STORY

第34話「親友と利用とその関係」

 フクロウヤミーに連れ去られた伊達(岩永洋昭)と後藤(君嶋麻耶)を必死で探す映司(渡部秀)をよそに、アンク(三浦涼介)は自分をワナにかけたヤミーの親・北村(中山卓也)に迫る。
「お前の欲望はなんだ?」。
 映司にすべてをバラすと脅された北村は、映司に頼られたかっただけだと白状する。比奈(高田里穂)を拉致したのも、自分が見つけ出して映司に感謝されたかったから。
 そこへ映司がやってくるが、アンクは北村との約束を破り、映司に北村のことをすべて話してしまう。さすがに驚きを隠せない映司だが、比奈に対しては、自分と北村が仕組んだいたずらととっさに北村を庇う。

 そんな映司の気持ちが理解できないアンクだが、レジャーランドのどこかにいる伊達らを見つけるには北村の協力が必要だ。映司は北村が植物園に思い入れがあることを聞き出し、レジャーランド内の植物園へと向かう。

 伊達と後藤は植物園に捕われていた。救い出そうとする映司だが、そこへフクロウヤミーが。アンクからメダルを受け取った映司はオーズに変身。サウバで戦うオーズにバースも合流。しかし、カザリも参戦しオーズは逆に追い詰められる。
 そんな戦いを目の当たりにしながら、アンクが映司にとって危険な存在、というカザリの言葉を思い出す北村。その思いがフクロウヤミーの攻撃をアンクへと向かわせる。さらにカザリもアンクへ攻撃を。なんとか攻撃から逃れていたアンクだったが、フクロウヤミーに捕まり連れ去られてしまう。

 カザリの狙いがアンクだとわかった。このままではアンクが危ない。映司らは北村の制止を振り切り、アンク救出へと向かう。
 そんな映司に北村も仕方なく協力。北村はアンクを探す車中で、高校時代の映司のお節介がイヤでたまらなかったと本音を吐露する。映司もそんな北村に世界を変えられると思っていながらできなかった、と改めて謝罪する。そしてアンクとの関係を「誰かを助ける力が欲しいから失いたくない」と説明。北村も微妙な2人の関係に納得して…。

 身動きのできないアンクの前にアンク(ロスト)(飛田光里)が現れた。このままではアンクの力が奪いとられてしまう。
 そこへ映司がやってきた。映司は自らの力で紫のメダルを呼び出すと、プトティラコンボへと変身。アンク(ロスト)、カザリをあっさり吹き飛ばし、フクロウヤミーの不意をついた攻撃をも跳ね返し、強大なパワーを発揮する。カザリとアンク(ロスト)はさっさと逃走、フクロウヤミーはプトティラの必殺技に撃破された。

 なおも暴走するプトティラだったが、アンクは「自分の完全復活のためにはお前の力が必要だ」と自らの思いを込めてプトティラの攻撃を受け止めると変身解除へ。映司はアンクの腕の中へ倒れ込みながら、「お前なら止められると思った」とつぶやく。
 その奇妙な信頼関係に北村は言葉もなく…。

「クスクシエ」に戻った映司ら一行。そんな彼らを待ち受けていたのは団体客の予約だった。にぎやかに準備にとりかかる映司たち。そして、手伝おうともしないアンク。「クスクシエ」はいつもの活気を取り戻して…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:毛利亘宏
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)