2012年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「“激辛”についての考察」

投稿日:2012年03月31日 00:00

“辛い”って一言で言っても、いろんな種類があります。
広辞苑には「辛い=激しく舌を刺激するような味」と最初に出てきます。
舌を刺激する一番は、トウガラシかな。
ワサビは舌ではなく鼻に抜けツーンとくる刺激。和がらしも違ったツーンが来ます。
山椒は舌が痺れる感じだし、コショウは口の中がヒリヒリします。
様々な香辛料が、複雑な攻撃を仕掛けてきます。
そんな攻撃に挑んでいる「ぷっすま激辛部」ですが、次回はその後半戦です。

ゲスト部員が変わって、スイス生まれの春香クリスティーンさんが初登場します。
なんと、クリスティーンさんは、激辛をほとんど体験したことがないのに、入部しました。
いや、入部させられた?
大丈夫?

スイスには、辛い料理というモノが存在しないというのです。
お話を聞いて、改めて気が付きました。
チーズフォンデュとかに激辛はありません。
少し範囲を広げて・・・・・
フランス料理にも辛いのはないですよね。
ドイツのジャガイモや肉の煮込みも、激辛は知らない。あっ!ソーセージ!あの辛いやつ!
そうチョリソ。
でも、調べる見ると、チョリソは、元々スペインのソーセージなんだそうです。
イタリアに行くと、ペペロンチーノなどトウガラシを使った料理が思い浮かびます。
結果・・・・・
ヨーロッパでも南の方に行くと少し辛い料理があるんだ、ということが分かりました。
食文化って面白いですね。
じゃあ、なぜそうなのか?まで考察できればもっと勉強になるんですけど。
熊の助は、ここまでで終わりです。

色んな刺激の辛さがあるのに、激辛の多くはトウガラシがメインです。
なぜか?
—量を増やせば、その分、辛さの度合いが増しやすいということ
—品種によって、ハバネロとかブートジョロキアとか、半端ないモノがあること
などが挙げられます。
ワサビや和がらしもツーンとしてキツイんですが、辛さの度合いという意味では変えにくいんです。
これも、この企画に参加して分かったことです。

やっぱり、辛いのは“激”じゃなくて“ほどほど”がいい。
舌に対して大攻撃してくるんじゃなくて、食欲を軽く刺激してくれるくらいが嬉しい。
日本には、柚子コショウとか“かんずり”といった素敵な辛味調味料もあります。
辛味のカドを知恵と工夫で上手にとって、うま味を充実させたモノです。
次回の「激辛部」は、そういった日本の素晴らしい辛味を探るなんていう路線で行きませんか?
それじゃあ・・・・・美味しいモノを食べるだけのロケになっちゃうか。

  • mixiチェック

「“辛い”話をしなくちゃいけないのに」

投稿日:2012年03月24日 00:00

1か月以上前の話。
2月18日の土曜日、早朝のニュースが終わったあと、女性ADさん達が近づいてきました。
「大熊さん!14日にお会いできなかったので・・・・・」
と、包みを渡されました。
そうです、バレンタインデーのチョコレートです。
「あれまぁ!気を遣わなくてもいいのに・・・・・喜んで頂きます」
「今、開けてみて下さい」

中から出てきたのは、熊の形のチョコ。
本当にありがとう。

お酒が大好きなんですが、熊の助は、甘いモノも大好きです。(だから太るんですけどね)
ただ、自分ではチョコなど買わないので、こういう頂き物は嬉しいのです。
家にいて、急に、食べたくなることがあるんです。
だから、ストックとしてあると重宝します。
でも、この形・・・・・
食べるのがもったいない気持ちになります。

以前、頂いたチョコをずーっと置いておいたら、変色してパサパサになっていたことがあります。
チョコって何年経っても食べられそうな気がしますが、美味しいのは作り立てだそうですよ。
冷蔵庫に入れっぱなしにするのもよくないそうです。チョコって風邪をひくんですって。
だから、この熊のチョコは、勇気を振り絞って、いいタイミングで食べないとね。
やっぱり、足の方からかな?

本当は、今回の日記、甘いモノの話じゃなくて、辛いモノの話を書かなくっちゃダメなのです。
次回の企画は「ぷっすま激辛部」。
あの道端アンジェリカさんを部長に、ナギスケと初登場の芹那さんが部員になって激辛に挑みます。
果たして「ぷっすま激辛部」は、世界の激辛を食べ尽くすことができるのか?
まずは、韓国とタイに挑みます。
見ているだけで、頭から汗が吹き出しそうになるかも、です。

さて、1か月後のホワイトデー。
14日はニュースを担当しなかったので、その週末にお返しをしました。
これがまた、何を返していいのやら?
ADさん達、複数なので、モノで返すのは難しい・・・・・
ケーキやワッフルなど日持ちしないお菓子は、その日にいない人がいるかも・・・・・
おせんべはイメージ違うかな・・・・・
滅多にチョコを貰わないんで、かなり考えちゃいました。

  • mixiチェック

「冴えていたけど・・・・・」

投稿日:2012年03月17日 00:00

久しぶりに、「ぷっ」すまスタッフと食事に行きました。
ずーっと誘っていたのですが、みんな忙しくて、なかなか実現しませんでした。
やっと!です。

3月某日。その日のロケは、夜の早い時間に終わりました。
外ロケだったので、会社には戻らず、そのまま最終ロケ地の周辺で食べることになりました。
たまたま、商店街もある繁華街だったので・・・・・
男4人「何かあるだろう?」とウロウロすることに。
もちろんチェーンの居酒屋はたくさんありますが、それでは芸がないような。
会社帰りにサラリーマンがいっぱいの焼き鳥屋?
女性がたくさんのイタリアン?
なかなか店が決まらず、どんどん歩きました。

表通りには気になる店がなく、路地に入ろうとしたその時・・・・・ここ?
と、2歩ほど戻りました。
小さな和食屋が、我々を呼んでいる気がしたのです。
表には“今日の魚”的なメニューが出ているだけ。
「入ってみる?」

5人ぐらいのカウンターに、4人掛けテーブルが2つの小さな店。他のお客さんはいません。
騒がしくないのも嬉しくて・・・・・ここに決めて、腰を下ろしました。
「とりあえず生ビール!」

“お通し”は、ワカサギの唐揚げ、フキノトウの天ぷら、そしてエシャロット。
季節感もばっちり。しかも、とっても旨〜い!
カキフライ、鶏唐揚げ、アジ塩焼き、真ホッケ開き、ホタルイカのしゃぶしゃぶ、なす豚肉炒めetc
全てが大満足の美味しさなのです。
大当たりでした。
この日は、店選びの勘が冴えてました。

会話も弾んで、お酒も進む。
基本和食なので、熊の助は、早い段階から日本酒に移行。
クイックイッ行っちゃいました。

その結果、次の日が大変なことに。
かなり重い二日酔いです。
日本酒を甘く見ちゃいけませんでした。
過去、何度も経験して分かっているはずなのに・・・・・
美味しくて、楽しくて、ブレーキが利かなかったのです。
まあ、時にはこんなことがあってもいいですよね。
あくまで“時には”ですけど・・・・・

さて、次回放送は「グルメ王クション」の後編です。
こちらも、美味しいモノがたくさん登場します。
お見逃しなく!

  • mixiチェック

「暖かい日に」

投稿日:2012年03月10日 00:00

東京に積もった雪ですが・・・・・(前回の日記の続き?)
夜には、ほとんどなくなりました。
雪は夕方前に止んで、気温が高かった為か、水分を多く含んでいた為か、すぐに融けてしまいました。
それから1週ちょっとの間に、何日か暖かい日がありました。

熊の助が会社帰りにウォーキングしていることは、以前、この日記で書きました。
家に帰ってからだと億劫になってしまうので、2、3駅ぐらい前で降りて歩いているのです。
手前の駅といってもいくつかあります。東京って、JR、私鉄、地下鉄とたくさんの駅がありますから。
しかも、駅から自宅までの経路もそれぞれ2、3通りあるので、選択肢は10近くになります。
どのルートも、1時間程度で家に帰り着くように考えています。

さて、その日は、駅を出ると、いつもより時間が早い。しかも、暖かいし・・・・・
急に、行ったこともない「こっちの道から帰ってみよう」と思い立ちました。
これまでのルートのほとんどは、駅と自宅とを結んだ直線に、なるべく添うように進みます。
大通りを歩いたと思うと、裏道に入ったり、ジグザグだけど直線からは大きく外れないルートです。
しかし、その日考えたルートは、どう考えても1時間以上になる、ちょっと大変なものです。
駅と自宅を結ぶ線を対角線と考えて四角形を作り、その外側の2辺をぐるりと回るコース。
(説明がわかりにくいですか?)
夕方の早い時間と、気持ちのいい陽気が、熊の助を大胆にさせたようです。

「さっき神社があったばかりなのに、ここにもある」とか、初めての景色は小さな驚きもあります。
途中、神社や社を5つ以上も確認しました。
緑も多いし、気持ちいい。
人通りは少なめで、野良猫が多い。
ちょっと遠回りですが、熊の助のウォーキングコースに、この日、新しいルートが加わりました。

新しいと言えば・・・・・
「グルメ王クション」が、次回放送で、新しくなって帰ってきます。
芸人さんのプレゼンする店のお薦め料理を、なんと、食べられることになったのです。
もちろん、食べられるのはオークションで勝った人だけ。
それだけに、真剣に入札額を考えるナギスケとゲスト夏菜さんの駆け引きに注目です。
さらに、芸人さん達の紹介する料理が、本当にどれも美味しそう。
見てると涎出ちゃうかも?です。
新しいことって、なんか前に進んでいる感じがして、嬉しくなりますね。

暖かい春は、別れもありますが、新しい出会いがあって、新しいコトが始まる季節です。
テレビ局も改編期で、番組が終わったり、変わったり、新しく始まったりします。
そんな関係で、「ぷっ」すまディレクター陣の中にも、他の担当番組が忙しくなる人がいて・・・・・
ディレクターが一人増えるそうです。
(秋に一度さよならしていた出戻り君ですけどね)
彼が、春とともに、新しい風を吹き込んでくれるかな?

  • mixiチェック

「東京の雪」

投稿日:2012年03月03日 00:00

休みの朝、少し遅めに起きると、外が大変なことになっていました。

「あれ?雪降るって言ってたっけ?」

前日は、朝から夜までずーっとスタジオにこもっての収録だったのです。
しかも、そのあと、軽く飲みに行ってしまいました。
夜遅くに帰って、テレビも見ずに布団に入ったので、天気の情報が全く入っていなかったのです。
だから・・・・・起きてビックリです。
「せっかくの休みなのに、こりゃ大変だ!!」
テレビをつけると、各局、画面の上や下で交通情報を流しています。
電車は、遅れが出ているだけで、止まったりはしていないのでひと安心。
でも、こんなに雪が積もっていたら、歩くのにもひと苦労です。

休みの日にまとめて用事を済ませているので、「早めに行動しなくては」です。
病院のあと、整体に行って、買い物して・・・・・etc
皮膚科には、この日記で以前書いた、指のウィルス性イボの治療が続いてるので、週1回通っています。
整体も、週1で行くと腰の調子がいいので、しっかり、病院のあとの時間で予約しています。

予約時間は決まっているので、それを基準に、いつもより早めに家を出ました。
足元に注意しがら、雪のない車のわだちを選んで歩き、坂を下り、階段を上って、病院に到着。
「あれ?」
いつもは混んでいる待合室がガラガラ。
雪で、患者さんが来ないようなのです。
いつもの30分待ちで計算していたのが、大きく崩れました。
すぐに液体窒素での治療を済ませ、次は整体です。
でも、予約時間までは1時間近くあります。
早めに家を出たのと、病院がすぐに終わってしまったのとで、時間が大いに余ってしまいました。

仕方ないので、途中でお茶することにしました。
あったかい紅茶を受け取り、「タバコはどこで吸えますか?」と聞くと「外のテラスです!」
雪が降っていて寒いけど、時間はたっぷりあるしなぁ。
仕方なしに、風が吹き込むところで、時間を潰しました。
(タバコを止めればいいんですけどねぇ、意志が弱いんです)

とにかく、靴は汚れるし、ズボンの裾はビショビショになるし、転びそうになるし・・・・・
さらに、時間も読めないし。
いろんな意味でこの日は“雪”に翻弄されました。
東京は雪に弱い?いや、熊の助が雪に非常に弱いのです。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0285_2_1
  • 0_0279_3_1
  • 0_0276_2_1
  • 0_0270_3_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫