2013年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「寂しくはない!」

投稿日:2013年02月23日 00:00

時々通っていたバーが、1月末で閉店していました。
数年前に、会社の近くで気軽に立ち寄れるバーを無くしてから、やっと見つけた店だったのに。
またまた、店じまいしてしまったのです。
しばらく足を運んでいなかったので、マスターに挨拶もできませんでした。
でも、熊の助の好きになる店ってなぜ無くなってしまうのでしょうか?

以前にも、この日記に書きましたが・・・・・
大人数で飲むのが苦手なのです。(もちろん、番組の忘年会や新年会は、喜んで出席します。)
右にも左にも、前にも斜めにも人がいると、誰と何を喋るのか困ってしまうのです。
あっちもこっちも八方美人にしていると、話が散漫になって集中できません。
じゃあ、隣の人だけと話していると、周りの人を気にして落ち着きません。
それだったら、最初から2人で“さし飲み”の方がいいのです。
まあ、多くて三、四人。
一番いいのは二人。
もしくは一人です。
一人でもなんの問題もありません。
黙々と酒を飲んで、長居せず帰るのが気楽でいいのです。

だから、熊の助にはバーが必要なのです。
それも、静かな店がいい。
基本、バーで大声で話している人は少ないのですが、店や客層によってうるさい場合もあります。
つまり、あまり混んでない所が好きなのです。
いつも、客が数人の店が理想です。
そんな店はなかなかありません。
だから、なかなか見つからないのです。
そして、やっと見つけると・・・・・しばらくして無くなってしまうのです。
特に、会社の近くだと家賃も高いでしょうから、やっていけなくなるんですよね。
仕方ないことです。

実は、もう一軒、家の近くにも行きつけのバーがあります。
そこだけは、無くなって欲しくありません。
いや、無くなったら困ります。
せいぜい、足しげく通わないとね。
実は、今回の日記も、そのバーで書きました。(下書きですけど・・・・・)

この日の客は、私一人。
一杯のバーボンのロックで粘っています。
マスターは気を遣って、温かく見守ってくれています。
こういう感じが続きますように。

こんな話をスタッフにしたら・・・・・
「大熊は寂しい!」
と思うようです。

さて、次回は、ちょっと寂しい独り身女芸人さんが料理の腕を競う新企画です。
ナギスケは、自分の体験も交えながら親身に恋愛相談にも乗ります。お見逃しなく。

  • mixiチェック

「横着な熊の話」

投稿日:2013年02月16日 00:00

熊の助日記は、放送される回の内容に合わせて、その1週間前に公開できるように書いています。
出来る限りですけどね。
ロケがギリギリだったり、ロケに合う話を思いつかない時は、適当なテーマになっちゃいます。
ただ、数週間遅れで放送している地域の方には、内容が早すぎて申し訳ないんですよね。
本当にすみません。
それでも、読んで下さっている方がいて、大いに励みになっています。

とにかく・・・・・
熊の助が書いているのは、放送の1週間以上前というわけです。
ロケの最中にあった、あんなことやこんなことを思い出して文字にしています。
あまり詳しく書きすぎると、ネタばらしになっちゃいます。
曖昧に書くと、読む人に伝わりません。
その塩梅に悩みながら書いているつもりです。

時に、困るのは・・・・・
熊の助が書きたいと思っていることが、放送されるのか分からないことです。
—ロケで起きた小さな出来事
—ロケが遭遇した些細なアクシデント
—熊の助の発したあの一言
放送されるのかは、ディレクターの編集が終わってみなければ分かりません。
—面白かったのに、時間の関係で、泣く泣くカットしている場合
—熊の助的には引っ掛かったけど、ディレクター的にはスルーする場合
—まだ、編集が終わっていない場合
など、いろいろです。
だから・・・・・
本来、日記にロケのことを書く時には、担当ディレクターに確認しなくてはいけないのです。

以前は確認をしてました。
ただ、最近、熊の助が横着をしているのです。
「たぶん、あのアクシデントは使うだろう」
と、勝手に判断して、安易に1週間以上前に書いてしまうことが時々あるんです。
だって、そんなに判断が違うことが、これまでそんなになかったんですもん。
最近の日記で・・・・・
読んでいて「?????」になってしまったところはありませんでしたか?
すみませんでした。熊の助が確認を怠たりました。
横着しないで、ちゃんとディレクターに連絡します!

さて、次回放送は「ハマカーンのしてあげたいこと」の後編です。
熊の助は、先週に続いてロケには参加していません。
ということで・・・・・今回の日記は、ロケとは直接関係のないテーマで書いてみました!

  • mixiチェック

「陰ながら、応援してました。」

投稿日:2013年02月09日 00:00

しばらくの間一緒に仕事をさせて頂いた芸人さん達って、その後の活躍が気になります。
頑張って売れてほしいなぁと思うんです。
—この番組にも出てるんだ、がんばれー!
—ひな壇でかなり映ってて、いいねー!
—あんまり目立ってないけど、大丈夫かなぁー?
こんな感じで、力には全くなれないんですが、心の中で応援しています。

以前もこの日記に書きましたが・・・・・
熊の助は、数年前、コント番組の司会をさせてもらっていました。
テレビ朝日制作ながら、東京MXTVやCSで放送していた「キャラ☆キング」という番組です。
芸人さん達が、コンビやトリオにこだわらず、いろんなキャラクターに扮して笑いを届けていました。
大好きな番組だったのですが、残念ながら1年足らずで終わってしまいました。
その最中・・・・・
「キャラ☆キング」に出ていたオードリーさんが、M−1クランプリで敗者復活から準優勝。
そして、その後の大ブレーク。
「ぷっ」すまにも、頻繁にゲストに来てくださるようになりました。
初めからのファンでもないし、大親友でもないのに・・・・・
「苦労が報われてよかった!」って思っちゃいました。
具体的に心の中を説明できないんですけど・・・・・なんか嬉しくなっちゃうのです。

M−1はなくなってしまいましたが、代わりに?“THE MANZAI”が始まりました。
去年12月の大会には、「キャラ☆キング」に出ていた芸人さんが何組か残っていました。
テレビを見て大笑いしながらも、心の中でしっかり応援をしていたのです。
そこで・・・・・
ハマカーン優勝!!!
よかったです。
「大舞台で力としっかり発揮して、その実力が認められた!」と大喜びしました。

ハマカーンは「キャラ☆キング」でもご一緒していました。
その後、「ぷっ」すまに何度か来てくださいました。
とはいっても、ほんのちょっと一緒に仕事しただけなんですが・・・・・
それでも、嬉しいのです。
なぜだか、そんな気持ちになっちゃうんです。

そんなハマカーンが、「ナギスケにしてあげたいこと」を引っさげて、メインゲストで次回登場です。
学生時代から下積み時代の話など、コンビのこれまでを、ナギスケをもてなしながら紹介してくれます。
熊の助はオープニングだけの仕事でした。
それでも、ハマカーンに直接会って、「優勝おめでとうございました」って言えてよかったです。
どんなロケになったのかは、放送を楽しみにしてます。

  • mixiチェック

「“温泉たまご”ってどうよ?」

投稿日:2013年02月02日 00:00

「ぷっ」すまに新しい部活動ができました。
その名も“温泉たまご部”です。
温泉たまごを美味しく食べる為に工夫をする部です。
激辛部と違って、挑戦するとか、打ち勝つとか、そういう激しさはありません。

そもそも・・・・・
温泉たまごをどうやって作るか知ってますか?
黄身と白身の固まる温度の違いを利用して作ることは分かっていたのですが、じゃあ何度なの?
改めて調べてみました。
白身は約80度で固まり、黄身は約70度で固まる性質があります。
ということで、65度から70度に保ったお湯に30分ほど浸けておくとできるんだそうです。
そうすると、黄身は固まりますが、白身は固まり切らないあの独特のたまごになります。
ただ、常にお湯の温度をキープしておかないとダメなので、意外と手間がかかります。
じゃあ、なぜ温泉なのか?
そのぐらいの温度の温泉に浸けておいたらできたので、温泉たまごっていうことみたいです。
もっと高い温度の温泉に浸けた場合は、温泉たまごって言わない?
例えば、箱根の大涌谷では80度の温泉に浸けて作っているそうです。
色は黒くなりますが、全部固まってますから、分類で言うと、ただのゆで卵?
いや、いや、“温泉で作ったゆで卵”っていうのが正解になるのかも知れませんね。
まあ、そんな細かいことは置いておいて・・・・・

最近は便利になりました。
自分で作らなくても、スーパーやコンビニで温泉たまごが売ってるんですもん。
ただ、熊の助は、買ったことがありません。
ご飯にかけるなら生卵でいいし、サラダやサンドイッチに使うならゆで卵でいいですから。
それでも、温泉たまごは温泉たまごなりの美味しさがあります。
温泉宿の朝食などで、出汁をかけた状態で出てきます。
スプーンですくうと、黄身のトロットした感じがたまりません。濃厚な味わいがあります。
白身も、生のツルッとした状態ではなく、ちょっとだけ固まったフワフワな感じがいいのです。
滅多に食べない分だけ、その美味しさが際立ちます。
ちょっと贅沢な気持ちになります。

そんな温泉たまごを、さらに美味しくする食べ方はあるんでしょうか?
出汁をかける以外に、合わせて美味しい食材はあるんでしょうか?
たまご大好き部長の加賀美セイラさんを筆頭に、ナギスケ、そして麒麟・川島さんが探っていきます。
この企画やってみて・・・・・
まさに温泉たまごのように、なんかフワッとした感じでした。
草彅さんの必至の猛アピールは必見です。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫