STORY

第21話「バッタと親子と正義の味方」

 バレンタインデーのイベントに備えて、知世子(甲斐まり恵)と買い出しに出かけた映司(渡部秀)、比奈(高田里穂)、後藤(君嶋麻耶)。荷物を抱えて帰る途中、大人に突き飛ばされている少年を助けることに。訳を聞くと、少年は空き缶を投げ捨てた大人に注意し、逆に怒りを買ってしまったらしい。
 と、そこへ少年の父親・神林(伊嵜充則)がやってきた。神林はなんと知世子の大学時代の後輩。久々の再会を喜ぶ知世子は、神林父子を店へと誘うが、なぜか神林は逃げるように息子の隆(中西龍雅)を連れて去っていく。

 悪い奴を許してはダメだ、と隆に言い聞かせてきた神林だが、暴力を振るう大人もいる。
「二度とあんなことをしてはダメだ」。
 言い聞かせる神林に不満な隆は、いつ帰ってくるの?と逆に質問する。
 司法試験になかなか合格しない神林は、「受かるまで帰らない」と妻と隆を残して家を出ていたのだった。隆の厳しい問いかけに自信がない神林は「帰れない」と答えるしかない。そんな父に怒った隆は「もう帰ってくるな!」と吐き捨てると走り去ってしまう。

 一人残された神林は、荒んだ心を汚れきった周囲の風景にぶつける。
「ひでぇ落書き。世の中悪い奴でいっぱいだ」。
 そんな神林にウヴァ(山田悠介)が近づいた。
「欲望を解放しろ」。
 メダルを挿入された神林から白ヤミーが現れて…。

 チョコレートの材料を買い足すため、アンク(三浦涼介)と「クスクシエ」を出た映司は、コアメダルを手に入れながらも姿が変わらない訳を直接問いただす。
 アンクが何事か答えようとしたそのとき、ヤミー出現を察知。話を途中で切り上げ、2人は現場へ急行する。

 バッタヤミーがいる現場では神林が傷ついて倒れている。映司はオーズに変身するが、バッタヤミーはひったくりから取り返したバッグを女性に返している。バッタヤミーは神林の「悪い奴をやっつける」という欲望から生まれたものだった。オーズはそんなヤミーに驚きながらも向かっていこうとするが、逃げられてしまい…。

 バースバスターをまともに撃てるようになるためにも鍛えなければ…。後藤が一人トレーニングしていると、昼間見かけた隆と出会う。悪い奴を注意したのに叱られた、とこぼす隆から「僕、間違ってないよね?」と聞かれる後藤。しかし、今の後藤にはうまく答えられない…。

 バッタヤミーに悪を退治する力があることを悟った神林は、周囲も気にせず大音量で音楽を聴いている若者たちに堂々と注意を。多勢に無勢、あっと言う間に若者たちに囲まれる神林だったが、バッタヤミーがそんな若者たちに襲いかかった。
「俺は力を手に入れたんだ」。
 興奮する神林だったが、そこへ映司とアンクが。映司はオーズに変身、最初はバッタヤミーの速い動きに困惑するが、クジャクのメダルで形勢逆転。さらに伊達(岩永洋昭)もバースに変身して合流。ウヴァも戦いに加わるが、オーズはタジャスピナーにコアメダルをはめ込み、バッタヤミーにとどめを刺そうとする。

 が、そのとき、神林がバッタヤミーを庇うように立ちはだかった。
「こいつの力を使って、この腐った世の中を少しでも良くしたいんだ!」。
 そんな父の姿に隆も「がんばれ」と大興奮。オーズは茫然と立ちつくし…。


  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:毛利亘宏
監督:田崎竜太
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)