ストーリー

2017年10月1日(日)午前10時~

司法教官・穂高美子(6)

司法教官・穂高美子(6)

 司法試験に合格した修習生たちが、裁判官や検事、弁護士を目指して共に学ぶ“司法研修所”。その検察教官を務める穂高美子(水野真紀)は、修習生たちと真剣に向き合ってきた。しかし、美子が指導を担当し、昨年卒業したばかりの新人弁護士・橋本めぐみ(上原多香子)が、殺人容疑で逮捕された。被害者はフリーライター・金森奈緒子(楊原京子)で、めぐみは現場付近の公園に凶器のナイフを捨てるところを、捜査中の刑事に発見されたらしい。めぐみは犯行を認めたが、「カッとなって刺した」と計画性を否認しているという。
 弱い人々を救いたいという信念を持ち、あえて町の小さな弁護士事務所に就職しためぐみが、衝動で人を殺すなど信じられない…。何か事情があるのではと思った美子は急きょ接見するが、めぐみは「本当の私のことなんて何も知らないくせに。放っておいてください!」と美子の介入を拒む。
 “本当の私”とは、いったいどういう意味なのか…!? 彼女にはウラの顔があったのか…!? 確かに、めぐみは修習期間中も自分の事を話したがるタイプではなかった。疑問を感じた美子は、民事担当教官の弁護士・小宮譲(筧利夫)と共に調査を開始。現場近くの防犯カメラを確認したところ、犯行時刻に不審な男が走り去っていることがわかった。
 美子たちは、めぐみが同棲中の恋人をかばっているのではと推測。再度めぐみを直撃するが、彼女は「嘘はついていない」と反発する。めぐみの言葉に、“起訴されない自信”を感じた美子は、事件の真相を追う中で、めぐみが法を悪用していることに気づき…!?

脚本
小峯裕之
音楽
瀬川英史
監督
伊藤寿浩
ゼネラルプロデューサー
関 拓也(テレビ朝日)
プロデューサー
秋山貴人(テレビ朝日)、佐々木淳一(松竹)、渡邊 竜(松竹)
制作
テレビ朝日、松竹
出演
  • 穂高美子
    水野真紀
  • 小宮 譲
    筧 利夫
  • 山根浩平
    勝野 洋
  • 橋本めぐみ
    上原多香子
  • 高野鉄平
    落合モトキ
  • 岡田浩輔
    上杉祥三
  • 神崎久彦
    戸井勝海
  • 西野 明
    小林 健
  • 水嶋由希
    落合 萌
  • 社長
    ダイアモンドダイアモンドユカイユカイ
  • 専務
    バッファロー吾郎A
  • 社長の息子
    今野浩喜
  • ほか