2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「思い出のアパート」

投稿日:2017年09月09日 01:20

大学で東京に出てきて、引っ越ししたのは2回です。
つまり、住んだ街は3つです。
もう30年以上なので・・・・・どちらかというと、少ない方だと思います。
最初は、風呂なしの6畳のアパートでした。
アルバイトの見通しも立ってきたので、1年で、鉄筋の1Kのアパートに引っ越しました。
そして、社会人になって少ししてから、今のマンションです。
今のマンションは長くなりました。そろそろ、変わりたいかも!

さて、次回の放送は「女芸人彼メシ自慢GP」です。
女性芸人のお宅にお邪魔して、食事などのおもてなしを受けて、女子力を見極めようっていう企画です。
最近、関西から東京に拠点を移した“あのコンビ”のお宅にお邪魔しました。
場所は、中目黒です。
東京に住むならココ!って決めていたそうです。
お部屋はちょっと狭めではありましたが、女の子らしい素敵なお部屋でした。
ロケも、楽しく進みました。
30分の番組では入り切らないかも?と心配になるような、笑いどころ満載のロケでした。

そんなロケのあと・・・・・
なぜか、ユースケさんと、東京に出てきた時、最初に住んだ部屋の話になりました。
ユースケさんは、名前がカッコいい!と、駅を“豪徳寺”に決めたそうです。小田急線です。
駅前の不動産屋で相談したそうですが、なぜか、駅からかなり離れた場所になったんですって。
結局、最寄駅は“豪徳寺”ではなく、使う駅も乗る電車も違ってしまったという話。
東京って、いろんな鉄道が走っていて、たくさん駅があるんですよね。
東京のことをよく知らないと、こんなことになっちゃうかもって話から、不動産屋の話へ。
その昔は、不動産屋に行かないと、なかなか、家の情報ってありませんでした。
そして、その不動産屋が関わっている物件しか、選択肢がなかったんですよね。
だから、最近の家探しとは、感じが違うのかもしれません。
今は、インターネットなどで、瞬時にたくさんの情報が取れます。
不動産屋もいっぱい住宅情報を持っているように思います。
選択肢の数が、全然違う気がします。

熊の助も、大学に合格して上京する時に、不動産屋にお世話になりました。
払えそうな家賃と、学校から近いことが条件です。
ちょっと強面の不動産屋のおじさんにそれを言って、紹介してもらいました。
たぶん、提示された候補は3件だったと思います。
その3つを自分で見て回って決めました。
どれも、風呂なし、駅からもちょっと遠い。
結局、2階の角部屋だったのが決め手になったように覚えています。
古いアパートでした。
1階に住む老姉妹が、大家さん代わりをしていて、気にかけてくれたのを覚えています。
1年しか住んでいませんが・・・・・
東京で最初に住んだアパートって、思い出深いです。
たぶん、今はもう無くなっているんだろうな。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫