2010年2月
« 1月   3月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「ダメな大人」

投稿日:2010年02月23日 00:00

熊の助は、たまたまアナウンサーという、比較的自由な仕事に就かせてもらっています。
テレビ朝日の社員ではあるのですが、毎日背広で出勤しなくてもいいのです。
仕事の関係で、時には、ジーンズで会社に行っています。
「いい年こいてこれでいいのかな」と思う時もあります。

出勤時間も早かったり遅かったり。
平日の昼近くに出勤なんてなると・・・・・
余計に、ちゃんと働いている人に見えないんじゃないのかな?
しっかり朝7時頃出かけても・・・・・
マンションに住む他の会社員の方とエレベーターで会ったりすると、
ビシッと背広姿で出て行く人に対して、熊の助は遊びに行くみたい?
大人として大丈夫なんでしょうか。

服装で、印象は大きく変わってきます。
特に、いつも同じような格好をしている人が、全く違う服を着ていると、判らないこともあります。
スポーツ選手は、ユニフォームやジャージーの印象が強くて、私服だと気付きにくい。
普段、背広でしか会わない人に、休日、私服で声を掛けられると、すぐには誰だか思い出せない。

それが、芸人さんだとどうでしょう?
特に、テレビに出る時は決まった格好をしている方だと・・・・・
不思議な感じがします。
そんなギャップを、次回の「リアル神経衰弱」で楽しめます。

—いつも裸のあの人は、普段どんな格好をしているのか?
—貴族のあの人は、どんな服を選ぶのか?
—スーツで漫才してるあの人は、こんなラフな感じなんだ。
“芸人と私服を当てましょう”をやっちゃいました。
草彅さんが、意外なところに食いついちゃって、盛り上がりました。
お楽しみに。

さて、熊の助ですが・・・・・
土曜日と日曜日はニュース担当なので、早朝から昼まで、ちゃんとスーツを着てネクタイ締めてます。
ただ、その2日間の肩凝りが激しいんです。
ニュースを読む時って「間違えちゃいけない、時間をピッタリに収めなくちゃいけない」とかなり緊張してます。本番中、変なところに力が入っているのは感じています。
しかし、それだけではない。
スーツも一因だという気がするんです。
スーツを着慣れない大人って・・・・・ダメですよね。

  • mixiチェック

「値切る」

投稿日:2010年02月16日 00:00

「もっと安くなりませんか」・・・・・
熊の助は、たぶん、今までに言ったことがありません。
安いものは嫌いではありませんし、安いから買うっていうことはあります。
でも、「まけてください」って言えないんですよね。
これは、性格的なものなんでしょうか?
見栄っ張りだから?

次回放送は、そんな“値切り”の極意も聞けちゃいます。
新企画の「なるほどセミナー!達人に聞け!!」です。
“家電の値切り”“芸能界を生き抜く方法”そして、“マナー”について、講義を聞き、正解を導きます。
改めて聞くと、知らないことって多いんです。
深くて、ためになることばかりでした。
実践すると、案外、出来ないことって多いんですよね。特にマナーは。
珍回答?も続出です。お楽しみに。

家電に関しては、量販店では、価格の交渉をするのは大アリなんですね。
「他の店のほうが安いですよ」
「まとめて買うので」
こう言って少しでも安くなれば、嬉しいですもんね。
今度行ったら、実践してみようかな?

ただ、熊の助は、家電量販店にさえ、あまり行かないのです。
家電好きな人は、新しいのが出ると、見たくなって、欲しくなるそうですが・・・・・
熊の助は、とりあえず、家電が動いて仕事をしてくれればいいのです。
だから、テレビも、冷蔵庫も、電動歯ブラシでも、壊れないと買い換えないのです。

それが・・・・・なかなか壊れないんですよね。
大学入学のため東京に出てきた時に買ったモノを、いまだに使っているのがあります。
洗濯機とアイロンは・・・・・たぶん25年経っているのではないでしょうか?
洗濯機って2層式なんです。
若い人には分からないかもしれませんが、洗濯層と脱水層が別れているヤツです。

汚れ落ちは、最近のモノに比べるとかなり劣るかもしれませんが、洗濯の時間は短くて済むのです。
下着やタオル類が中心なので、動いてくれれば充分だし、短時間は逆に非常にありがたいのです。
だから、不便を感じません。
ただ、古い製品は、事故や火災の原因にもなると言われていますので、そこは注意しています。

でも、そろそろ寿命です。
その時が来たら、勇気を持って「値切り」を実践したいと思います。
そうそう・・・・・ナギスケも「安くしてって言えない」って、このロケで話してました。

  • mixiチェック

「目が・・・・・」

投稿日:2010年02月09日 00:00

花粉が飛び始めたようです。
熊の助は、何となく鼻がムズムズしてきました。
くしゃみが何度も続くこともあります。

一時期、花粉症がかなりひどい時もあったのですが・・・・・
数年前から、体質が変わったんでしょうか?
軽めにはなってきました。
早め早めに薬を服用するようにしたことも、功を奏しているのかもしれません。

早速、今年も薬を処方してもらいました。
夜寝る前に1回飲めば大丈夫なヤツです。
昔の薬ほど、眠くはならないのですが・・・・・
それでも、体調によって、朝の寝起きがかなり悪いのです。
グズグズと、布団の中から出られません。
起きても、目がシャキッとしないで、ボーっとしている時間が長いのです。
これって・・・・・薬のせいではなく、季節のせいかも知れませんけど。
“春眠暁を覚えず”ですもんね。

目がシャキッ・・・・・
次回のゲストは初登場の北村一輝さんです。
ユースケさんとは映画などで共演されていることもあり、いい雰囲気でロケが進みましたよ。
もう1人のゲスト小池栄子さんも、ユースケさんとコマーシャルで夫婦役ですよね。
こんな感じですから、草彅さんも交えて、まさに、「ぷっ」すまでしかあり得ない展開になりました。
はずしたら罰ゲームの「パーフェクト1チャンスチョイス」は大いに盛り上がりました。
目が覚めるようなこと?も起こっちゃいます。

そんなこんなで、この時期、何となくぼんやりしている熊の助ですが・・・・・
周りは、そんな状態を気にも留めません。
ボーっとしていることも多いのに、そうは見えない?
どうして?

そうです、熊の助は、元々、目がシャキッとしていないのです。
一重ですもん。
目尻がたれ気味ですもん。
常にぼんやりしている感じなんですよね。

これは、親に文句を言うしかないですね。仕方ないことです。
それでも・・・・・もう少しキリッとした、大きな、元気な目だったら良かったのになぁ。

  • mixiチェック

「風船Ⅱ」

投稿日:2010年02月02日 00:00

かなり以前に、この日記で“「風船」がどんどん膨らんでいく怖さ”を書きました。
シンプルなんですけど、この恐怖はいつまで経っても慣れません。
だから、罰ゲームになるんですよね。

「ぷっ」すまでは、これまで数え切れないほど、「風船」を使ってきました。
空気を入れていき、割れるか割れないかを見極めることが多いですよね。
そんな経験から、「風船」に関して分かったことが1つ。
「一気に入れると割れ易い、徐々に入れるとかなり膨らむ・・・・・気がする」ということ。
事前にシミュレーションして、ここまで大きくなったら割れる、と大体見当をつけます。
しかし、本番では・・・・・
同じ風船を使っても、怯えながら少しずつ徐々に空気を入れていくと、予想より大きくなるんです。
まあ、個体の違いもあるんでしょうが、その傾向が強いと感じます。

最近で「風船」の一番は、やっぱりオードリーの春日さん。
あのピンクのベストの中に風船を入れて、どこまで膨らむのかを楽しんだ「ギリギリ春日」です。
シミュレーションでは、襟口、肩口のところで、絶対割れていました。
それなのに、本番では・・・・・
まさか、まさか、裾から風船がピョコンと出てしまい、結局、手に持ってチャレンジを続けることに。
制限がなくなった風船は、どんどん、どんどん大きくなって・・・・・大爆発。
まさに破裂したという言葉がピッタリで、残骸が粉々に飛び散りました。
普通は、弱いところに負担がかかって、一箇所が割れて大きな残骸があるはずなのです。
それが見事にバラバラになったのです。
このビッグバンには、大いにビックリ。
「風船」って、こんなことも起こるんです。

さて、次回も「ギリギリマスター」です。しかも、風船を使います。
ゲストは米倉涼子さんと筧利夫さん。
ろうそくを吹き消したり、携帯電話で有名人?と交渉したり、たくさんの女性芸人が登場したりします。
そして、最後に風船です。
しかし、今回は無理に割ったりはしません。

風船の中に、空気ではなく、ヘリウムガスを入れました。
ということは、フワフワ浮きます。
そんな風船を・・・・・
家の屋根に付けていくのです。
そうです、風船の浮力で、家が空を飛ぶのです。
果たして、ヘリウム風船をいくつ付ければ飛ぶんでしょうか?
どんな感じで、浮き上がるんでしょうか?
まさにファンタジーの世界でしたよ。
あらめて、風船の可能性を、実感させられた気がしました。
(今回も写真を撮るのを忘れました、すみません)

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫