STORY

第45話「奇襲とプロトバースと愛の欲望」

 消失したカザリのコアメダルをアンク(三浦涼介)の目の前に並べる真木(神尾佑)。
「死んだのか」。
 カザリについてそう確認するアンクに、真木は「ただ消えただけ」と訂正しつつアンクが人間の世界になじんできたことを指摘。確かにグリードはメダルでしかないただのモノ。しかし、アンクはそれを超える存在になる、と欲望をむき出しにする。

 そのころ真木らグリードが集まる屋敷に映司(渡部秀)らが潜入していた。メダルのほとんどをグリード側に奪われ、傷ついたバースの修理にも時間がかかる…。圧倒的に不利な状況だが、そんな今だからこそ攻撃を仕掛けようという映司の提案を実行したのだった。幸いバースの試作品=プロトタイプも発見された。映司の積極案に同意した後藤(君嶋麻耶)、里中(有末麻祐子)も屋敷に潜入してワナを仕掛けて…。

 屋敷内に閃光弾が打ち込まれ、さすがのグリードたちも突然の攻撃に大慌て。ウヴァ、メズール、ガメルが外へ飛び出すと、入れ違うように映司が屋敷内に入ってきた。メダルをめぐって対峙する映司とアンク。アンクはカザリが遺したメダルを体内に投入、信吾(三浦涼介)の体ごとメダルの器になると吐き捨てる

 映司とアンクが争う中、突如現れた真木は例によって映司から紫のメダルを奪おうとする。途端に苦しみ始める映司だが、すぐに波動を放って逆襲。メダルの扱いに慣れてきたと勝ち誇る。しかし、真木はそんな映司らの目の前で恐竜グリードに変身。敵味方をも吹き飛ばすような力を見せ付ける。

 映司から奪ったコアメダルをアンクに手渡す真木。これでコアメダルの半分以上がアンクのものに。が、そんなやりとりをウヴァ、メズール、ガメルに見つかってしまった。完全復活を狙う3体はメダルを寄こせ、と迫るが、アンクを“器”にする計画を進める真木はメダルを素直に返す気などさらさらない。しかし、コアメダルに固執するグリードたちに嫌気がさしたアンクは、自ら持っているコアメダルをばら撒きグリードたちに与えてしまう。そのメダルをかき集めたグリードたち、そしてメズールが完全復活する。

 激しい水流となって街中を飛び回るメズールは、次々と母子たちを水流に巻き込むようにして誘拐。卵の中に奪ってきた母子たちを入れるといとおしむように抱きしめる。しかし、グリードが満足することはない。まだ、愛情が足りないと再び立ち上がったメズールは…。

 そんなメズールのアジトを突き止めた映司とアンクは、オーズとバースプロトタイプに変身。ラトラーターコンボのオーズは得意の攻撃を放つものの、完全復活したメズールはびくともしない。さらにエスカレートするメズールの攻撃にバースプロトタイプも動けなくなってしまう。
 追い詰められたオーズは、とっさの判断でトラカンドロイドを展開。バイクをトライドベンダーへと変形させ、オーズはトライドベンダーに乗りながら動きの速いメズールを攻撃。紫の波動で足元を凍らせると、ガブリューを一気に叩き込みコアメダルを破壊する。

 カザリのように倒れこむとセルメダルとなって消え失せるメズール。駆けつけたガメル(松本博之)は、ショッキングなメズールの最期に悲痛な叫びをあげる。
「メズール!」。
 そのガメルの叫びとともに巻き起こった衝撃波に吹き飛ばされるオーズとバースプロトタイプ。それでもガメルの悲しみは収まらず、周囲をパニックに巻き込みながらも咆哮し続けるのだった…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:小林靖子
監督:諸田敏
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)