STORY

第28話「1000と仮面ライダーと誕生日」

 元ショッカー戦闘員・千堂(村杉蝉之介)の「仮面ライダーを倒す」という欲望から生み出されたイカジャガーヤミー。さらに3人の戦闘員を追加、打倒仮面ライダーへ自信をみなぎらせるが、カザリ(橋本汰斗)は弱そうな戦闘員に失望気味。そんなカザリにも千堂はショッカーであることに胸を張る。

 ヤミーの攻撃に深い傷を負いながらも伊達(岩永洋昭)は映画の撮影を続行。千堂が連れてきた戦闘員も加わり、ラストシーンの撮影が行われる。が、比奈(高田里穂)に思い切り抱きつかれた映司(渡部秀)はサバ折り状態になりカット。オーズと戦闘員扮する警官、アンク(三浦涼介)、後藤(君嶋麻耶)扮する特殊部隊との戦闘シーンも今一つ迫力を欠き撮り直しとなってしまう。

 テイク2がスタート。が、ショッカー戦闘員扮する警官たちは意外なパワーでオーズを圧倒、さらに特殊部隊の後藤が放った銃からは本物の弾が。まさか本物の銃とは…。後藤もショックを受けるが、怒ったアンクに「そこらで石にでもなってろ!」と言われ、さらに傷ついてしまう。

 その間にも千堂はオーズに本気で攻撃を。戸惑うオーズだったが、そこへ千堂の欲望から生まれたワームやデストロン、クライシスといった戦闘員たちが一斉に襲いかかった。訳がわからないままに必死で反撃するオーズだが、多勢に無勢。アンクはオーズにメダルを投げ、オーズはタジャドルに変身。一発で戦闘員たちを粉砕する。
 飛び散るメダルに戦闘員たちがヤミーであることを初めて知った千堂は大ショック。カザリに利用されていたことを知り、怒りに唇をかむ。

 一方、オーズは突如現れたイカジャガーヤミーの攻撃に圧倒される。伊達もバースに変身、カザリに立ち向かうが、傷が癒えていない体では相手にならない。しかし、オーズは比奈の投げた巨大な岩に救われ、バースも「石」と言われた後藤の石頭に救われ形勢を逆転する。
 さらに「ライダーをショッカーでもないヤツに倒されてなるか」と千堂もオーズの助太刀を。

 その間にバースは鴻上(宇梶剛士)の命令でメダル1000枚を使い、すべての武器を合体させたサソリ型のメカを完成。カザリを圧倒する。
 さらに川へと逃げたイカジャガーヤミーを、シャウタに変身したオーズはサソリメカを借りて追走。驚異的な一撃でイカジャガーを粉砕する。

 オーズの勝利を祝福する元ショッカー戦闘員の千堂。
「いつか戦闘員がライダーを越えるまで負けるな」。
 千堂のそんな言葉に2人はライバルとしての友情を確かめ合う。
 そんな2人をバックに映画のエンドロールが流れて…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:米村正二
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)