2014年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「大判焼」

投稿日:2014年02月22日 01:20

久々に“大判焼”を食べました。
焼いているのを見たら、急に食べたくなりました。
カスタードや芋あんもありましたが・・・・・
やっぱり、あんこの入っているのを買いました。
130円也。
大判焼
この、高さの低い円筒形のお菓子を、熊の助は、昔から“大判焼”と呼んでいます。
東京に出てきて・・・・・
よく似た“今川焼”と呼ばれるお菓子が売られているななぁ、と思っていました。
何かが違うだろうと、食べてみたら・・・・・ほとんど同じ様な気がする。
その後、名前が違うだけだって分かりました。
“今川焼”という名前のほうがメジャーなんだと知ったのは、もっと後になってからのことです。
調べてみると・・・・・
江戸時代、神田の今川町にあった店が作って売っていたお菓子だから今川焼って呼ばれたようです。
全国的に大判焼とも呼ばれてはいるようです。
地方によっては、二重焼とか回転焼って言ったりもするみたいですね。

だいたい、大判焼の店って、駅前にある気がします。
甘味処の店先とか、露天とか。
会社帰り、なーんか、妙に、甘いものが食べたくなるんですよね。
疲れているから?
1個から気軽に買えるのもありがたいです。
昔は、駅前にたまたま店があってよく買っていました。
でも、今の家に引っ越してからはほとんど食べていません。
残念ながら、熊の助の利用する駅からの道すがらに、こういった店がないのです。

それは、ロケが始まる直前でした。
前ふり場所の駅前で見つけた“大判焼”に、欲望を押さえられませんでした。
本番なので、財布を持ってきていません。
「諦めるか!」
「いや、まだロケが始まるまでにはちょっとだけ時間がある!」
「どうしても食べたい!」
スタッフに小銭を借りちゃいました。
店まで走りました。
「あんこ1個下さい!」
小麦粉の生地のフワフワ感と温かいあんこの口当たりが、妙に懐かしくて、美味しかった。
食べ終わって数分後・・・・・
ナイツさんの案内する「オレ街観光大使」のロケが始まりました。

  • mixiチェック

「“エロ”に関して」

投稿日:2014年02月15日 01:20

お色気企画の受け取り方は、男性と女性でかなり違います。
だって・・・・・
ギリギリマスターで「ブロック崩し」や「障子破り」をやった時の女性スタッフの反応の冷たいコト。
出演者は、嬉々として、どこのブロックを開けるかを考え、覗いて、喜びます。
スタジオにいる男性スタッフも、何が起こるかだいたい分かっているのに、大いに盛り上がっています。
熊の助も、ちょっと嬉しく、ちょっとワクワクしちゃいます。
そんな男性陣の熱い雰囲気とは違って、女性達の温度は非常に低いのです。
っていうか、非常に冷めています。

まあ、スタッフは別として・・・・・
テレビを見ている方々はどうなんでしょうか?
特に女性は、エロい企画をどう感じているんでしょうか?
かつての「彼女が水着に着替えたら」とかは、かなり過激なコトもやったような。
(といっても、この企画は熊の助は不参加だったので、現場の様子は分からないのですが・・・・・)
それでも、皆さんしっかり見ていて下さいました。
ありがたいことです。

不思議なことがあります。
ユースケさんと草彅さんの2人だと、なぜかエロくなり過ぎない感じがするのです。
お2人の持っている、フワフワした雰囲気がエロの濃度を薄めているのかなぁ?
ユースケさんの嬉しそうな顔と、草彅さんのちょっと困ったような顔が、いい感じにしてくれている?
微妙で絶妙なバランスで、上手く進んでいく?
ロケでは、いつも感心しています。

“さわやかなエロ”
“清々しいエロ”
“気持ちのいいエロ”
とでも言いましょうか・・・・・
エグい感じにならないから、素敵だと思います。
ちょっと自画自賛みたいになっちゃいましたかね。反省です。

さて、次回放送は、「新居押しかけ部」の第2弾です。
グラビアの森下悠里さんの新居に押しかけちゃいました。
今回は、少しエロの入ったミッションもあります。
それをナギスケとゲストの博多大吉がどうこなしていくのか?注目して下さい。
エロくなり過ぎてはいないか?
エグイ感じになっていないか?
心配な部分もありますが・・・・・たぶん、さわやかで、清々しく、気持ちよくなってるはずです。

  • mixiチェック

「待つと、疲れちゃう」

投稿日:2014年02月08日 01:20

週末の土曜・日曜は、朝のニュースを担当しているので、とても早起きです。
午前3時半に起床します。
その他の曜日は、そんなに早くは起きません。
7時過ぎ多いですね。
早くて、6時半。
まあ、休みの日は9時過ぎ、10時過ぎまで布団の中でウダウダしていることもあります。

先日の木曜日。
気合を入れての5時起きです。
人間ドックの日です。
一番早い受付が7時半なので、なるべく早く行きたいのです。
これまでの経験から、時間が遅くなると、検査待ちの時間が長くなってしまいます。
次から次へとどんどん人が詰まってくるので、遅く行けば行く程、待つ可能性が大きくなります。
しかも検査項目はたくさんあります。
そのそれぞれで待っていると・・・・・
熊の助は、疲れちゃいます。
早めに行って、どんどん検査をこなしたいのです。

数年前の話。
もっと早く起きて、受付の40分以上前にクリニックに行ったことがありました。
1番の札を取って、カウンターが開くのを待って、受付して、検査を回りました。
それぞれの検査で待つことは、ほとんどありませんでした。
順調に、ストレスなく、気持ちよく人間ドックを終えられました。
ただ、よくよく考えてみると・・・・・
検査は待たなかったけど、受付までは大いに待っているのです。
「結局、待ってるじゃん!」
なんか、本末転倒な感じ。

その反省から・・・・・
今回は、15分前に到着するように計画しての、余裕を見ての5時起きです。
その余裕が裏目に出たのか、テレビをのんびり見ていて家を出るのが遅れてしまいました。
結局、受付到着は8分前。
何と、すでに20人近くが待っています。
少し出遅れてしまいました。
それでも、まあまあ、まずまず順調に検査をこなせました。
次は、「しっかり20分前に着くよう」頑張ろうと思います。
(1年に1回の人間ドックなので、来年まで覚えておけるかなぁ?)

さて、次回放送は、新企画の部活動「新居押しかけ部」です。
引っ越したばかりの方のお宅で、お祝いをして・・・・・
さらに、ナギスケとゲスト博多大吉さんが、新居でミッションをどれだけクリアできるのか?
注目して下さい。
このロケは、待ったりすることもなく、順調に進みました。楽しかった!

  • mixiチェック

「高い?安い?」

投稿日:2014年02月01日 01:20

値段が高いか安いかは、人によって感じ方が違います。
自分の持っているお金、大きく言うと資産にも関連しているとは思います。
が、食べ物になると、お金持ちかどうかより、それまでの経験によるところが大きいような気がします。
王族のように、前菜から始まってデザートで終わる食事を毎日している人は別格かも知れません。
ただ、大抵の人は・・・・・
この場所で、この店で、この料理だと、大体いくらかを、経験を通して考えていると思います。
そして、実際の値段との差をみて、高いか安いかを感じるんだと思っています。
違うかなぁ?

そんな「人によって違う、高い安いの感覚」を楽しもう!
というのが、次回の企画です。
タレントさんのやっている店で出している評判のメニューに、ナギスケだったらいくら出すのか?
―店自慢のやさしいカレー
―小ぶりだけどあの野菜と一緒に食べる餃子
―トッピングが一味違ううどん
自信のメニューで、自信の値段なのに・・・・・
タレントさん達は、困惑したり、大汗をかいたり、はたまた大喜びしたりと大変でした。

そもそも、どうやって値段を決めるのか?
原材料費を割ってしまっては商売になりません。
光熱費もあります、人件費もあります。
店の家賃も考えなくてはいけません。
だから、立地がどこなのかも影響があります。
銀座だからちょっと高いのは分かります。
しかし、1つの料理の値段に、そこまでは細かくは考えていないのも事実です。

―カレーだったら、だいたいこの値段
―ハンバーグは使っている肉によるけど、このくらい
―ステーキなら1000円超えるのは仕方ない
結局は、熊の助に限れば、こんな大雑把な経験で値段を考えていることがほとんどです。
根拠が浅いのです。
だから、値段について、とやかく言うことはできないのかもしれませんねぇ。
でも言いたくなるんです。
「これで1000円は高い」とか。

もしかしたら、料理の値段だけを言っているのではないのかも知れません。
サービスとか、店の雰囲気とかも含めて、気持ちよく食事ができればあんまり文句は出ないようです。
こう考えると・・・・・
いろんなお客さんがいて、お店をやるって大変ですねぇ。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫