2011年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「回転したくない」

投稿日:2011年05月31日 00:00

「目が回るほど忙しい」って言いますけど、実際に目が回ることはありません。
そもそも、熊の助は、そんな忙しい状況になったことがないんですけど・・・・・
目が回るっていうのも、実際に目玉が回るわけではありませんよね。
耳の中にある三半規管の影響が大きいと聞きます。

子供の頃・・・・・
自分でグルグル回転して、目が回るのを楽しんだりしていました。
あれって、何が楽しかったんでしょうね?
—フラフラになるのが、なぜか嬉しくて
—立っていられない状態が、なぜかおかしくて
症状が治まるのを待って、何度も何度も、グルグル回っていたことを覚えています。
時間を忘れてやってましたね。
子供って、こんなことで、きゃっきゃ言って楽しめるんですよね。

いつの頃からでしょうか・・・・・自分から進んでは回らなくなりました。
遊園地でも、回転する乗り物は避けるようになりました。
更に、この歳になると、回るのが怖くなってきているのです。
もし、回転でフラフラ状態になったら、ケガをしてしまうんじゃないか、心配なのです。
たぶん、この先も、自分から回転することはないと思います。

さて、「ぷっ」すまの次回放送は「我流グルメ!こだわり三択王」です。
ゲストは萬田久子さん、インパルスのお2人、そしてAKBの小嶋陽菜さんです。
ナギスケは、この企画を何度もやっているのでネタの関係もあって、2人で戦います。
—ご飯へのこだわりがあったり
—ラー油への思い入れがあったり
—卵への異様な執着があったり
今回も、見逃せない展開です。お楽しみ!

さて、ご褒美を懸けたゲームは、今回も、グルグル椅子に座って高速回転させられます。
「我流グルメ」では、恒例になりつつありますね。
もちろん、ルールの決定や安全の確認のため、しっかり事前にリハーサルをします。
そこでは、スタッフがダミーになって回されます。
ただ、あまりに高速なため、1人で何度もチャレンジができないのです。
そうするとダミーの人数が足りなくなって・・・・・
「大熊さんも回ってみて下さい」
『へっ?!』
「体験してみないと分からないこともありますから、是非回ってください」
『この歳の人間に、そんなことをさせるなんて、ひどい奴らだ!』
いつも、熊の助とスタッフの間ではこんなやり取りが繰り広げられています。
そんなこんなで、熊の助は、あの回転椅子に座ったことは一度もありません。
だって、無理なんだもん。

  • mixiチェック

「傘がない」

投稿日:2011年05月24日 00:00

もうすぐ関東地方も梅雨に入ります。
毎年のことで仕方ないですし、農作物には恵みになるので、文句ばかりは言えませんが・・・・・
熊の助は、傘を持って出歩くのが嫌いなのです。
雨が降っていれば仕方なく差しますが、畳んだ傘を手に持っていたくないのです。

そんな性分なので・・・・・
1週間に2本も傘を買う破目になってしまいました。

熊の助は、会社の帰り、2駅前で電車を降りて散歩をしています。
一度家に帰ってしまうと外に出たくないし、時間も遅くなるので、帰りの時間を利用しています。
ある日、駅におり立ちました。
空模様は心もとなかったのですが、「あと1時間ぐらいはもつだろう」と歩き始めました。
15分くらいして・・・・・ポツポツと落ちてきましたが、これくらいなら大丈夫。
少し濡れながら、更に10分・・・・・本降りになってしまいました。
結局、コンビニエンスストアに駆け込んで、ビニール傘を購入しました。

それから、4日後のこと。
朝、雨が降っていたので、傘を差して会社に出掛けました。
夕方、会社を出る時には雨が止んでいて曇り空。
インターネットで3時間ごとの天気を確認しても、夜遅くにしか再び降り出さないとのこと。
「それだったら」と、傘を会社に置いたまま電車に乗りました。
2駅前で降りた時も、雲は多いものの、予報どおり雨は降っていません。
「これなら歩けるかな」と散歩を始めて、またまた15分・・・・・落ちてきました。
この日は、初めからかなりの雨量です。
仕方なく、また、また、コンビニエンスストアへ。
もう1本ビニール傘を買うのも癪なので・・・・・2倍の値段でしたが、折畳みを買いました。

もちろん、もともと家には数本の傘があり、会社にも置き傘してあります。
そこに、更に2本増えてしまいました。
「もったいないなぁ」っていう気持ちがいっぱいです。
—降りそうだったら必ず傘を持つようにしていれば、こんな気持ちにならないのに
—でも、雨が降っていなければ、傘を持ちたくない
こんな心の葛藤をしてるのが、無駄な気が・・・・・
せっかく買ったので、この折畳みをかばんに忍ばせておこうかな?
でも・・・・・
この梅雨の間に、もう1本ぐらい傘を買っちゃいそうな予感がしています。

さて、次回放送は、企画2回目になります「おもてなし−1グランプリ」です。
ナギスケにゲストの岡田圭右さんと道端アンジェリカさんの4人で、芸能人宅にお邪魔しちゃいました。
ロケの日はよ〜く晴れていました。
傘の心配は全くなく、気持ちよく、楽しくロケが進みました。お楽しみに。

  • mixiチェック

「欠けた茶碗2」

投稿日:2011年05月17日 00:00

「形あるものは、いつかは壊れる」
それは分かっているのですが・・・・・熊の助のご飯茶碗が、また欠けました。
洗い方が悪いのか?
仕舞い方が悪いのか?
いつの間にか、上の口をつける部分(口縁と言うそうです)が7〜8ミリ程欠けていました。

3年前の2月に、同じような話をこの日記で書きました。
その時に買った茶色の茶碗が、今回欠けてしまったのです。
少々奮発して購入したのを思い出します。
小さめではありましたが、食べ過ぎ防止にはちょうど良い大きさでした。
ほとんど毎日お世話になっていました。
お気に入りだったのに・・・・・

洗った後、水切りカゴに放置していたからダメだったんでしょうかね。
熊の助は、洗いものをすると、いろんな食器を積み上げたままにしてしまっているのです。
すぐにふきんで拭いて、食器棚に仕舞えばいいのに、置きっぱなしなのです。
だから・・・・・
ジュースを飲むため、横着してカゴの下のほうにあるコップを取ると、上のほうがガタッとなります。
重ね方が悪いと、何もしないでもガタッとなります。
そんなこんなで、いつの間にか欠けてしまったんですね。
全ては、熊の助の不精が招いたことなんです。

また、新しい茶碗探しが始まりました。
3年前に行った麻布十番商店街の瀬戸物店は、閉店して無くなっていました。
その時も書きましたが、最近、本当に瀬戸物店を街中で目にしなくなっています。
熊の助の近所の商店街にもありません。
困りました。
そこで、インターネットで探したお店に、バスに乗って出向きました。
気に入ったのは、こちらです。

たまたまセールだったので、少し安めでしたし、これに決めました。
土の感触が残っている、ちょっとゴツゴツした感じのが好きなんです。

今度こそ、欠けないようにしないとね。
—水切りカゴに置きっぱなしにしない
—カゴの上のほうには積まない
とりあえずは、これで大丈夫かな?

次回放送は、「オレコツ!オークション」です。
「茶碗が欠けないようにするオレコツ!」っていうのは出てきませんが・・・・・
芸人さん達が、とびきりのオレコツをアピールしてくれますので、お楽しみに。

  • mixiチェック

「クイズ好きです」

投稿日:2011年05月10日 00:00

ゴールデンウィークが終わりました。
今年は曜日の配列がよくて、10連休だった方もいらっしゃるとか・・・・・
熊の助は、土曜、日曜のニュースがレギュラーであります。
それでも3日間休みがありました。
「満喫しないとねっ!」と思いながら、結局は、フラフラしていました。

というのも、ゴールデンウィークの始まりに、いつもとは違う仕事が2本入ったのです。
1つは「MAXブレイン」という番組です。
各分野の天才達に戦いを挑んで、3人に勝つことができれば賞金を獲得できるというクイズ番組。
その進行と実況をやりました。
もう一つも「イツゴロ!」というバラエティーです。
あの出来事が何年何月何日に起こったのかを当てるクイズです。こちらでも進行を担当しました。
放送は、5月15日と22日の日曜日の夕方前です。
一部地域を除くですが、よろしければご覧になってください。

実は、熊の助は、クイズが大好きなのです。
だから、入社以来、ずーっとクイズ番組に関わりたいと思っていました。
去年、その念願が叶ったのです。「最強脳No1決定戦」という番組で司会をさせてもらいました。
嬉しくて、楽しくて、やりがいを大いに感じました。
そして、また今年もクイズ番組の司会ができて、大感激でした。
だから、少し張り切りすぎて?疲れてしまったのです。

そんな状態でしたので・・・・・休みの初日は1日中ボーっとしてました。
それでも、次の日は舞台を見に出かけました。
明石家さんまさんのコントで大笑いさせてもらいました。大いにリラックスできました。

そうそう、本屋にも行きました。
熊の助がここ数年はまっている、宮部みゆきさんの本を探しに行きました。
文庫本になっているのは、かなり読んでしまっているのですが、新しいのが出てないかと思って。
そのついでに、雑誌のコーナーをブラブラ。
自分が興味のない分野の雑誌って、今までは、全く目に留まりませんでしたが・・・・・
次回放送の「雑誌が注目するココ①当てましょう」で“こんな雑誌もあるんだ!”と知りました。
そこで、この日は、これまで縁のなかった雑誌も手にとって見てみました。
「この分野ではこんなモノが流行ってるんだ」と、自分のいる場所の狭さを改めて思い知らされます。
少し前の話ですが、“艶女(アデージョ)”なんて言葉も、ある雑誌から生まれたんですよね。
本当に、広く広くアンテナを張っておかないとダメだなぁ〜と実感します。
何にでも興味を持って知っておくことが大事。
クイズ番組でも役立つかも知れませんし・・・・・

  • mixiチェック

「“ダブル”は奇跡?」

投稿日:2011年05月03日 00:00

熊の助は、スポーツの実況の仕事もしていたのですが・・・・・
その中でもずーっと担当していたのが“ボクシング”です。
入社以来、15年以上にわたって、中継で喋っていました。
テレビ朝日がボクシング中継をやめてしまい、最近はほとんど会場へも行けないのが、残念です。

女性の方は、ボクシングとか格闘技とかは、あまり馴染みがないかも知れませんね。
でも、会場に行って生で観戦すると・・・・・
その迫力にビックリして、感動して、そこから好きになる方もいらっしゃいます。
グローブを付けているとはいえ、殴り合いですから、
緊張感、躍動感、気合い、思い、汗・・・・・etc
いろんなモノがビンビンと伝わってきます。

見ていても、喋っていても、ワクワクするのは、やっぱりKOです。
KOは、ご存知の通り、ノックアウト(Knock Out)の略です。
パンチを貰って倒れるのがノックダウンで、そこから10カウント入ると、KO負けです。
レフェリーが、ダメージ大と判断したら、10カウント数えなくても終わることもあります。
また、今のルールでは、1ラウンド中に3回ダウンすると、自動的にKO負けになります。
(スリーノックダウン制とか言ったりします)

世界タイトル戦の異様なまでの緊張感はたまりません。
そんなタイトル戦以外で、今でもよ〜く覚えている試合があります。
重いクラスの試合でした。
1ラウンドの中で、両選手がお互いに2回ずつダウンするという緊迫の展開になりました。
どちらかが、このラウンド中にもう一度ダウンしたら、その選手の負けです。
正に“手に汗握る”試合。
事実、そのラウンドで1人がダウンして終了しました。
「こんな殴り合いもあるんだぁ」と感動しました。

2人の選手が、強いパンチを同時に当てて、2人が共に倒れてしまうことも想定されています。
ダブル・ノックダウンって言います。
これで2人共に立てないと、両者負けの、ダブルノックアウトです。
これは、同じ瞬間に強いパンチが当たらないと生まれない、本当に稀な状況なのですが、例はあります。
ただ、長い間担当していましたが、熊の助は見たことはありませんでした。

そんな稀な試合を、なんと「ぷっ」すまで経験したのです。
まさかのことが、ここで起こるなんて。

次回は、小栗旬さんと長澤まさみさんを迎えての「ぶっつけ本番ハイスクール」です。
そこで、テレビゲームの対戦をして、ミラクルが起こったのです。
「な〜んだ、ゲームの中での話なの!」って・・・・・凄いんですから。
是非、見逃さないようにして下さい。
テレビゲーム以外にも、いろいろやってま〜す。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫