2011年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「“通り”にはいかない」

投稿日:2011年06月28日 00:00

リハーサル通りに行かないことも多い「ぷっ」すまですが・・・・・
次回、大変なコトが起こります。

これは、誰が悪いということではなく・・・・・不確定な要素が多かったためです。
一番は、ゴムの耐久性が、個体によって少しずつ違うこと。
つまり、破裂する大きさが、使うゴムボールによって違うということです。
さらに、空気を入れていくタイミングや、その日の気温なども影響するみたいなのです。

これまでも、風船や浮き輪などで何度も経験しています。
とんでもないタイミングで割れてしまうことがたびたびありました。
—空気を入れる人が交代している最中だったり
—入れようと思った瞬間だったり
—草彅さんがいたずらして、吹き矢の跳ね返りで割れてしまったり
はたまた、オードリー春日さんの時は・・・・・
ベストの中に収まり切らず、飛び出してしまった結果、とんでもない大きさまで膨らんで、大爆破。
ギリギリの“空気入れ”系のチャレンジは、予定通りに行かないことの方が多いかも知れません。
最高の展開は、誰かが空気を入れている最中に割れてくれることなんですけどね。

さて、次回放送は、ゲストに今田耕司さんと宮川大輔さんを迎えての「ギリギリマスター」です。
今までで一番大きなゴムボールが用意されました。
ディレクターは何度もシミュレーションをして、どのくらい大きくなるのか見当を付けていました。
それを基に、当日のリハーサル。
すると・・・・・
その予想を超えて、どんどん膨らんでいきます。
どこまで行くの?
と思った瞬間、とてつもない衝撃と共に破裂。
「これは、本番、とんでもない驚きになるぞぉ〜」
熊の助はじめスタッフ達は、期待に胸を膨らませました。

さあ、本番!
順調にゴムボールは膨らんでいきます。
でも、このくらいじゃ。
まだまだ、行けます。
そばにいると、その大きさに恐怖を感じる大きさになってきました。
それでも、もっと空気を入れられるはずです。
ところが・・・・・
「えっ!こんな場面で割れるなんてぇぇぇぇぇ〜」
リハーサル通りにはいかないものです。

しかし、そこは「ぷっ」すま。
「リハーサルの衝撃を、出演者にも絶対に体験してもらいたい」
何とか対策を考えました。お見逃しのないように。

そうそう、「ギリギリ・ラクダ」も、リハーサル通りには進みませんでした。
動物系も読めないんですよねぇ。
「えっ!ここで食べなくなるなんてぇぇぇぇぇ〜」

  • mixiチェック

「着慣れてる」

投稿日:2011年06月21日 00:00

普段着ないものを、急に“着用する”となると、案外難しいモノです。
熊の助は、正月番組などで、時々、紋付袴になったりしますが・・・・・
もちろん自分では着られません。
着物って「右前に合わせるんだっけ、左前だっけ」ってところから始まります。
袴にいたっては「小台形の部分(腰板と呼ぶそうです)を後ろにして穿いて、どうするんだっけ」です。
熊の助は立っているだけ。
着付けさんの言いなりに、袖を通して、足を入れて・・・・・
出来上がりです。

浴衣でさえ、熊の助は着られません。
祭りや縁日の時ぐらい着てみたいのですが、帯をどう結べばいいのか分からないのです。
まあ、それ以前に、浴衣を持っていませんけどね。
番組で着る時は、こちらも着付けの方にお任せです。

スポーツのユニフォームも、着方が難しいのがあります。
「ぷっ」すまでは、挑戦するスポーツによって、熊の助もそんな格好をしたり、審判になったりします。
ユニフォーム一式が用意されて、控え室に置いてあることがほとんどなんですが・・・・・
—この部品は、どこに付けたらいいの?
—短パンが2着あるけど、どっちなんだろう?
—ハイソックスって、どのくらいの長さのところで折り曲げるんだろう?
そのスポーツをやったことがないと、わからないことばかりです。
自分なりに着てみて、鏡に映してみると・・・・・
どこか違う!!
何か足りないパーツがあるような・・・・・
体型の問題もあるのか、しっくりこないのです。
一度も着たことがないと、こんな感じになるんですよね。

さて、次回放送は、ゲストにオードリーのお2人を迎えての「ザ・スピードマスター」です。
ナギスケとオードリー共に、アメリカンフットボールの格好をするチャレンジありました。
フル装備ではありませんが、防具を付けて、ジャージを着て、ヘルメットもかぶりました。
これが、案外、着方が分からない。
着始めると、結構、動きづらい。
ナギスケは、かなり苦労していました・・・・・
が、さすがです。
出来上がりは、格好良く、さまになっています。
一方、オードリーのお2人は、高校時代アメリカンフットボールをしていたので、お手のもの。
着方もスムーズで、まさにフットボール選手です。
“着慣れていること”、そして“体型”が、重要なんだなぁって思いました。

  • mixiチェック

「吹き抜けてく風」

投稿日:2011年06月14日 00:00

「物件拝見トレジャーバトル」のロケで、ハウジングセンターにお邪魔すると・・・・・
いつも“こんな広い家に住みたいなぁ〜”って思っちゃいます。
大きな敷地に、贅沢なスペースの使い方。
外壁は、レンガ風だったり、打ちっぱなしだったりとカッコいいデザイン。
中には、最新のシステムキッチンや、コーディネートされた据え付けの家具。
全てが羨ましく感じます。

広くても、部屋数をたくさん作るのではなく、できるだけ壁で区切らない作りもいいですね。
キッチンから、ダイニング、リビングと1つの空間で繋がっていたりする家もあります。
そのリビングが吹き抜けになっていたりすると、さらに素敵です。
開放感が違います。
空気の流れや太陽の光を目いっぱい感じられます。
本当に気持ちがいいんです。

ただ、東京都内は土地が高過ぎて、まず広い敷地を確保するのが大きな関門です。
さらに、こんな立派な家を建てるとなると一体いくら費用が掛かるのやら?
逆立ちしても、熊の助には住むことができそうにありません。
だから・・・・・
見るだけで充分です。
目の保養です。
そういった意味でも、この企画のロケは非常に楽しいのです。

さて、次週放送のロケは、東京の郊外にあるハウジングセンターまで行っちゃいました。
そこで、草彅さんチームとユースケさんチームが、2軒ずつお邪魔しました。
ゲストは、それぞれのチームに、平愛梨さんと道端カレンさんです。
熊の助は草彅チーム付きなので、当然ユースケさんチームの物件は見られません。
だから、それを放送で見るのも楽しみなのです。
“相手チームはこんな素敵な物件にお邪魔していたのか”ってね。

さて、草彅チームの2軒目。
そこには、熊の助の好きな、吹き抜けのリビングがありました。
広い窓の外には、ウッドデッキもあって、開放感が抜群です。
更に、地下には倉庫もあり、2階には離れのような小部屋もあります。
そんないろんな部屋に・・・・・
なんと、メンバー?がいたのです。
そして、メンバーが揃えば・・・・・
歌って、踊って?
リビングがステージになっちゃいました。
そこを“吹き抜けてく風”が“気持ちが良かったです”。
そして、こんな楽しいモノをまじかで見られて・・・・・
熊の助は、“チョ〜ベリベリ最高”になりました。

  • mixiチェック

「“ママ”に会っちゃいました」

投稿日:2011年06月07日 00:00

今更ながら・・・・・
テレビ局で仕事をしていると、いろんな方にお会いできます。
俳優や女優の方、ミュージシャンやアーティストの方、はたまた、お笑い芸人の方たち。
更には、政治家の先生やトップアスリートまで。
お会いする「チャンス」はあります。
ただ、仕事の分野によって、なかなかご一緒しない場合もあります。

熊の助は「ぷっ」すまを担当させてもらっているので、かなりの割合で、凄い方に会えちゃいます。
最近では・・・・・小栗旬さんとか長沢まさみさん。
映画のスクリーンで見た方が、目の前にいらっしゃるのは、やはり感動モノです。

他局ではありますが、熊の助が最近はまっているテレビ番組が「ホン○でっか!?○V」です。
学者の先生方のぶっ飛んだ感じが、なんとも言えず面白いです。
そこで人気者になった脳科学や教育の専門家の方々ってどんな感じでいらっしゃるのか?
会ってみたいなぁ〜と思っていました。
そんな折、「ぷっ」すまのロケに、あの方がスペシャルゲストでいらっしゃることになったのです。

教育の専門家の尾木直樹さんです。
非常に柔らかな語り口とおしゃれなファッションで、いろんな番組に引っぱりダコですよね。
胸に着けたコサージュやブローチも素敵です。
さんまさんの付けたニックネーム“尾木ママ”の方が、有名かも知れません。

そんな“ママ”に、「ぷっ」すまでは行きつけのお店を紹介して頂きました。
その店で、“ママ”お気に入りのNo1メニューを当てていきました。
テレビで拝見している通りの、やさしくて、物腰が柔らかくて、面白い方でした。
ロケは本当に楽しく進みました。
尾木先生、お忙しい中、本当にありがとうございました。
ご紹介頂いたお店も、つけ麺の美味しい店で、みんな食べ過ぎちゃうくらい大いに盛り上がりました。
だから、次回放送は、絶対に見逃さないようにして下さい。

今後「ぷっ」すまに是非来て頂きたい・・・・・というか、
今、熊の助が生でお会いしてみたい方は、マツコ・デラックスさんです。
残念ながら、他の番組でもお目にかかったことがないのです。
ただ、これまでも「お会いしたい」と思っていると、必ずといっていい程お会いできています。
近いうちにご一緒できるかな?

・・・・・???ここまで日記を書いてきて・・・・・
—トップ俳優のユースケ・サンタマリアさん
—国民的アイドルの草彅剛さん
こんなお2人と一緒に仕事をさせて頂いていること自体が、凄いことなんですよね。
改めて、気付かされました。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫