STORY

第25話「ボクサーと左手と鳥ヤミー」

 コアメダルが増えたのに、なぜ腕だけしか復活しないのか?映司(渡部秀)はアンク(三浦涼介)を問い詰めるが、相変わらずアンクは答えようとしない。いったいアンクの体に何が起きているのか…?

「クスクシエ」で引退するボクサー、岡村(福井博章)を励ます会が開かれた。左手を痛めたためというが、どうやらパンチドランカーになりかけているらしい。ふらつく岡村を見た後藤(君嶋麻耶)は、鋭く指摘する。

 励ます会の帰り道、そんな岡村にチャンピオンの武田(夛留見啓助)が対戦を迫った。武田の望みどおり、まだボクシングは続けたい。でも、この体では…。思わず左手を見つめ唇を噛む岡村。そんな岡村の後頭部に何者かがメダルを投入、すぐさま現れた白ヤミーは岡村の後輩ボクサーの左手に襲いかかり、そのパワーを奪うと岡村の左手に注入する。
「もう一度、リングに立つ…」。

 伊達(岩永洋昭)から後藤へヤミー出現の連絡が入った。映司があわててアンクが寝ている部屋へ駆け込むと、もぬけの殻。どうやら先に一人で現場へ急行したらしい。それにしてもなぜ…?
 映司は伊達らと白ヤミーが暴れる現場へ。アンクからメダルを受け取るとオーズに変身。と、そのとき白ヤミーが成長。オウムヤミーとなった。
 鳥のヤミー?ということは、アンクの…!?
 疑問を抱えつつも戦うオーズとバースだが、オウムヤミーの火炎攻撃に苦戦をしいられる。やがてオウムヤミーは岡村を抱え込んで逃走。
 後藤はオウムヤミーがアンクが作ったものと決めつけ、激しくアンクを責める。が、アンクは何も答えず、鼻で笑うだけ。映司の2人の間に割って入り、今は岡村を救出することが先決、と訴える。

 次々とボクサーを襲っては左手の力を吸い取っていくオウムヤミー。やはり岡村のケガを治して、リングにあげることが目的らしい。
 そんなオウムヤミーのおかげで左手が回復していく岡村だが、他のボクサーを犠牲にすることなど本意ではない。しかし、再びリングに上がるという誘惑に惑わされ…。

 オウムヤミーが次々とボクサーを襲っているにも関わらず、アンクは映司には告げず単独で行動。やはりオウムヤミーはアンクが作り出したものなのか?
 オウムヤミーが現れた現場に駆けつけた映司は、アンクからメダルを受け取る。それはタジャドルのメダル、つまりアンクのコアメダルだ。
 映司は言われるままにタジャドル コンボに。しかし、タジャドルもオウムヤミーも炎の攻撃を得意としているだけに、オーズも攻め手を欠いてしまう。
「あいつ、わざと戦いにくいメダルを火野に…」。
 後藤がアンクへの疑いの色を濃くしたそのとき、オーズの攻撃が限界に。まともにオウムヤミーの攻撃を受けてしまう。

 バースの機転でなんとかその場から逃げることに成功したオーズたち。バースの攻撃すら邪魔をするアンクは「今あいつを倒されたら困る」とつぶやく。
 それはアンクのヤミーだからか、それとも…。
 傷ついたオーズは悲痛な叫びをあげる。
「アンク、アンクーッ!」。

 

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:小林靖子
監督:柴崎貴行
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)