STORY

第13話「シャム猫とストレスと天才外科医」

「クスクシエ」はテキサスフェア。知世子(甲斐まり恵)はカウボーイに扮して、例によって大はしゃぎだ。その調子でアンク(三浦涼介)にも扮装してみない、とちょっかいを。部屋を追い出されたくないせいか、必死で我慢するアンクだが、部屋に戻ると映司(渡部秀)を前にキレまくる。
「なぜ俺のコアメダルは1枚もないんだ!」。
 言われてみれば、鳥系のメダルはタカの2枚しかない。いったいどこにあるのか?

 そのころ“天才外科医”と評判の女医ケイ(松永京子)は、手術できない苛立ちを募らせていた。自分の担当の患者まで、なぜ他の医師が執刀を?院長(浜田晃)に詰め寄るケイだが、ただ「適任者を選ぶ」と言うだけ。納得がいかず、手術をしたいという欲望を露にするケイ。そんなケイにカザリ(橋本汰斗)がメダルを投げ込んで…。

 ヤミーに取り憑かれたケイは深夜の病院で次々と手術を。ヤミー出現をかぎつけたアンクは映司を連れて病院へ急行する。
 そのころ、鴻上生体研究所の真木(神尾佑)とカザリは、研究室でなにやら話し合っていた。オーズが集め、鴻上のもとにやってくるセルメダルを真木から受け取る約束を取り付けたカザリ。一方、真木はメダルを集中させる器をオーズにするのか、グリードにするのか、もしくは…、を決めるため、カザリを観察するという。互いの利害が一致した2人。そんな真木の手元には新たなベルトが…。

 突如、現れた屑ヤミーを軽く蹴散らしたオーズとアンク。その屑ヤミーはウヴァ(山田悠介)が仕掛けたものだった。何やら思惑があるようだが…。

 ヤミーに取り憑かれたケイは、その鮮やかな手術でさらに評判を呼び、病院は患者が詰めかける大騒ぎに。映司らはかつて信吾がこの病院にかかったことを理由に、アンクを患者に仕立てるとまんまと病院内に忍び込む。
 さっそく映司が病院内を捜索すると、ケイが院長に襲いかかろうとしていた。その手先はなんとメスに変形し、完全にヤミーに取り憑かれている。そんなケイを病院の外へと誘い出した映司は、アンクに報告するが、やはり患者となって潜入した後藤(君嶋麻耶)と鉢合わせ。2人がぶつかり合うとアンクは信吾の体から離れてしまう。

 映司の前でケイから離れた白ヤミーがシャム猫ヤミーに成長した。ようやく飛んで来たアンクからメダルを受け取り、映司はオーズに変身。タトバからサゴーゾへとフォームチェンジする。
 強力なコンボでシャム猫ヤミーを圧倒するオーズ。いよいよとどめ、というところで、シャム猫ヤミーは再びケイの体へと入ってしまった。

 あと一歩のところでヤミーを取り逃がしてしまった映司に、アンクの怒りが爆発。
「何もかも、もうウンザリなんだよ!」。
 捨て台詞を残し、どこかへ飛び去ってしまうアンク。

 そのころ病院では、アンクを失った信吾が命の危機に陥っていた…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:小林靖子
監督:石田秀範
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)