ストーリー

2017年7月9日(日)午前10時~

家裁調査官・山ノ坊晃(2)

~紛争解決100%の男~

家裁調査官・山ノ坊晃(2)

 東京家庭裁判所の調査官・山ノ坊晃(小泉孝太郎)は、東京高裁裁判官・賢一(石橋蓮司)を父に持ち、母・光子(前田美波里)は大手法律事務所の代表を務める敏腕弁護士、姉・京(堀内敬子)はやり手の検察官という、華麗なる法律一家の長男。だが、実は5歳のとき放火によって実の両親を失い、遠縁の山ノ坊家の養子になったというつらい過去を背負っていた…。家裁調査官の仕事は、離婚調停や少年保護事件などの当事者たちの背景を調べることだが、晃はとかく一生懸命になりすぎて調査に時間と経費をかけるため、家裁の判事・芦田誠(小倉久寛)らは振り回されてばかりだ。

 そんな晃が新たに担当することになったのは、藤ヶ丘家の遺産分割調停。先日、足が不自由な資産家・藤ヶ丘浩一郎(河原崎建三)が車椅子で散歩中に崖から転落死したのだが、遺産のありかがわからないまま、長女・高梨晴美(霧島れいか)が家裁に調停の申し立てを行ったのだ。
 浩一郎の妻は35年前に他界しており、法定相続人は晴美のほか、長男・正之(羽場裕一)、次男・幸次(河相我聞)の3人。だが、仕事人間だった浩一郎と彼らの親子関係は崩壊しており、兄妹も仲が悪く、幸次にいたっては音信不通の状態だった。しかも、浩一郎が全財産10億円を保管していたはずの地下金庫が空っぽだったことが判明。浩一郎は死の間際、搬送された病室の壁に「我が宝、くれない山にあり。見つけ出し者に全てを託す」という遺言を記していたが、浩一郎が資産を隠したであろう“くれない山”について正之も晴美もまったく心当たりがないという。

 正之は兄妹で協力して財産を見つけ出し3人で均等に分けるべきと主張するが、晴美は父親が亡くなっても顔も出さない幸次になど相続する権利はないと反発し、2人は互いに10億円を隠しているのではないかといがみ合う始末。晃は「いがみ合いからは何も生まれない。笑顔になって」と呼びかけるが、聞く耳を持たず、遺産をあてにする正之の妻・瑠璃子(床嶋佳子)、晴美の夫・俊作(大鶴義丹)らをも巻き込み、対立はエスカレートするばかりだ。

 そんな中、晃は30年間にわたって浩一郎の世話をしてきた家政婦・峰村芙由子(ふせえり)から、4カ月前より怪しい男が屋敷の周囲をうろついていたことを聞く。さらに幸次が3カ月前にこつ然と姿を消したことを突き止め、刑事の遠藤勝也(尾美としのり)に謎の男との関連を調べてほしいと頼み込む。
 その矢先、幸次の交際相手を名乗る女性・岡林奈々子(菊池麻衣子)が出現。家族には絶対に会いたくないという幸次の代理として調停のテーブルに着くが、幸次はすでに殺害されている可能性が浮上して…!?

脚本
深沢正樹
監督
赤羽 博
プロデューサー
関 拓也(テレビ朝日)、岩﨑 文(ユニオン映画)
制作
テレビ朝日、ユニオン映画
出演
  • 山ノ坊晃
    小泉孝太郎
  • 遠藤勝也
    尾美としのり
  • 山ノ坊賢一
    石橋蓮司
  • 山ノ坊光子
    前田美波里
  • 山ノ坊京
    堀内敬子
  • 芦田 誠
    小倉久寛
  • 藤ヶ丘正之
    羽場裕一
  • 高梨晴美
    霧島れいか
  • 藤ヶ丘幸次
    河相我聞
  • 藤ヶ丘瑠璃子
    床嶋佳子
  • 高梨俊作
    大鶴義丹
  • 藤ヶ丘浩一郎
    河原崎建三
  • 峰村芙由子
    ふせえり
  • ほか