産全てを、その日のうちに食べてもらうのは大変です。
ある程度賞味期限が長い方が、使い勝手がいいはずです。
しかも、その場で食べられなくても、ポケットに入れて持って帰れるモノだとなお良いかなって。
美味しい、普段あまり食べない、日持ちする、そして値段から・・・・・
フルーツゼリー、かなり優秀だと思います。
ただ、スプーンを入れてもらうことを忘れないようにね。
最初に手土産に使った時、「スプーンがなくて食べるのが大変だった」と後から聞いて、恥かきました。
カップに入ったゼリーに口をつけて、そのままツルーンというかへローンと、一口で食べたそうです。
考えても考えても、なかなか完璧にいかないのが、熊の助の手土産です。

さて、次回放送は「新居押しかけ・手土産隠しまショー」です。
安田大サーカスの団長の、最近建てた新居にお邪魔します。
先に届けておいた手土産をどんなところに隠すのか?
芸人としてのセンスの見せ所です。
そして、それを彅スケやゲストが見つけ出せるのか?
お楽しみに。

  • mixiチェック

「大汗をかく」

投稿日:2014年09月06日 01:20

今年の8月は暑かったですよね。
東京も、猛暑日が続いて、さらに、連日の熱帯夜。
昼も夜も、身体がきつかったです。
年齢のせいもあるのかな?
寒いよりは、暑い方が好きなはずなのに・・・・・
今年はダメージが大きかったなあ。

一番は、汗の流れる量。
半端なかった気がします。
ちょっと歩いただけで、もう汗が止まらないのです。
以前は、もうちょっと、汗に対して強い身体だったように思うのです。
しかし、今年は、次から次へと噴き出して、拭っても拭っても、全然ひかないのです。
「どこか悪いんじゃないか」と心配になるくらいの汗。
小さなタオルを手放せませんでした。

代謝が良くなったのかな?
いやいや、たぶん、冷房に頼り過ぎていたのが原因だと分析しています。
夜、タイマーが切れると、すぐONにして、一晩中クーラーのお世話になったことがかなりありました。
去年までだと、もうちょっと我慢して、汗をかきながら寝るようにしていたのです。
その我慢が今年はできませんでした。
その為、いつまでたっても暑さにうまく順応できなかったのではないか?
だから、暑さにさらされると、異常に反応して、汗が溢れたのではないか?
今、今年の夏の過ごし方について、熊の助はかなり反省しています。

ただ、8月の最後の1週間は、東京はずーっとグズつきました。
雨が降ったりやんだりの日が続きました。
そんな不安定な空模様の下、“激辛部”のロケが行われたのです。
ギリギリまで、外でやるか、室内にするか迷いましたが、
「何とか行ける?」
と、ちょっと強行気味に、オープンデッキに椅子と机が用意されました。
途中パラパラ落ちては来ましたが、何とか最後までもってくれました。
願いが通じたんだと思います。

だって、対戦は、草彅さん率いるHKT48と、ユースケさんのグラビアアイドルです。
もちろんグラビアアイドルの方達は、水着を着こんでの参戦です。
室内より、外の方が、開放的な雰囲気になりますから。
これまでの激辛部とはまた違った展開になりました。
そして、激辛を食べて、皆さん、大いに汗をかいてます。
お見逃しなく。

PS
前回と前々回の日記に間違いがありました。
イカ部3回目の出航は、“ヤリイカ”釣りって書いちゃってました。
正解は、“スルメイカ”釣りでしたね。
言い訳ですが・・・・・
このイカ部のロケって、かなりかなり前だったんです。
記憶が曖昧になって、確認を怠りました。
すみませんでした。
(他局の長時間テレビのドラマの中に
この時の釣りロケの場面が出てきたので、分かっている人も多いと思いますが・・・・・)

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫