新着記事

新着コメント

 

(左)前田智徳氏 (右)古田敦也氏

(左)前田智徳氏 (右)古田敦也氏

 

(中編から続く)

韓国で4番を務めると予想されるパク・ピョンホ。

「右打者で、踏み込んで、強くひねりが入るバッティングスタイル」と古田は評した。

 韓国野球のデータを見ると、特に左投手に強く、真ん中はもちろんインコースのベルト付近、そしてアウトコースの高めに対しても特に高打率を残している。

 古田「アウトハイ、そして高低関わらず真ん中。ここに投げないようにしないといけない。ひねりが入ってくるバッターはその分戻す時間がかかるので、早めに判断しなければならない。なので外の変化球などはクルッと回るんです」

 前田「韓国プロ野球は、真っ向勝負で行く。強打者が来てもまっすぐとスライダーを基本に真っ向勝負。くさいところを攻めていけ、というのは基本的にない。外の変化球のコントロールは日本の投手はいいから、対応に苦労する可能性はある」

 

それでは、誰を投げさせればいいのか。

前田「外のコントロールができる前田健太。スライダーの精度が高い」

古田「スイングワークが大きいので、力勝負で行っても行けるかも。なので大谷翔平とかいいかもしれない。150キロ以上の投手。大谷との真っ向勝負見てみたい。それでも打つのか」

好勝負の予感に、古田が期待の表情を見せた。

 

世界野球プレミア12開幕戦「日本vs韓国」は118日(日)。

テレビ朝日系列にて夜657分から放送

2017年11月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

主な書き手
本間智恵アナ
本間智恵アナ

三上大樹アナ
三上大樹アナ

月別アーカイブ