STORY

第38話「事情と別れと涙のバース」

 伊達(岩永洋昭)の合流で勢いづく真木(神尾佑)らグリード陣営。オーズ、アンク(三浦涼介)に攻撃を仕掛けると、たちまち窮地へと追い込んでいく。伊達の裏切りにショックを受けながらも後藤(君嶋麻耶)はライドベンダーを利用して変身を解除した映司(渡部秀)らを救出。なんとかその場から撤収する。

 それにしてもなぜ伊達はグリードの側へと寝返ったのか。伊達は恵まれない国や地域のために医療学校を作る資金として1億円を手に入れようとしているようだが、自分の身体のことを考え焦っているのかも。1億円さえ集めれば伊達は戻ってくる。そう考えた後藤は鴻上会長(宇梶剛士)から1億円を前借りしようとするのだが、後藤に割り当てられた限度額はとても1億円に届かず…。

 真木と2人きりになった伊達は世界を終わらせようとする真木をそれとなく止めようとするが、真木は伊達の話を聞こうともしない。
「俺は結構好きだったよ、あんたも、人形も」。
 そういう伊達に真木は2人だけでオーズに攻撃を仕掛けると告げる。かつてはオーズとともに戦っていた2人。伊達は複雑な表情で真木の提案を受け入れる。

 真木が映司の体内のメダルに再び働きかけた。異変を察知した映司はアンクとともに真木、そして伊達の前へ。映司の体内にある紫のメダルを奪うため、伊達はバースへと変身しようとするが、そこへ後藤が駆けつけた。
 そんな後藤に1億は自分を治す手術代、自分は欲望まみれと言い放つ伊達。後藤は伊達にバースバスターを構えつつ、自分がバースを引き継ぎ伊達の命を守ると宣言する。

 伊達はバースに変身。バスターを構える後藤と対峙するが、突如バースはバスターを真木へと向ける。実は伊達は、鴻上会長の「真木をグリードにするな」という命令を受けてグリード側へと寝返ったフリをしていただけだった。
 が、いざとなるとバスターの引き金を引けないバース。真木はそんなバースを前に、バースに装備されていた自爆装置のスイッチを押してしまう。
 思わず目を閉じる伊達。しかし、自爆装置は後藤によって取り外されていた。

 危機を脱したバースはためらいを捨てバスターを真木へ放つが、飛び出してきたカザリ、メズール、ガメルによって阻止されてしまう。「2人だけ」というのは真木の戦略。バース=伊達の裏切りを予想し、密かにグリードたちを同行させていた。
 裏切り者であるバースにカザリらは一斉に攻撃。バースは変身を解除、深く傷ついた伊達は倒れこんでしまう。

 駆け寄る後藤に「自分を信じろ」という言葉を残すとゆっくりと目を閉じる伊達。悲しみの中、立ち上がった後藤はついにバースへと変身。すべての武器を装着すると、オーズを攻め立てるグリードに向けて強烈な一撃を放つ。
 バースの恐るべきパワーに圧倒されるグリードたち。それでも突如現れたアンク(ロスト)(飛田光里)によってその場から逃走する。

 命を落としたか、と思われた伊達だったが実は無事。鴻上会長から危険手当や後藤を育てた報酬5000万円を受け取ると、先に真木から前金として受け取っていた5000万円を合わせて1億円を達成。伊達はその1億円を手に海外で手術を受けるため旅立っていく。
 伊達を見送る映司、アンク、そして比奈(高田里穂)。しかし、その中に後藤の姿はなかった。
「見送りませんよ、俺は。絶対、生きてまた…」。
 一人バスターを撃ちながら、バースを引き継いだ後藤は伊達との再会を誓っていた。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:小林靖子
監督:諸田敏
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)