STORY

第33話「友情と暴走と残されたベルト」

 カザリ(橋本汰斗)が見守る中、プテラノドンヤミーと戦うバース。駆けつけた映司(渡部秀)はアンク(三浦涼介)からメダルを受け取るとオーズに変身。タトバコンボでバースとともにヤミーを追い詰めていくが、そんな様子を見ながらアンクは「紫のメダルの力を借りれば俺の体を取り戻せるかも」と妙な思惑に囚われる。
 やがてヤミーの攻撃に変身を解除してしまった映司の中から、アンクの思惑通り紫のメダルが。アンクは必死でメダルをキャッチするが、メダルのパワーで弾かれてしまい、プトティラコンボへの変身を許してしまう。オーズ プトティラコンボはヤミーをあっさりと撃破、前回同様暴走するが、後藤(君嶋麻耶)の機転でその矛先をカザリに向けることに成功。バースも危機を脱する。

「クスクシエ」に戻った映司のもとに、高校時代の友人・北村(中山卓也)からレジャーランドのチケットが贈られてきた。さっそく映司は比奈(高田里穂)、伊達、後藤、そしてアンクとともにレジャーランドを訪ねる。高校生のときは引きこもりで映司にノートを届けてもらっていた北村も今では若手ネットベンチャー社長として大成功。レジャーランドのオーナーにまで登り詰めていた。
 懐かしい友との再会を喜びつつ、レジャーランドでアトラクションを満喫する映司一行。しかし、そんな様子をカザリとアンク(ロスト)(飛田光里)が見つめていて…。

 比奈が突然姿を消してしまった。何者かに拉致されたのか?映司らは手分けして比奈を探すが、そんな様子を北村は双眼鏡で観察。映司らの動きに満足し、自らも行動を起こそうとするが、そこへ現れたアンク(ロスト)にメダルを投げ込まれ白ヤミーが生み出されてしまう。恐れおののく北村にカザリが甘い言葉で近づいて…。

 白ヤミーと遭遇した伊達はバースに変身。あっという間に白ヤミーを追い詰めていくが、北村が映司への協力を申し出たことでヤミーはフクロウヤミーに。形勢逆転したフクロウヤミーは伊達に黒い帯状のものを放出、体に巻きつけ動きを封じるとどこかへとさらっていってしまう。

 北村と比奈を探していた映司は、タカカンドロイドに呼び出されアンク、後藤と合流。ヤミーを追うというアンクに逆らい、映司は比奈を見つけることを優先。2人はバラバラに行動する。
 そんなアンクの前に北村が現れた。
「映司の前から消えてくれないか」。
 そう言う北村がフクロウヤミーの親であることを見抜いたアンクだが、北村のワナにかかり網で捕らえられてしまう。

 北村の思惑など知る由もない映司は北村に導かれ比奈を発見。が、そこへフクロウヤミーが現れた。ヤミーが「人の欲望から生まれた怪物」であることを知らされ、愕然とする北村。駆けつけた後藤とともにヤミーに立ち向かう映司だが、アンクがいないことにはオーズに変身することもできない。

 追い詰められた映司は意を決してプトティラコンボに変身しようとするが、暴走したら止められないと後藤に制止される。映司はそんな後藤に「バースになれば…」と進言するが、当の後藤はまだバースに変身する自信がない。仕方なくプテラカンドロイドで映司をサポートしたものの、逆に攻撃され伊達同様、黒い帯状のもので体の自由を奪われてしまう。

 そこへワナからの脱出に成功したアンクが合流、映司はオーズ サゴーゾコンボに変身する。サゴーゾの圧倒的なパワーでフクロウヤミーを追い詰めるが、ヤミーは後藤を盾に逃走してしまう。
 オーズは変身を解除。そこへ比奈と北村がやってきた。比奈が助かったのは北村のおかげ、と礼を言う映司だが、アンクの鋭い視線に北村は震撼する。
 そして、アンク(ロスト)とともに様子をうかがうカザリは不気味な言葉とともにほくそ笑む。
「アンク、次に消えるのは君だよ」。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:毛利亘宏
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)