ストーリー

2017年9月3日(日)午前10時~

検事・朝日奈耀子(19)

医師&検事~2つの顔を持つ女!

検事・朝日奈耀子(19)

 東京地検の朝日奈耀子(眞野あずさ)は、医師免許を持つ異色の女検事。よき相棒である検察事務官・大山聡(内藤剛志)らとともに連日、多くの事件を担当している。

 グルメ雑誌の記者・星谷真輝(温)を殺害した容疑で、鍋焼うどん店の店主・夏野美紗子(高橋ひとみ)が、耀子の検事室に送致されてきた。真輝の遺体は黒い布に覆われた状態で、午後3時ごろに遊歩道上で発見されたが、その日の午前中、同じ場所から走り去る美紗子の姿が通行人に目撃されていたのだ。警察に事情を聴かれた美紗子は、真輝から「店の評判を貶める記事を書かれたくなければ、金を払え」と脅されていたとすんなり自供したらしい。実は、耀子はその日、美紗子の営むうどん店に行こうとして彼女を見かけていたが、どことなく様子がおかしかったことを思い出す…。
 しかし、耀子が捜査資料を確認したところ、真輝の遺体には多々、不自然な点があることがわかった…。死因は鉄パイプで頭部を殴られたことによる脳挫傷だったが、殴られてからしばらく意識があった可能性が高いこと。血痕が少ないことから別の場所で殺されたものと思われたものの、死亡推定時刻は高温の環境で放置されたため特定不能であること。まるで汗をかいたように、衣服が濡れていたこと。両腕に引っかき傷とベージュの繊維片が検出されたことから、被害者はカーディガンを着用した状態で襲われたはずなのに、その衣服が消えていること…などだ。
 耀子の取り調べに対し、美紗子は素直に殺害を認めるが、細かい追及に対しては「忘れました」の一点張り。耀子は彼女が職業柄、爪を短く切り揃えていることに着目、美紗子は遺体に深い引っかき傷を残すことなどできないと見抜く。
 美紗子が誰かをかばっていることを感じた耀子は、大山に美紗子の周辺を調べるよう頼む。美紗子は夫・征太(青島健介)、人気モデルとして活躍するひとり娘・理奈(柳ゆり菜)の3人家族。娘の理奈は殺された真輝の仕事仲間でもあった。しかし実は、理奈は美紗子の姉夫婦の娘で、15年前、両親が事故で他界したのを機に、美紗子と夫が養子として引き取っていたことがわかる。
 一方、遺体の発見状況を検証するため、耀子は遺棄現場である遊歩道へ。そこで耀子は、死亡推定時刻が特定されないよう、真犯人が遺棄する前に遺体を“冷凍”していた可能性に気づくが…!?

脚本
吉田真侑子
音楽
大谷和夫
監督
津崎敏喜
ゼネラルプロデューサー
関 拓也(テレビ朝日)
プロデューサー
秋山貴人(テレビ朝日)、島田 薫(東映)、髙木敬太(東映)
制作
テレビ朝日、東映
出演
  • 朝日奈耀子
    眞野あずさ
  • 大山 聡
    内藤剛志
  • 夏野美紗子
    高橋ひとみ
  • 夏野理奈
    柳ゆり菜
  • 池ノ上京子
    渡辺 梓
  • 梶野修一
    金山一彦
  • 星谷真輝
  • 平野刑事
    河相我聞
  • 湯鳥刑事
    駒木根隆介
  • 夏野征太
    青島健介
  • 宮崎礼子
    大島さと子
  • ほか