2008年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「熊の背丈」

投稿日:2008年11月25日 00:00

「ぷっ」すま史上“最も背の高い”ゲストがやってきました。
218センチのチェ・ホンマンさんです。
本当に大きいです。というかデカ〜イですよ。
首が痛くなるくらい見上げちゃいます。

大きなゲストっていうと・・・・・
そうそう、以前ボブ・サップさんが来られたことがありました。
野獣サップさんにナギスケが挑戦状を叩きつけて戦うという、非常に楽しい企画でした。
デカイし、いかついし、強面だし、パワフルだし、ワイルドだし、吠えるし、
なんか近寄り難い感じだったんですよね。
でも、本当は礼儀正しいスポーツマンでいらっしゃいました。
笑顔も優しいし、そのギャップにびっくりしたことを覚えています。

そんなサップさんよりも、身長では更に大きいホンマンさんの登場です。
スゴむと怖いんですが、とってもお茶目な方でした。
あの体で、身のこなしも非常に軽くてビックリ。
勿論、得意のホンマンダンスも飛び出します。
そして、とてつもないパワーも見せつけてくれます。

そんな次回の企画は「試して足して ザ・体感チャレンジクイズ」です。
高橋克典さんは、今回全編只野仁です。
その映画で共演したチェ・ホンマンさん共々お越し頂いた次第です。
“空き缶運び”に“ビニール破り”。
更に、ちょっとエロスの“制服早着せ替え”。
そして、スポーツ“吹き矢”で大はしゃぎです。お楽しみに。

さて、熊の助は166センチしかありません。
だから、身長のある人はうらやましいんです。
20センチとは言いません「あと10センチあったらなー!」見える景色も違うだろうな・・・・・
そうすると、考え方まで変わっているような気がしてるんです。
見えるものが違えば、見え方が違えば、自分が「出来る」って思うことも違ってくるはず。
そうすれば、何に挑戦するかも全く違っていたはずだって思うんです。
絶対人生変わっていましたね。今の職業じゃないかも?ね。
もっと、牛乳飲んどけばよかったかな。(そんなに好きじゃなかったんです)

まあ、でも、日本で暮らしていると・・・・・
天井が多少低くても、窮屈感は少ないし、ベッドだって普通サイズで充分だし。
“小回り”が利くのが一番ですかね。(小型車みたいですけど)

  • mixiチェック

「お土産」

投稿日:2008年11月18日 00:00

旅行に行って、お土産を選ぶのって大変ですよね。
熊の助はあまり好きではありません。面倒臭がりなんでしょうね。
いろいろ考えすぎちゃうんですよね。
一番は“喜んでもらえるのか?”って心配になるんです。
「そんなこと気にしないで、軽くあげればいいんだよ」っていう声も聞こえていますが・・・・・
自分が貰って困ったりする時があるから、逆に考えちゃうんですよね。
なんか、センスが問われているようにも感じるんです。

出張や休みで、職場に買ってくる土産は、まあ、みんなで食べられるものでいいですよね。
出張先の銘菓であったり、海外だったらチョコレートだったり。
それでも、時に「工夫がないなー」と思ったりもします。
でも、奇をてらってちょっと変わったモノを買ってきたりすると、それが不評だったりするんです。
だから、基本的に定番を選んでいます。

土産を具体的に頼まれるのは嫌いじゃありません。何にするのか考えなくていいので・・・・・
特に、駅や空港で必ず買えるモノだったら大歓迎です。
メーカー指定なしという条件で、博多で明太子とか、名古屋でういろうとか。
「何でもいいので、お土産楽しみにしてます」とか言われるのが、一番困ってしまいます。

だからかも知れませんが・・・・・
親しい人が、どこかに行くって聞くと、熊の助は、お土産を指定することが多いんです。
その方が楽だろうと思っちゃうんですよね。
(お土産頼むこと自体ずうずうしいのですが、本当に親しい人だけです)
勿論お手ごろなモノで、どこでも買えるモノを頼みます。
この前、沖縄行くっていう人には、「黒糖ピーナッツ」を指定しました。
これだったら食べてなくなるし、美味しいし、文句なしです。
好みに合わない人形とか貰うと、飾らないだろうし、処分できないし、大変ですもんね。

さて、「ぷっ」すまは、今回と次回、ナギスケの静岡旅をお送りしていますが・・・・・
留守番の熊の助は、スタッフに「お土産だけでも買ってきてよ」と頼みました。
スタッフのセンスはいかに?

なんと5つも買ってきてくれたのです。
忙しい中、気を遣わせてすみませんでした。
美味しく頂きます。

  • mixiチェック

「針をしっかり見ました」

投稿日:2008年11月11日 00:00

少し前ですが・・・・・風邪をひいちゃいました。
飲んで帰って、そのままソファーで寝てしまいました。しかもパンツ1丁に近い状態で。
しばらくして、寒くなって起きて、そそくさと布団にもぐり込みました。
朝起きたら・・・・・ちょっとのどが痛い。
まずいかも?

昼間は何とか持ちこたえていましたが、夕方から急に体がダルくなってきて、かなり熱っぽい感じ。
キターーー!キテシマッタ。
薬をしっかり飲んで、早めにベッドへ。
汗の出ること、出ること。
4回もTシャツを交換して、水分をしっかり補給して、頑張りました。
おかげで、翌日の朝、熱は下がりました。
でも、のどが痛いのはおさまりません。
飴舐めて、蜂蜜レモン湯を飲んで、何とか痛みを鎮めようと試みます。
そんなこんなで、1週間以上苦しめられました。
今年の風邪はタチが悪いかも?
皆さんもお気をつけ下さい。

これは、自分の体調管理が悪かったのですが・・・・・
ここ数年、毎年インフルエンザの予防注射を打っています。
“注射嫌い”なのですが、これだけはやっておいた方がいいと思って、決死の覚悟で受けています。
でも、注射を打つ瞬間は顔をそむけ、見ていません。いや、見られません。
針が自分の肉体に入って行くのが怖いのです。

ただ、この日記に写真を載せようと思い立ち、打つ瞬間を久々に見てしまいました。
あー刺さっちゃった。パチリ。

動揺があって、上手く写せませんでした。頑張ったのに・・・・・
でも、熊の助が勇気を出した瞬間ですから、ご理解を。

インフルエンザには色々な型があり、予防注射だけでは不十分という意見もあるようですが・・・・・
一番は“気持ち”です。
注射を打ったという安心感で、風邪をひきにくいように錯覚しています。
だから、あとは自分の体調管理です。
特に「飲んだ後に不注意に寝ないこと」
これが、熊の助の一番心配です。

  • mixiチェック

「いい店探してます」

投稿日:2008年11月04日 00:00

いい店を探しています。
一人でもフラっと入れる飲み屋を探しています。

仕事帰りに、時々、一人で飲みに行きたくなるんです。
特に、中途半端な時間(熊の助的に夜9時とか10時なんですが)に仕事が終わり、食事してない時。
家に帰って食事したら遅くなるし、レストランで一人で食べるのはちょっと寂しい。
誰か誘えばいいんですが、乗りによっては遅くなっちゃう心配がある。
ササッと1時間半ぐらいで、寂しくなく飲食できる場所が欲しいんです。

会社は六本木なので、そのくらいどこにでもあるんじゃないかと思われるかもしれませんが・・・・・
なかなか居心地のいい店は見つかりません。
料理がまずまず美味しいこと。
好みのお酒があること。
値段がリーズナブルなこと。
そして大切なのは、いつ行っても混んでいないこと。
更に、色々話しかけられて聞かれないこと。
でも、時々、いい感じでかまってくれるような雰囲気があること。
案外、条件が厳しいんです。

以前は、そういう店が1軒あったのです。
会社からの帰り道。
商店街からは1本外れたところにあり、しかもビルの2階。
知ってる人がいないと、フラっとは入りにくい感じの店。
満員に混んでいる時はあまりなく、いつ行っても、椅子1つ空けてカウンターに座れる感じでした。
しかし、そういう店だから・・・・・大変だったんでしょうね。
残念ながら、店を畳んでしまったのです。
熊の助も、2週に1度くらいしか顔を出しませんでしたから、売り上げに協力してませんでしたけどね。

さて、次回は舘ひろしさんと滝沢秀明さんの豪華ゲストを迎えての「あの娘が水着に着替えたら」です。
残念ながら、熊の助はこのロケに参加していません。(前田アナが頑張ってるはずです)
ロケの1本目が夕方前に終わって、2本目の「水着」で熊の助は“さようなら”になりました。
時刻は午後6時過ぎ。
その日はもう仕事がありません。
こういう日にも、ちょっとだけ飲みに行きたくなるんです。
でも、行く店がない。
どこでもいいから店に入ろうか?
でも、居心地悪いと嫌だなーと思い・・・・・家に帰っちゃいました。
で、家で・・・・・かなり飲んじゃいました。
(スタッフはまだ仕事してる時間だったのに、申し訳ありませんでした)
でも家だと何か味気ないんですよね。
本当に、いい店ないかなー。

そうそう、「水着」は、舘さんがかなり弾けたっていう話が伝わってきています。
熊の助も、放送が非常に楽しみです。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

  • 0_0106_3_1
  • 0_0096_2_1
  • 0_0095_2_1
  • 0_0085_2_1
フォトギャラリーを詳しく見る≫