2007年3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「春はフア〜ン!?」

投稿日:2007年03月27日 00:00

いよいよ4月です。
冷たい風が少し暖かい風に変わって、コートも要らなくなって、桜が咲いて・・・・・
ホワホワっとした香りが空気に混じってくると、熊の助は、必ず、うっすら緊張感を感じるのです。

「次はどんなクラスになるのかなー」「仲のいい子はいるのかなー」「担任は誰かなー」という学生時代の、子供っぽい不安に始まって、
大学時代には「今年度はこんなに単位が残ってるけど大丈夫かな」とか、
入社する時は「アナウンサーとして本当にやっていけるのか」とか、
大きな不安や緊張感は、決まってこの時期でした。
だからでしょうか?春の感覚が肌に触れると、何となく“フア〜ン”な気持ちが込み上げてくるのです。
もういい年齢なのに、この感覚はずっと変わりません。

テレビの世界でも4月は大きな改編期。
新しい番組が始まって、その担当になると「自分で大丈夫かなー」と不安と期待を抱きます。
去年のこの時期は、ちょっと予想外だったニュース(土・日の朝・昼)担当が決まって、ドギマギしていました。ストレートニュースを基本一人で読みっぱなしなので、不安いっぱい。
入社以来?の読込み練習をしたのを思い出します。
で、今年は・・・・・大きな変化はありません。かなりのんびりムードです。
それでも、やっぱり“フア〜ン”な感覚が漂ってくる。
この感覚は何なのか・・・・・。
これは“緊張感を忘れるな”“気持ちを引き締めろ”というメッセージ?
馴れてくると緩みます。
それを引き締める為、この時期どこからかメッセージが来るような気がします。

「ぷっ」すまは今年10年になります。(その前に、間もなくレギュラー400回を迎えるんですよ)
熊の助は参加するようになって6年目です。
“引き締めて、緊張感を持って行きなさい”というメッセージを胸に、改めてこの春からも頑張ります。

さて、次回は、緊張の?初登場ゲストお2人です。細川茂樹さんと辻希美さん。
どうなるか?大丈夫か?と“フア〜ン”を抱く間もなく、すぐに「ぷっ」すまペースに溶け込んで、いい感じでした。
ナギスケは久々敵になります。草彅・細川組VSユースケ・辻組の戦いです。
それぞれのペアがいい味出して、女性の部屋を徹底的に探検します。お楽しみに。

  • mixiチェック

「カレーを作りました」

投稿日:2007年03月20日 00:00

野菜いっぱいのカレーを作りました。
玉ネギもジャガイモも大きめに切って、ゴロゴロって感じで・・・・・

何で急に作ろうかと思ったかというと、ロケで使った野菜、玉ねぎ・ジャガイモ・人参などなどを貰って帰ったからなんです。
勢いでたくさん持って帰ったのはいいのですが、置いておくと腐っちゃうし、
「よーし、久しぶりに腕を振るうかー」って、カレーは市販のルーを使いましたが、
りんごも摺って、蜂蜜少し入れて、インスタントコーヒーなんかも隠し味で入れちゃって、
自分ではまずまずの美味しさでした。

さて、なぜロケで野菜を使ったのか?
次回は15分拡大の「試して足して!サ・体感チャレンジクイズSP」。
そこで、野菜“詰め放題”に皆さんがチャレンジしたんです。
ビニール袋にどう詰めればいっぱい入るのか?人参は立てて、きゅうりも立てて柵を作って、なんて考えるんですが、その通り行かない詰め放題。
ゲストの優香さんはさすが女性という技を見せてくれます。
劇団ひとりさん、作戦はばっちりです。
そして、助っ人の詰め方は、もう“目から鱗”もの。
その時、大量の野菜を使ったのですが、その一部が私の胃袋にカレーとして入っていったのです。

とにかく今回の「体感」は楽しいですよ。(私が楽しんでてはいけないのですが・・・・・)
ナギスケも、ゲストの優香さんも、ひとりさんも、チャレンジ1つ1つを楽しんでるの感じが大いに伝わってきました。
“カップ早重ね”は、経験があると言う草彅さんの手さばきに注目です。
“座布団タワー”では、笑点風のなぞかけなど、笑いどころ満載。ユースケさんはさすがです。
“ロボットチャレンジ”では、全員大興奮です。ロボットの世界は、もうここまで来ているんだと感心させられました。

さて、カレーですが・・・・・
作りすぎてしまい、今も(これを書いている時点で)大量に冷蔵庫に入っています。
あと5日は、カレーライス?カレーうどん?カレースパゲティー?になりそうです。

  • mixiチェック

「ずっと昔のこと」

投稿日:2007年03月13日 00:00

いよいよ来週は、ゲストに稲垣吾郎さんが登場です。
(SMAPのメンバーがゲストに来るのは、サッカー応援の香取さん以来ですね)
稲垣さんご本人も言ってましたが、全編に渡っての「ぷっ」すま出演は初めてだそうです。
オープニングから、草彅さんのテンションが一段と高いような・・・・・。
いつも一緒にいる友人だけど、あまり見せない自分の領域に、その友人をお客さんとして迎えるような、ちょっと気張るような感じなのかなー、なんて勝手に思ったりしていました。
ユースケさんも、何かとても楽しそう。

そんなことを考えていたら、昔のことを思い出したのです。
私、ずっとずっと前に、SMAPのコンサートに入ったことがあったんです。

その日、私は代々木第二体育館でバスケットボールの取材をしていました。
そこに音楽担当のディレクターが来て、
「ミュージックステーションのSMAPの生中継を、ちょうど隣の特設ホールからするんだけど、前説と繋ぎにアナウンサーが必要なんだよね。デスクに聞いたら大熊が隣に来てるってことだったので、渡りに船、お願いできないかな?」
コンサートの途中でテレビの生中継をするため、進行を中断して、メンバーはテレビの用意をしなくてはいけない。お客さんにもテレビの生中継の要領を説明しなくてはいけない。
“二つ返事”で了解したのを覚えています。
(記憶力が悪いクセして、この日のことはなぜか鮮明に覚えてるんですよね)

時間が来て、そっと会場の裏口から入ると、SMAPの歌声と大歓声が聞こえました。
舞台裏ではたくさんのスタッフが動き回っています。
「この曲が終わると、メンバーが一旦いなくなるので、生放送までの時間を繋いで下さい」と言われ、
緊張しながら舞台上手(向かって右側)に出て行きました。満員のファンに向かって、「スタジオのタモリさんから呼びかけがあるので盛り上がって下さいね」なんて前説して、「じゃあ、一回やってみましょう」って音頭とってリハーサルして・・・・・、
そうこうしていると、用意の出来たSMAPがステージに登場。
アッという間でしたが、初めてSMAPの凄さに触れた瞬間でした。
大声援、盛り上がり、あの熱気はそれまで経験したことがなかったもの。
手帳で調べてみたら、10年以上前の“1995年の年末”のことでした。

そんな思い出話はさておき、
今回、稲垣さんを迎えてお送りする企画は、「ココ①当てましょう」です。
稲垣さんは坂下千里子さんと組んで、ナギスケと対戦します。
気心知れた4人なのですが、SMAPの対決ですから、当然厳しい展開?もありました。
大人に人気のおもちゃでは、草彅さんと稲垣さんの子供のようなヘリコプターの奪い合い。
西麻布のイタリアンでは、正に本場の味に全員大満足。稲垣さんのワイン薀蓄もありました。
高級な女性の下着には、稲垣さんが「テレビの顔じゃなくなっちゃう」と嬉しい悲鳴。
そして、行列の出来る大人気のドーナツも登場します。
勝負がどうなったかは、見てのお楽しみですが、
番組最後を、草彅さんと稲垣さんの二人で締めてます。
ここでも、SMAPの凄さを改めて感じました。
(グダグダの中に、さすが!を感じさせる締めですが、放送するかな?ディレクターの編集次第です)

  • mixiチェック

「リフレッシュ」

投稿日:2007年03月06日 00:00

申し訳ありません。先週“リフレッシュ”休暇を取っちゃいました。
週休2日に加えて2日、合計4日間でしたが、南の島に行ってきました。
「ぷっ」すまスタッフは風邪で大変、次のロケの準備で大変なのに、一人だけすみません。
言い訳するようですが、正月などの代休が溜まっていまして、デスクにお願いして休んじゃいました。
(アナウンス部には、勤務を交通整理するデスクがいます。バラエティー・ニュース・スポーツなどの現場からの依頼を受けて、担当アナウンサーを決めたりします。仕事が重なったりしないよう、現場と交渉してくれます。勿論“休み”の管理もしてる訳です。実は私も、緊急時対応もあり土・日だけデスクの仕事をしてるんですよ。)

さて、私のリフレッシュ旅行は、ほとんど何もしません。
砂浜やプールサイドで、ほとんど寝転んでいます。
どれだけ寝ても、これが寝られるんですよ。
「動物のナマケモノみたいだな」と、今回自分でも思いました。
(そういえば、以前「ぷっ」すまのロケで、ナマケモノに肩を叩かれました。彼は同類だと分かったんでしょうかね)

唯一、積極的に動くのが、夕日を見に行くこと。夕日が大好きなんです。
特に、海に沈む夕日を、ボーっと見ているのが好きです。

夕焼けが始まると海岸に行って・・・・・
きれいなオレンジ色の空と、大きくなったように感じる太陽。
太陽が海に架かり始めると、ここからは速いですね。太陽がどんどん海に飲み込まれます。
空や雲の色が、どんどん変化します。
上のほうの雲は、薄紫に光って幻想的な感じ。
下のほうの雲はまだオレンジ。
その間の雲は、微妙なグラデーション。
太陽の端っこがやっと残った状態になり、やがて、オレンジ色が点のように見える。
遠い雲は完全に灰色。
それでも、少しオレンジが残り、近い雲の薄紫が一番好きな色になっていく。
太陽は完全にいなくなっても、海の向こうから光が届いている。
その光も、どんどん遠くなっていく感じ。
そして、夜になる。

何やってるんだろう、時間がもったいないですね。

でも、今回の旅行は、陽は時々照るのですが、雲が多く風も強くて良いコンディションではありませんでした。波も高くて、隣の島に渡る船も欠航したりして・・・・・。
書いたような夕日の変化はほとんど見られなかったのです。

ということで、予定通りに行かないのが旅行です。(「ぷっ」すまみたいにね)
それでも気持ちはしっかり“リフレッシュ”してきました。
また、今週から頑張ります。

さて、次回は「芸能界見破り王決定戦」です。(付け足しみたいですみません・・・・・)
初登場の松岡修造さんの独特のテンションに、ナギスケは完全にペースを乱されます。
というか、スタッフも番組自体も、いつもとは違ったペースになった気がします。
頼みの綱は、眞鍋かをりさんでした。眞鍋さんだけが、番組の趣旨にのっとって下さった感じでした。
どうなったかは、見てのお楽しみ。
演技見破りバトルでは、さすが、名優・ナギスケという場面があります。お見逃しなく。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫