STORY

第11話「旅人とアゲハ蝶と有名人」

 映司(渡部秀)が旅の途中のバンコクで世話になったという筑波(阿部進之介)が、フラリと「クスクシエ」にやってきた。世界放浪の旅から帰国した筑波、旅を切り上げ、これからは自らの旅を一冊の本にまとめる、という次の夢に向かうという。
 が、出版社からは文章力がないと門前払い。旅ブログで人気の澤田幸太郎(杉崎真宏)なみに面白いものを書かなければ、本など出せないらしい。

 映司や比奈(高田里穂)の前では「これしきのことで諦めない」と明るく言い放ったものの、一人になった筑波は出版社への怒りを露に。さらに澤田の人気をねたみ、自分も絶対に有名になると欲望をみなぎらせる。
 そんな筑波にグリードのウヴァが目をつけた。背後から忍び寄り、メダルを筑波に挿入。たちまち白ヤミーが生まれてしまう。人間体となったウヴァ(山田悠介)は、筑波から澤田ぐらい文章力がついてラジオに出られれば…、とその欲望を聞き取る。

 そんな言葉に呼応するように白ヤミーは澤田を襲い、その文章力を吸収。アゲハヤミーとなると、リンプンを飛ばし、筑波に文章力を与えてやる。何も知らない筑波は「すげ〜書けるぞ」と自らのブログを更新して…。

 アゲハヤミー出現を知った映司はアンク(三浦涼介)と合流、オーズに変身してアゲハヤミーと戦うが、あっけなく空へと逃げられてしまう。
「逃がしたのか?」と責める後藤(君嶋麻耶)に「飛ぶのは反則でしょ」と悪びれない映司。後藤はそんな映司の態度が気に入らない。目の前の困っている人を助けたい、という映司に対して、俺は世界を救うと言い放つ。
 しかし、鴻上会長(宇梶剛士)はそんな後藤の苛立ちを知ってか知らずか、新たなカンドロイドをオーズに届けろ、と無神経な指示を出す。後藤はさらに苛立ちを募らせて…。

 筑波がラジオに出演、ブログのランキングが2位になるなど活躍が始まった。そんな筑波の次のターゲットはブログランキング1位の漫才コンビ。筑波はその漫才コンビなみにしゃべりがうまくなれば、とまたしても人間体のウヴァに望みを告げてしまう。

 アゲハヤミーが漫才コンビに襲いかかり、筑波にしゃべりの才能を与えてしまった。途端に大阪弁でしゃべりに対する自信をみなぎらせる筑波。まんまと旅のショーに出演することになる。
 連絡を受けた知世子(甲斐まり恵)は比奈に見に行くよう勧めて…。

 映司はアンクとともにアゲハヤミーのもとへ急行するが、途中でガメルに邪魔されてしまう。タカトラーターのスピードでガメルを翻弄するが、戦いに巻き込まれたアンクからメズールのコアメダルがこぼれてしまいガメルの手に。アンクは奪い返せとオーズに指示するが、今はヤミーが先、とオーズはチーターの足で駆け去ってしまう。

 そのころ、後藤は武器を手にアゲハヤミーに戦いを挑む。が、やがて一方的にやられてしまい、ボロボロにされてしまう。そんな様子を見ていた真木(神尾佑)は、所詮人間はこの程度と嘲笑を浮かべる。

 筑波のリハーサルを観ていた比奈は、筑波が大阪弁になっていることに首をかしげる。と、そこへ人間体のウヴァが。あれは…。正体を見破った比奈に本性を現したウヴァがゆっくりと迫っていく…。

 後藤を攻撃するアゲハヤミーの間に割って入ったオーズはタカキリーターとなり、アゲハヤミーを追いつめると必殺技を。しかし、後藤が撃ったバズーカ弾がオーズに当たってしまい…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:米村正二
監督:金田治
(ジャパンアクションエンタープライズ)
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)