新着記事

新着コメント

去年の夏、北京オリンピック――3試合を連投、
413球を投げきり、日本女子ソフトボールを悲願の
金メダルへ導いた上野由岐子投手。
その上野投手の数々の伝説が、漫画になります!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
Get Sports×週刊少年マガジンコラボ企画第3弾
「 上 野 由 岐 子 物 語 」
いよいよ7月29日(水)発売!!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
私も発売前に少~し拝見しましたが…
途中までだったので、先が気になる~~っ!
上野投手は漫画家・関口太郎先生に
「かっこかわいく描いてください」と
リクエストされたそうですが、まさにその通り!
(ちなみに…関口太郎先生への八木アナウンサーによる
インタビュー動画もGet Sportsホームページで公開中です。
もうチェックしてくださいましたか!?
まだの方は、ホームページのG.interviewをご覧ください!!)

さて今回私、上野投手にお会いしてきました。というのも、
漫画に収まりきらなかった上野投手の伝説を
もっと知っていただくべく、
週刊少年マガジン掲載時にインタビュー記事も
掲載するのです!
中学時代から現在まで、上野投手の伝説に迫ります。
漫画はもちろん、こちらも注目してくださいね!

さて、上野投手に実際お会いすると、
(年上の女性に失礼かもしれませんが…)
すごく“かわいらしい方”だという印象を抱きました。
スピードのある投球、連投に耐えうるスタミナ…
ソフトボール選手としてマウンドに立っているときの上野投手は
迫力にあふれていますが、インタビューさせていただくと、
とってもまっすぐで素直で、
はじける笑顔が素敵な女性だと感じました。

毎日お忙しい中で、ストレス解消は?と伺うと…
「練習をしていること」と驚きの回答!
最近取材などで練習量が以前より減り、
肉体的には楽になるかと思いきや、
逆に疲れやすくなってしまったんだそう。
ソフトボールをしているのが、
一番のストレス解消法かもしれませんと
笑顔で語ってくださいました。
現在、2016年のオリンピックでソフトボールを
公式種目に復活させるべく、さまざまなPR活動に
励んでいるという上野投手。
「ソフトボールが好き」…その想いが強く伝わってきました。

「わあ、私じゃないみたい!」上野投手がちょっと恥ずかしそうに、
でも嬉しそうにご覧になっていた「上野由岐子物語」が掲載される
週刊少年マガジンは、29日(水) 発売です。どうぞお見逃しなく☆

2009年7月
« 6月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

主な書き手
本間智恵アナ
本間智恵アナ

三上大樹アナ
三上大樹アナ

月別アーカイブ