STORY

第44話「全員集合と完全復活と君の欲」

 森の中。人形と食事をともにする真木(神尾佑)は、アンク(三浦涼介)の言葉を改めて思い起こしていた。
「俺はどうしても完全で確かな存在が欲しい…」。
 そんなアンクをメダルの器に…。真木はその実現に踏み込もうとしていた…。

 そのころ主のいない真木の屋敷ではアンクとウヴァ(山田悠介)が、カザリ(橋本汰斗)、メズール(未来穂香)、ガメル(松本博之)に共闘を持ちかけていた。
 コアメダルを破壊するまでの力を持ったオーズに対抗するには力を合わせるしかない。狙いはオーズとオーズが持つコアメダル…。
 互いに疑心暗鬼になるグリードたちだが、アンクの言うことももっともだ。メズールらはアンクの申し出を受け入れるが、グリードたちをまとめてきたと自負するカザリは気に入らない。アンク、ウヴァに立ち向かっていくが、メズールが3人の間に割って入り、なんとかその場は収まる。

 一見、アンクの申し出を受け入れたかに見えるカザリだが、ガメルを使ってある策を実行に移そうとして…。

 映司(渡部秀)がグリードになることを防ぐことはできないのか。映司、後藤(君嶋麻耶)、比奈(高田里穂)の3人は、鴻上会長(宇梶剛士)からコアメダルの秘密を聞き、映司をグリード化することから救い出す方法を聞き出す。
「難しくもあり、簡単でもある」。
 そういう鴻上が授けた策とは…。

 他人に対してではなく、自分の欲望を持つこと。それが紫のメダルの暴走を止める。
 鴻上が授けてくれた策を実行しようと、ひたすら遊びまくる映司と後藤、そして比奈。しかし、それが映司の欲望とはとても思えない。肩を落とす比奈に、映司はみんなが一緒にいてくれたことがうれしいと笑顔を見せる。

 そんな3人の前にアンクを含めた5体のグリードが現れた。今や完全に敵と味方に分かれてしまった映司とアンク。アンクは情け容赦なく炎を放ち、映司らが乗っていた車を破壊する。

 映司はオーズに、後藤はバースに変身。グリードを分散させて戦え、と指示する後藤だが、思うようにオーズは自分たちのペースに持ち込めない。
 そこへアンクが再び炎を放った。変身を解除、メダルを落としてしまう映司。すかさずそのメダルを奪おうとするアンクだが、一瞬速く比奈が奪ってしまった。
「死にたくなかったらメダルを渡せ」と迫るアンクに、仲間だったころのことを思い出してもらおうとする比奈。
「俺はグリードなんだよ!」。
 すべてを振り払うかのようにわめき散らすアンクに、比奈も映司と兄を守ると堅くメダルを握りしめる。

 アンクがそんな比奈を攻撃しようとした瞬間、映司はアンクに体当たり。比奈は危機を脱出、映司は比奈からメダルを受け取りオーズに変身しようとするが、ガメルが自爆するように大量のセルメダルを放出した。カザリに、アンクがメズールを連れ去ろうとしていると吹き込まれたガメルが暴走した結果だった。
 思わぬ攻撃に変身も出来ず、コアメダルをカザリに奪われた映司。ついにカザリは完全体へと成長する。
 圧倒的なパワーになすすべもない映司、そしてバース。それでもバースは自らを犠牲にするかのようにカザリに攻撃を仕掛け、映司に変身を促す。
 映司はプトティラコンボに変身、バースのサポートを受け、カザリの中にあるライオンのメダルを破壊する。
 傷ついたカザリはそのまま逃走。変身を解除した映司と後藤は傷だらけになりながらもアンクと視線を交わす。そのアンクの真意とは…?

 セルメダルをまき散らしながら歩くカザリ。出会った真木に助けを求めるが、真木はすでにカザリを見限っていた。真木はグリードに変身、カザリからコアメダルを奪っていく。
 ついにとどめを刺されたカザリ。雑踏の中をさまよい、ついには消失してしまう。
 その道のうえには大量のセルメダルが転がり、ライオンのコアメダルが弾け散った…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:小林靖子
監督:柴崎貴行
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)