2012年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「アイドルグループ花盛り」

投稿日:2012年08月25日 00:00

女性グループのアイドルが花盛りですねぇ。
熊の助は、モーニング娘。の頃から、全然ついて行けてなかったのです。
その後も、どんな系統の、どんなグループがいるのか、ほとんど分かってはいませんでした。
グループ名は聞いたことがあっても、何人組で、どんなメンバーがいるのか全く知りませんでした。
一部の熱狂的なファンが盛り上がってるだけだと思って、興味が全くそちらに向かなかったのです。
でも、脈々とアイドルは出続けていたんですよね。

失礼な言い方ですが・・・・・
そもそもAKB48がこんなに盛り上がるなんてねぇ。
かなり早い段階から、熊の助の近くには、AKBを好きな人間はいたのです。
ただ、
—話を聞いても・・・・・???
—握手会に行っただの、撮影会に並んだのと喜んでいても・・・・・???
なんで、そんなに騒いでいるのか不思議でした。
とにかく、たくさんい過ぎて、顔と名前が全く一致しなかったのです。
ところが・・・・・
しばらくすると、そんなことを言っていられなくなってきました。
主要メンバーは知っていないと話にならない状態に。

さらには、「ぷっ」すまのゲストにも来てくれるようになりました。
来ると、みんな一生懸命。
そんな頑張る姿も印象的でした。
そんなところから・・・・・
「アイドルグループ侮れじ」。テレビや新聞も注意して見るようになりました。
それでも、全てに、ついていけているわけではありません。
そんなAKB以外もゲストで来てくれたりしますが、グループの1人だけだったりするもんですから。

でも、次回の「激辛部」には、た〜くさん来ました。
Berryz工房と乃木坂46から、5人ずつも来てくれたのです。
にぎやかでしたよ。
何となくしか分かっていなかった熊の助は、このロケでかなり覚えました。
話を聞いたりすることで、個性もわかり、顔と名前が一致していくのです。
そうやって、熊の助でも親近感がわいてくると、もっと、もっと人気者になっていくんですよねぇ。
グループアイドルの“仕組み”が、少しだけ分かったような気もしました。

ほんとみんな頑張り屋さんなんです。
激辛部の新入部員オーディションということで集まってもらいました。
グループ対抗戦で、チームごとに、辛〜い鍋を完食しなくてはいけません。
辛いのが得意なメンバーに任せっきりにするのか?苦手でも頑張るのか?
メンバーの励まし、そして相手ライバルグループへの対抗心が交錯します。
そして、いつの間にか感動?が生まれるんです。
“WE ARE THE WORLD”なんです。お見逃しなく。

  • mixiチェック

「8月の気持ちいいコト」

投稿日:2012年08月18日 00:00

まだまだ暑い日が続きますねぇ。
なんか・・・・・年々、暑さに弱くなっている気がするんです。
年のせいなんでしょうか?
出勤するだけで疲れちゃう感じです。
基本的に、ずーっとバテてます。

たぶん、夜の眠りが浅いからだと思うんです。
昔は、暑くても汗をかきながらも深く寝ていたはずなんです。
だって、十数年前に引っ越すまでは、エアコンのない部屋に住んでいたのですから。
20歳代、いや、30歳代前半までは、扇風機だけで過ごしていました。
6階だったので、窓を全開にできたことで救われていたのかもしれませんね。

引っ越して、エアコン付きの部屋になりました。
それでも、最初のうちはなるべく冷房を使わないように生活してました。
それが・・・・・
徐々に、冷房のありがたさを実感し、その気持ちよさが恋しいものになっていきました。
特に、寝る時に使うとスーッと眠れて、だんだん、無くてはならない必需品になってしまったのです。
お休みタイマーの時間も、1時間だったのが、いつの間にか3時間になってます。

2、3年前から・・・・・
その3時間のタイマーが切れると、目が覚めるようになってしまったのです。
そうなると、もう暑くて暑くて眠れない体になってしまったのです。
仕方ないので、タイマーを1時間延長しています。
しかも、ベッドを抜け出して、冷房の風がしっかり当たるところに移動するのです。
タオルケットを持ってフラフラとリビングのじゅうたんに寝そべります。
その時、首振りで微風状態の扇風機の移動も忘れません。
まるで、夢遊病者のように、一連の作業を行っています。

体が冷えてくれると、また眠りにつけます。
そこからは、朝までなんとか眠っていられるようです。
ただ、これを毎日繰り返すことにより・・・・・
バテるのが早い気がします。
特に、今年はロンドンオリンピックがありました。
時差の関係で、夜更かしする日も多く、常に眠たい状態が続いているのです。

そこで・・・・・
先日、整体を受けに行きました。
1時間ほどの施術なのですが、その半分を全く覚えていないのです。
うつ伏せで寝た数秒後、あっという間に眠ってしまいました。
その気持ちいいコト。
「大熊さん、こっちの肩を上にして下さい」って先生に言われるまでグッスリ。
冷房の効いた部屋で整体を受けるのが、熊の助にとって、この時期の最高のイベントになってます。

そんな気持ちいいコトを草彅さんにも味わって欲しいということで・・・・・
次回は、100キロマラソンを走った草彅さんを労うための企画「美人マッサージ師ツアー」です。
果たして、気持ちよくなってくれたんでしょうか?
そして、熊の助は登場するの?

  • mixiチェック

「301」

投稿日:2012年08月11日 00:00

「お好み円買芸」はいかがでしたか?
次回も、判定人ゲストに西山茉希さんを迎えて、同じ企画です。
大いに笑ってくださいませ。

前回の日記で、新企画をアピールするあまり・・・・・
大切なこと?を忘れていました。
なんと、この熊の助日記が300回を迎えていたのです。
今回が301回目の連載です。
始めてから、1週も休まずに続けてきました。
以前にも書きましたけど・・・・・
不精な自分が、よくもこんなに続けられたなぁと思います。

時に、何を書いていいのか、ネタを思いつかないことがありました。
また、つまらないこと書いてるなぁという思いが強くなることもありました。
時に、こんな文章を読んでくれる人はいるんだろうかと思うことがありました。
また、もし読んで頂いても、面白いって思ってもらえてるのか心配になることもありました。

それでも、せっかく始めたんだから、何かの“きっかけ”までは続けないとなぁとは思っていました。
実は、去年の9月に、少し“きっかけ”を考えたのです。
放送時間が遅く短くなることが決まり、漠然と「そろそろ終わっても・・・・・」って思ったのです。
—以前に書いたようなことを、数年後に、また書いてる
—締切に追われる感じで、苦し紛れの原稿になってる
そんなことを思いながら、読み返してみると・・・・・
—そうそう、この時こんなことがあった
—そうだ、あの時こんなことを考えていたんだ
って、改めて分かったのです。
この「熊の助日記」は、まさに自分の日記でもあるんだと気づかされました。
「自分の日記だったら絶対続かないけど、ある意味、仕事だから続いたんだよね」
しかも、そんな時に、この日記をユースケさんが目にしてくれたり、ナギスケの会話に出てきたり。

「続けよう!」
気持ちが変わりました。
書かなくちゃいけないという義務感のような重荷が、少し軽くなったのです。
「あとで自分自身振り返るためにも書いてるんだよね」と思うようになりました。

それでも、どんなテーマにしようか?ってずーっと考えていることはあります。
頭の隅にずーっと「次の日記は何を書こう」ってなってます。
でも、そんなことが苦にならなくなってきました。
だから・・・・・
今回の日記も、読む方には、少々つまらない話ですよね。
申し訳ないのですが・・・・・
こんな感じで、これからも番組に熊の助が出ている限り、続けて行こうと思います。

  • mixiチェック

「見た感想を聞かせて」

投稿日:2012年08月04日 00:00

楽しい新企画が始まります。

(自画自賛!です)

その名は「芸人カードバトル・お好み円買芸」。

収録は、たくさんの大笑い、かなりの中笑い、時々小笑いで進みました。

次回から放送です。お楽しみに。

前日の打ち合わせの段階から、「面白いぞ!」って思いました。

ディレクターの話を聞きながら、「自分でゲームするならどうだろう」と考えました。

そうなると・・・・・

「台本に書いてあるルールより、もう少しこうした方が面白いんじゃない?」

「こういう所はナギスケに任せた方がいいかも」

「大熊の説明はこう言った方が分かり易いかも」

話が弾みます。

こういう時って、だいたいロケが楽しくなります。

どこか熊の助の意見も反映されている感じもあり、余計に楽しく感じるのかもしれません。

(決して、普段が楽しくないわけではありませんからね)

リハーサルも順調に進み、実際、ロケが始まりました。

新企画ですから、初めは、どうしても手さぐり状態な部分はあります。

しかし・・・・・

ルールをしっかり理解できて、駆け引きも分かってくると、いい流れになってきます。

ナギスケも、この企画を楽しんでいるのが伝わってきます。

こうなれはOKです。

「楽しいよ!」

「この企画は続くね!」

といったコメントまで飛び出しました。

簡単にルールを説明しておきます。

草彅さんとユースケさんのカードバトルです。

カードに書かれているのは、芸人さんの宴会芸。

長く見ると苦しいけど、一瞬だったら絶対笑えるっていう芸です。

ナギスケは、相手の出方を考え、勝てるカードを出して勝負します。

カードが出されると、芸人さんが宴会芸を披露。

それを見て、ゲストの判定人が“面白かったレベル”を金額で決めていきます。

その金額の高い方の勝利という単純なゲームです。

ただ、時に弱そうなカードがあったり、意味の分からないカードがあったり。

ナギスケはそんなカードをどこで使うのか?

そこが、また、勝負のカギになります。

ナギスケ2人の駆け引きと、芸人さんの宴会芸。見どころは盛りだくさんです。

やっている側は非常に面白かったのに、テレビを見た人は?????

というのも、よくあることです。

皆さんの評価を聞きたいです。忌憚のない意見をお願いします。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫