2012年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「寒いのは自分のせい」

投稿日:2012年02月25日 00:00

屋外でのロケには、まだまだ寒い日が続いています。
今年は雪も多いですし、例年に比べて寒い気がします。
なので・・・・・
なるべく室内がいいなぁと思ってしまいます。
私は“熊”なので、寒さに弱いのです。(冬眠しなくちゃいけませんから)

以前は早朝から深夜までかかっていた「ぷっ」すまのロケですが、最近は、時間が短くなっています。
だから、とんでもなく早い時間に家を出ることはなくなりました。
リハーサルなどがあると、まだ暗いうちに起きなくてはいけませんでしたから。
それを考えると、随分、楽になりました。
でも、逆に、ちょっぴり寂しい感じもします。
ただ、やっぱり、寒い朝は、遅いのは嬉しい!

次回は、オードリーの「彅スケにしてあげたい10のコト」です。
オードリーの2人が、彅スケを思い出の場所に連れて行って、色んなコトをやっちゃおうって企画です。
スタートの前ふり場所は、杉並区にある神社。
時刻は午前10時過ぎ。
寒波の影響で、それまでもずーっと寒かったのですが・・・・・
その日は、なんと曇り空から、予報よりかなり早く小雨が落ちてきました。
しかも、前フリだけ出演の熊の助は、駅から近いということで、少々薄着で行ってしまったのです。
Tシャツにスタジャンを羽織っただけという格好。
「上までボタン留めれば、短時間なので何とかなるか」って思っちゃったんです。

トンでもないことになりました。
寒いんです。
とっても寒いんです。
甘い考えの自分を大いに反省しました。

考えみると・・・・・
熊の助は、真冬用の衣装をほとんど持っていないのです。
テレビの収録って、ほとんどスタジオや室内なので、購入するのはそれに合わせた服です。
なかなか、極寒用の衣装まで考えが及びません。
年に1回必要かどうかですし、資金もなかなかそちらには回らないのが実情です。
ただ、今回の経験で、使い勝手のいい、分厚いのを1着買っておこうかなと思いました。

まあ、熊の助は、前ふりだけで失礼しましたので、何とか大丈夫でしたが・・・・・
大変だったのは、春日さんです。
だって、上は、半袖シャツにピンクのベストだけなんですよ。
前ふりの段階で、すでに震えてました。
あのあと、大丈夫だったのかなぁ?
熊の助も放送で確認しようと思います。

  • mixiチェック

「正座」

投稿日:2012年02月18日 00:00

小さい頃は、正座が得意でした。
というか、正座が好きでした。
長いこと座っていても、足がしびれた記憶はほとんどありません。
祖父が茶道の師範だったこともあり・・・・・
ちゃんと座って作法通り茶を飲むと、褒められたりして、正座は良いコトだと思ったのかも知れません。

逆に、あぐらをかくのは、ずーっと苦手です。
たぶん、股関節が硬いんですよね。
あぐらをかくと、安定しません。後ろに倒れそうになります。
そんな要因もあって、熊の助は、畳や床に座る時は正座が普通になりました。

ただ、最近は、正座も苦手になってきました。
大学生から会社に入って数年は1Kに住んでいたものですから、床生活をせざるを得ませんでした。
そこから十数年前に引っ越しをして・・・・・
少し広くなったので、ソファやダイニングテーブルを置けるようになりました。
畳の部屋もないものですから、完全に椅子生活になってしまったのです。
すると、徐々に、正座も苦しくなってきました。
腰が悪くなったコトも関係しているのかもしれません。
いや、足の上にかかる体重が増えたコトが一番の原因ですね。

飲みに行っても、座敷は避けます。
畳や床に座布団を敷いて座ると、足の痛さが気になって、だんだん美味しく酒を飲めなくなるのです。
飲み会が座敷だって聞くと、「掘りごたつ式になってる?」って聞いちゃいます。
あれほど、昔は、正座が苦にならなかったのになあ。

実は、次回放送の「ココ①調べまSHOW〜ガールズ居酒屋編〜」で足がしびれてしまったのです。
その店は、ちゃんと掘りごたつ式に座れるようになっていました。
ただ、机の横に座らないといけない熊の助には、足を入れる場所がなかったのです。
従って、床の上に座布団を敷いて、正座することになりました。
足を組み替えたり、時に膝立ちをしたり、何とかごまかしていたんですが・・・・・
その店での収録が終わって立ち上がろうとすると、あれ!?
両足とも、ジーンとしてビリビリ来ちゃいました。
そんなに長い時間じゃなかったんですが、残念な結果になってしまいました。
ロケは、麒麟・川島さんとJOYさんをゲストに迎え、大いに盛り上がりました。
ナギスケと一緒に、打ち上げのようなノリではしゃいでいますので、お見逃しなく。

“正座のせいで足が短くなったのかも”って思うことがあります。
足のきれいな女性モデルの方が、どこかで話してました。「お母さんが正座をさせなかった」って。

  • mixiチェック

「凄い?能力」

投稿日:2012年02月11日 00:00

2年ほど前から、ニュースを読んでいて、自分の変な能力に気づきました。
能力っていうほどのもんじゃないのですが・・・・・
ニュースの本番中、異様に“聴力”がアップするのです。
普段は気にならない音が、しっかり耳に入ってきてしまうのです。

熊の助がニュースを読むのは、ガラス一枚で囲われた報道スタジオがほとんどです。
周りでは、記者の人たちなどが作業しています。(画面でも後ろに人影が映りますよね)
その机には、電話もあります。
また、スタジオの横には、編集作業をする上の階に通じる階段があります。
その階段を使って、仕上がった編集テープが運ばれたりします。
さらに、通信社の速報を伝えるスピーカーからは、本番に関係なく情報が発信されます。
地震が起こったことを知らせるスピーカーもあります。
報道フロアは、いろんな音があふれているのです。
ただ、本番前は、それほど気になりません。

それが、スタジオの席についてニュースを読む段階になると・・・・・
ガラスで仕切られ聞こえにくくなっているに、小さい音までしっかり聞こえてしまうのです。
—電話が鳴ってる
—何か速報を伝えている
—階段を誰かが下りている
もちろん、マイクの性能で、こういった音が放送に乗ることはほとんどありません。
でも、熊の助にはしっかり聞こえているのです。
声を出してニュースを伝えている時でさえ、耳は反応しています。
具体的な内容までは分かりませんが、何かが起きていることは聞こえるのです。

これは・・・・・
周りの変化を早く察知しないと、大変なことになるという経験から、集中力がアップしてるからかも?
大事になるのを防ごうとする防衛力なのかもしれません。
例えば、間違えて原稿を読んでしまったら、素早く訂正しなくてはいけません。
だから、隣に座っているディレクターの動きに、耳をそばだてます。
さらに、滅多にはないのですが・・・・・
ニュースが突然飛び込んで来たり、原稿が間に合わなかったり、地震が起こったりもするんです。
こんな状況になった時に、できるだけうまく処理したいという思いから、周囲の動く音で判断します。
それを繰り返すことで、本番中での“聴力”がアップしていったのかなとも思います。
ただ、逆に、それが雑音になってしまって集中できなくなることもあって、困ってもいるんです。
本当に、変な能力です。

さて、次回は「ギリギリマスター」の後編です。
あの具志堅用高さんが登場します。
かつての素晴らしい能力を披露してくださいました。(こちらの能力は本物ですから・・・・・)
ボクシングの世界チャンピオンを13回防衛した記録は、いまだに日本記録なんですよ。知ってました。
若い時に頂点を極めた能力って・・・・・歳を重ねても無くならないんですね。
凄いです。
お楽しみに。

  • mixiチェック

「髪型」

投稿日:2012年02月04日 00:00

イメージチェンジを図るのに、髪型を変えるのは非常に効果的ですよね。
しばらく会っていない人が・・・・・
—ロン毛にしていたり、
—丸坊主になっていたり、
—完全なモヒカン刈りにしていたり、
—金髪に染めていたり、
—はたまた、アフロにしていたりすると、
誰だかわからないことがあります。

ロン毛にするのは時間がかかりますが、その他の髪型にするのにはそれほど時間はかかりません。
急に、やりたくなるんですかねぇ。
「何となく」では、特徴的な髪型にしないように思います。
気持ちの中で「何か」がないと、決心がつかないと思うんです。
新しいことを始めたいとか、性格を変えたいとか、目立ちたいとか・・・・・理由があるはずです。

昔は、熊の助も「何か」があって、髪型をガラッと変えてみたいと思ったこともありました。
ただ、いろんな髪型にできる人って、たぶん素直な髪質だと思うんです。
熊の助は、生まれてからこのかた、ずーっとくせっ毛なので、なりたい髪型にならないのです。
左横の髪は、生え方の関係で必ず後ろに流しめにして、
前髪は中央左寄りで分けないと癖が強く出てしまい、
伸ばし過ぎると変な方向にカールし、
短かくてもクルクルしちゃいます。
従って・・・・・
なってしまう髪型が決まってくるのです。

さらさらのストレートヘアになってみたいと憧れたこともありました。
ストレートパーマってやつをかけたこともありましたが、すぐに元通り。
結局、くせっ毛と上手に付き合っていくしかないことが分かりました。
しかも・・・・・
最近は前髪が薄めになってきていますので、バリエーションの付けようもないのが実情です。

さて、次回放送は、久しぶりの「ギリギリマスター」です。
映画「アフロ田中」に出演の、松田翔太さんと佐々木希さんがゲストに来て下さいました。
ナギスケと4人で大はしゃぎです。
しかも、なぜか、ほとんどのチャレンジが、“アフロ”と関係しているので、見逃さないで下さいね。

ロケで“アフロ”ばかりだったので、髪型が気になって、今回はこんなテーマで書きました。
そうか!
丸坊主なら、くせっ毛もそんなに関係ないし、薄くなっているのも大丈夫かも?
ただ、一応、アナウンサーだからなぁ。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫