STORY

第47話「赤いヒビと満足と映司の器」

 真木(神尾佑)に紫のメダルを投入されて暴走、グリードへと変貌してしまった映司(渡部秀)。
「もっと力が欲しい」。
 欲望を膨らませた映司グリードはプトティラコンボに変身し、アンク(グリード態)に襲い掛かる。そのアンクも自らの「命」が欲しい、という欲望を満たすため、炎の塊を放ちプトティラを倒そうとする。

 が、そのときアンク(グリード態)の脳裏に映司の言葉が甦った。
「ありがとう」。
 映司との出会い、そして映司と組んで戦ってきたこれまでの日々を思い起こすアンク(グリード態)。結局、アンク(グリード態)はプトティラを倒すことは出来ず、逆に激しい攻撃で変身を解除させ、映司の暴走を止める。

 しかし、そんな映司から真木はメダルを奪おうとする。
「彼はやはり消してしまいましょう」。
 とどめを刺そうとする真木を止めるアンク(三浦涼介)に、意識を混濁させながらも映司はポケットから小銭を差し出す。
「一年分のアイス、今日の分…」。
 映司はアンクとの約束を忘れていなかったのだ。アンクが真木の攻撃を止めようと炎を放つと、真木の人形に燃え移ってしまい…。

 比奈(高田里穂)は「クスクシエ」で知世子(甲斐まり恵)にすべてを打ち明けていた。知世子は映司もアンクも、そして兄の信吾(三浦涼介=二役)も助けたい、と欲張るべきだと比奈に進言。思わぬ知世子の言葉に比奈の心の中で何かが弾ける。

 映司を助けてしまった自らの行為に、一人不思議な思いをかみ締めるアンク。そこへ真木が現れ、メダルを奪われてしまう。そして、タカのメダルにはヒビが…。映司を助けたことに失望した真木は、アンクをメダルの器にする計画を中止する。
 人間に近づきすぎた、という真木の言葉と自分の行動を重ね合わせ、自嘲気味の笑いを浮かべるアンク。しかし、そんな自分の行動にアンクは満足していた…。

 コアメダルにヒビを入れられ弱っているアンクのもとに比奈がやってきた。もうすぐ信吾の体を返す、というアンクに不穏なものを感じる比奈。いったい何が…。

 鴻上会長(宇梶剛士)が傷ついた映司を自らのビルの保管庫へと収容した。後藤(君嶋麻耶)と伊達(岩永洋昭)が保管庫へと入ると、鴻上は「力が欲しい」という自らの欲望に目覚めた映司に大量のセルメダルを投入。800年前の真のオーズの復活を目論んでいた。これでは映司の体がもつはずがない。後藤と伊達は必死で映司を止めるのだが、そこへ真木が現れた…。

 映司はオーズ・プトティラコンボに変身。真木もグリードとなりメダルを奪おうとする。激しく戦う両者だったが、やはり真木のグリードの力は強大。2体のバースをも蹴散らしてしまう。それでも力が欲しい、というプトティラはグリードとなり戦おうとする。そんな映司グリードを必死で止める2体のバース。

 そのとき戦いの様子をうかがっていたウヴァ(山田悠介)に真木がバッタのメダルを挿入する。ついに完全復活したウヴァ。これまでにない強烈な力でオーズやバースたちを圧倒する。
 このままでは負けてしまう…。

 そのころアンクは比奈に自分の死期…、アンクがメダルとなって消滅してしまう可能性が高いことを示唆していた。呆然とする比奈の前でアンクは映司と合流しようとする。

 そして、映司はファウンデーションの保管庫で大量のセルメダルが欲しい、と鴻上会長に申し入れていた。映司はついに欲望を手に入れるのか?

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:小林靖子
監督:田崎竜太
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)