バックナンバー
#12『お試しグルメ!冒険レストラン』

今回も、思わず試したくなる、簡単!美味しい(!?)
冒険メニューが続々登場!

子供の頃から料理が好きだったという品川は、おしゃれなレストランでも出せるような「焼きそば」を、健康志向のアントキの猪木は、地元茨城を代表する名産品を使った「納豆料理」を披露!
どんな冒険メニューが飛び出すのか!? お楽しみに!

お試しシェフ:品川祐(品川庄司)、アントキの猪木

ゲスト:山田優



★シミュレーション結果

【品川祐シェフ作】
パリで食べたらこんな味?
「プリン焼きそば」
<作り方>
(1)マッシュルームとベーコンを切る
(2)マッシュルームとベーコンを炒める
(3)水の代わりにビールを入れてソバを炒める
(4)プリンを入れてよくかきまぜる
(5)粉々にした煎餅をふりかける
山田「新しい料理だな〜。おいしい!」
タカ「めっちゃうまい!クリーミーでちょうどよい甘さ!」
⇒冒険メニュー認定!

【アントキの猪木シェフ作】
砂糖入り納豆のり巻き
「砂糖・納豆・ありがとー!!」
<作り方>
(1)納豆をよくかきまぜる
(2)砂糖大さじ3杯を入れてかきまぜる
(3)納豆をのりで巻く
タカ「団子みたいな感じ。砂糖が1杯半くらいならもっといいかも」
トシ「納豆に砂糖を入れるのは冒険じゃない」
⇒冒険メニュー認定ならず!

 
『もしも超激辛ハバネロ料理を完食しなくてはいけなくなったら?』

目上の人にご馳走してもらう以上、たとえ見た目も真っ赤な
ハバネロ鍋でも残してしまっては失礼になる。
そんな時、どうすれば激辛料理を完食できるのか!?

前身番組「快感MAP」で不甲斐ない結果に終わっているタカトシに代わり、
今回は竹山と小島がシミュレーションを決行!

くじ引きの結果、チャレンジャーは辛いものがあまり
得意ではないという小島に決定!
大量の汗を流しながら、視聴者からいただいた情報をもとに
様々な手段で完食を目指す!

ゲスト:カンニング竹山、小島よしお



★シミュレーション結果

シミュレーション(1)【レモン】
小島「ゴホッ!酸っぱくて辛い!顔面がピリピリしてきた」
⇒辛味と酸味は別感覚なので、レモンに辛さを和らげる効果ナシ

シミュレーション(2)【砂糖】
小島「甘い!っていうかマジィ〜!」
⇒甘味と辛味が並行して甘辛くはなるが、おいしいとは限らない

シミュレーション(3)【マヨネーズ】
小島「おいしくはない。気持ち悪い…」
⇒マヨネーズ中のタンパク質が痛覚部分をコーティングするので辛味は若干抑制される

シミュレーション(4)【お灸でツボを突く】
小島「アチチチッ!熱くて辛い!」
⇒お灸の効果と辛味を和らげる効果は別モノ。口内の痛覚神経に作用しないと効果ナシ

シミュレーション(5)【カキ氷】
小島「アッヒャヒ〜。口の中がバカになるから辛いとかわからない」
⇒辛味は温度が低いと感じにくいので、カキ氷で冷やすのは効果アリ

シミュレーション(6)【ミラクルフルーツ】
小島「イッツ、ミラク〜ル!辛くないけど、ノドが痛い!」
⇒鍋の中の酸味成分が甘く感じられた驚きで辛味が減少したような感覚を受けたが、ミラクルフルーツに辛味抑制効果はない

シミュレーション(7)(8)【歯磨き】【とろろ】
小島「辛い!」

シミュレーション(9)【生卵】
小島「まろやかでおいしい!通常の辛さを考えたら激減!」
⇒卵の中のタンパク質が痛覚部分をコーティングするので辛味は抑制される

小島よしお、生卵で激辛ハバネロ鍋を見事完食!


★今回紹介したハバネロ鍋は…
限定裏メニューとして激辛マニアに人気
「赤ちり亭 池袋西口店」
http://www.akachiritei.com/shop_ikebukuro.html

★今回ご協力いただいたのは…
味覚研究家 日本福祉大学 
島村光治先生
http://www.taste-m.com/

 
【戻る】