ストーリー

2017年5月21日(日)午前10時~

ミステリー傑作選おかしな刑事 居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査

おかしな刑事

 鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。
 北区王子にある劇場で、劇団の人気女優・辻本マキ(中丸シオン)の死体が見つかった。犯人は小道具のブロンズ像で後頭部を殴打した後、遺体をあお向けに寝かせて照明を当てるという“演出”を加えており、まるで芝居のワンシーンのような現場だった。事件当夜、劇場は正面玄関にも裏口にも鍵がかかっており、現場は密室だったことが判明。被害者の携帯電話は犯人が持ち去ったらしく行方不明だったが、バッグからは本人のものではない血痕が付着したハンカチが見つかった。鴨志田たち東王子署の刑事たちは、劇団主宰者の野口啓吾(青山勝)ら関係者らのDNAを採取して血痕と照合するが、一致する人物は見当たらなかった。
 すぐに東王子署に捜査本部が設置され、警視庁から本間京一管理官(中村俊介)と捜査一課8係の刑事たちが乗り込んできた。本間は、劇団の公演に毎回足を運んでいるファンにまで捜査範囲を広げるよう指示。鴨志田は8係の若手刑事・五十嵐進(駿河太郎)とコンビを組んで、常連の観客たちからDNAを採取して調べることに。
 そんなとき、五十嵐が有力な情報を探し当てた。被害者のマキは大学時代に1本だけアダルトビデオに出演した過去があり、そのビデオを制作したプロデューサーの八田勇二(新納敏正)と事件の2日前に激しく言い争っていたという。しかも八田は現在、姿をくらましていた。
 五十嵐は八田が犯人だと信じて突き進むが、DNA鑑定は不一致だった上、物証も動機も浮かび上がらず、捜査は振り出しに…。突っ走った責任を問われた五十嵐は捜査本部から外されることとなるが、その矢先、鴨志田はマキがAVに出演していたという情報を五十嵐に教えたのは、ほかでもない真実であり、なんと2人が3カ月前からつきあっていたことを知って…!?

脚本
水谷龍二
監督
梶間俊一
プロデューサー
松本基弘(テレビ朝日)、金丸哲也(東映)
制作
テレビ朝日、東映
出演
  • 鴨志田新一
    伊東四朗
  • 岡崎真実
    羽田美智子
  • 姉小路行人
    石井正則(アリtoキリギリス)
  • 五十嵐 進
    駿河太郎
  • 本間京一
    中村俊介
  • 原島吾郎
    木村祐一
  • 青柳 靖
    吹越 満
  • 矢沢英明
    田口浩正
  • 末谷清志
    国広富之
  • 坂下純次
    小倉久寛
  • 武井昭一
    正名僕蔵
  • ほか