STORY

第8話「サボりと無欲と休憩中」

 ウヴァの攻撃にたまらずコアメダルを吐き出すアンク(三浦涼介)だったが、それは身を隠すための作戦。メダルに気を取られたウヴァはアンクを見つけることが出来ず、その場を去っていく。なんとか逃れることに成功したアンクだったが…。

 武(渋川清彦)と桃子(安藤玉恵)の夫婦ゲンカを止めようとする映司(渡部秀)だが、元は腕のいいカメラマンだったが賞をもらうなど成功したおかげですっかり働かなくなった、と桃子から事情を聞かされる。「欲も何もなくなった感じ」と肩を落とす桃子に、映司は「そんなに簡単に人の欲はなくならない」と励ます。

 思いのほか深い傷に苦しむアンク。なんとか移動しようとするが思うように体が言うことをきかない。セルメダルさえあれば…。バッタカンドロイドで映司に連絡をとろうとするが、下手に弱みを見せては主導権を握られてしまう。バッタカンドロイドをしまい、じっと耐えるアンク…。
 そのころ映司は武と男同士、腹を割っての話し合いを。「欲も何もなくなった」と自嘲気味に話す武に、映司はやはり人の欲はなくならないと力説する。
「今も揚げ饅頭大好きですもん。最初に食った時の感動忘れられなくて…」。
 最初の感動…。武の心が揺れる。

 アンクのことを思い出した映司は鴻上(宇梶剛士)のもとを訪ねると、セルメダルを前借りしてアンクのもとへ。傷ついたアンクだったが、映司が持ってきたセルメダルで復活。2人は再び活動を開始したバイソンヤミーのもとへと急行する。
 相変わらずのパワーに苦戦するオーズだったが、ライオンのメダルで光を放つと形勢逆転。一気に必殺技でバイソンヤミーを撃破する。が、手にしたセルメダルはたった1枚。これでは前借りを返すこともできず…。

 映司の言葉で思い直した武と桃子は仲直り。武はまたカメラマンとして仕事を始めるという。
 丸く収まり喜ぶ映司だったが、知世子(甲斐まり恵)が住み込みでのバイトの話をしようとすると、なぜか逃げてしまう。

 そんな映司を追いかけてきた比奈(高田里穂)は、映司が自分と兄の姿をしたアンクが接触しないよう気を使っていることを見抜いていた。そんな映司の心配を振り払うように、持ち前のパワーでアンクの腕をつかまえて離さない比奈。そんな比奈に驚きつつも、映司は「クスクシエ」でアルバイトをすることを快諾する。
 一人わけのわからないアンクは、「映司、なんだこいつは!なんとかしろ」と怒声を張り上げて…。

  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真
  • ストーリー写真

脚本:小林靖子
監督:諸田敏
アクション監督:宮崎剛
(ジャパンアクションエンタープライズ)