STORY

第41話「兄妹と救出と映司去る」

 ついにアンク(ロスト)に吸収されてしまったアンク(三浦涼介)。
「これで僕は僕になる…」。
 アンク(ロスト)は勝ち誇ったように両翼を広げるが、どこか様子がおかしい。そのとき映司(渡部秀)は比奈(高田里穂)が何かを握りしめていることに気付く。途端に攻撃を仕掛けてくるアンク(ロスト)。

 必死で逃げてきた映司が比奈の手もとを確認すると、そこにはタカのコアメダルが。どうやら吸収される寸前、アンクが比奈に託したらしい。そのメダルを手に入れて完全体になろうと再びアンク(ロスト)が2人の前に立ちふさがった。
 今、変身できるとしたら…。
 映司はオーズのプトティラコンボに変身。わずかに感じるアンクの気配を確認しながらアンク(ロスト)に攻撃を仕掛けていく。
 が、プトティラの攻撃を余裕をもって跳ね返すアンク(ロスト)。追い詰められるプトティラだが、突然アンク(ロスト)が右腕に異変を感じる。どうやらまだアンクの右腕を自在に操ることができないらしい。プトティラに強烈な一撃を加えて逃げ去るアンク(ロスト)。変身を解除した映司はアンクを救出するため、タカカンドロイドを放ちアンク(ロスト)を追う。

「クスクシエ」に戻った映司と比奈の前に、アンクから解き放たれた比奈の兄・信吾(三浦涼介=二役)が現れた。久々の再会に喜ぶ比奈、そして信吾。
 その信吾から映司はアンクが持っていたメダルホルダーを渡される。アンクは吸収される直前、とっさにメダルホルダーを隠したという。アンクに体を奪われていた間のことも記憶に残っているという信吾は、アンクに代わって映司とともに戦いに参加したいという。

 さっそく信吾にメダルを投げてもらい、オーズに変身する練習を開始する映司。が、なかなかキャッチするタイミングがつかめず右往左往。見つめる比奈もハラハラするが、状況によってのメダルの使い分けは心得ているようだ。

 練習を終え、比奈のマンションで食事をする3人。映司の目の前にいる兄妹はアンクが現れる前の時間を取り戻し幸せそうだ。そんな2人をあえて危険な戦いに巻き込む必要はない。密かに映司は一人で戦う決意を固める。
 そんな映司をいぶかる比奈。映司はごまかそうと比奈の料理を口にするのだが、どこか様子がおかしい。それでもおいしいと笑う映司だが…。

 比奈のマンションを出て一人歩く映司は、改めて一人でアンクを助けるために戦うことを誓う。そして、ついにアンク(ロスト)の居場所が…。

 翌朝、一人戦いの場へと向かう映司の前に後藤(君嶋麻耶)が現れた。どうやらカンドロイドを使って一部始終を見ていたらしい。グリードのアンクを助ける戦いに後藤を巻き込むわけにはいかない、という映司に、後藤は自分はお前を助ける、と映司とともにアンクのもとへと向かう。

 そんな映司と後藤の前に、真木(神尾佑)が氷から作り出したアンキロサウルスヤミーが立ちふさがった。映司はオーズに、後藤はバースに変身。2人の攻撃に圧倒されるヤミーだったが、反転攻勢に。オーズはメダルを交換しようとするが、何を選んでいいのかわからない。そこへヤミーの攻撃を浴びてしまい、オーズは変身を解除。一気に窮地に追い込まれてしまう。

 しかし、バースがキャタピラレッグを使ってアンキロサウルスヤミーに体当たり。その隙に映司はアンク救出へと向かう。
 そんな映司の前に今度は真木が現れた。
「君の中のメダルの話をしましょう」。
 映司の行く手を遮った真木は、映司の体の中にあるメダルを奪おうと目を紫色に光らせて…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:小林靖子
監督:舞原賢三
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)