2017年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別アーカイブ

  • mixiチェック

「心を動かし、心に残る。」

投稿日:2017年02月11日 01:20

前回の日記に、さらっと書きましたが・・・・・
「アイドルダンス部・後編」はドキュメンタリーになっているはずです。
“4人の男たちが、アイドルのダンスを間違えずに最後まで踊る!”
こうやって文字にすると、ちょっと滑稽な感じにもなりますが・・・・・
いやいや、みんな真剣です。

熊の助は、昔から、ドキュメンタリー番組が大好きです。
―ひとりの人間を長期間追ったモノ
―動物の生態を何年にもわたって撮り続けているモノ
―古代遺跡をしっかり検証したモノ
どれも、心を動かされます。

最近では・・・・・他局の話なので、こっそりと書きますが・・・・・
同じ場所で3日間(ということは「72時間」)取材する、あの番組が好きです。
そこを訪れる人たちの話を聞き続けるというドキュメンタリー。
大きな盛り上がりはありません。
日常の3日間が淡々と進んでいく感じ。
でも、そこから、人の思いって色々あるんだなぁって、改めて気づかされます。
なんか、心に残ります。

「ぷっ」すまはバラエティー番組です。
でも、時に、「これってドキュメンタリーかもしれない?」って思うことがあります。
彅スケとゲストの方達が、必死に、1つの番組を作り上げていく。
その姿を、皆さんにしっかりお見せしているのではないか。
例えば、昔よくやっていた「ギリギリマスター」とかは、結果が分からずに進んでいきます。
朝まで丸太を切る羽目になったり、鷹が頭に付けた生肉に飛んでこなかったり。
それでも、何とか企画を成立させて、番組を作り上げていく。
上手くいかないけど、そこで努力している。
そんな過程も含めてお見せしている。
これは、もう、一種のドキュメンタリーですよね。

改めて、次回放送の「アイドルダンス部・後編」の話に戻りますが・・・・・
あること、そして、ある人をきっかけに、ユースケ部長を中心に、部員がさらにまとまります。
1つは、先週の日記にも書きましたが、ダンスのテンポが速くてなかなかノーミスで進まないこと。
そして、もう1つは、ある人が、自分のダンスが上手くいかなくて不安を覚えてしまうこと。
そこから、何としても“完走”しなくてはいけないという思いが強くなります。
さらに、何としても“ノーミス”でやり遂げようという目標を掲げることになります。
そんな全てを見て頂けたら・・・・・
きっと、心を動かされ、心に残ると思います。

  • mixiチェック

フォトギャラリー

フォトギャラリーを詳しく見る≫