CASTキャスト

ケン 織田 信長 夏 木下藤吉郎秀吉 楓 顕如 井上 徳川家康 足利 義昭 明智 光秀 武田 信玄 濃姫 香蓮 松永 久秀 柴田 勝家 秋山 信友 武田 勝頼

ケン……玉森 裕太(Kis-My-Ft2) 現代から戦国時代にタイムスリップしてしまったフレンチシェフ。記憶を失ってしまっていたが、日本史の教養と料理に関する豊富な知識は持っていたため、織田信長にその料理の腕を認められ、専属の料理人として働くことになった。
数々の信長からの無理難題をクリアしてきたため、信長からの信頼も厚い。

織田 信長(おだ・のぶなが)……及川 光博 先見の明のある「時代のカリスマ」的存在の武将で、理想の国を目指し、天下布武の名の下に戦って行く。しかし、目的達成のためには、武力だけではいけないことも悟っており、ケンの料理の腕を見込んで、政治的問題の解決に利用する。

夏(なつ)……志田 未来 瀕死のケンを救った若い女性の刀鍛冶。信長の料理人となったケンの後を追い、見習い料理人としてケンの下で働くが、将軍の台所は女人禁制のため、男装をして男として働いている。ケンのことが好きだが、 気持ちを伝えられないでいる。

木下藤吉郎秀吉(きのした・とうきちろう・ひでよし)……ゴリ のちの豊臣秀吉。信長に“サル”と呼ばれながらも、信長を尊敬し忠誠を尽くす、信長の腰ぎんちゃく的存在。初めはケンのことを訝しがっていたが、数々の窮地を救ってもらい、すっかり信頼するように。

楓(かえで)……芦名 星 信長に使える忍びの女。哀しい過去を持つクールでミステリアスな女。必要とあらばどこからともなく現れ、どんなときでも信長のことを陰から守っている。ケンにほのかな思いを寄せていた。

顕如(けんにょ)……市川 猿之助 浄土真宗石山本願寺の僧。足利義昭を奉じて上洛した信長から圧迫を受けるようになり、次第に対立を深める。長きにわたり、信長と戦いを続けていくことになる。

井上(いのうえ)……きたろう 先祖代々、織田家の台所を守ってきた織田信長の料理頭。新しく召し抱えられたケンに異常なまでのライバル心を燃やしていたが、その料理の腕を認め、協力をするように…。

徳川 家康(とくがわ・いえやす)……カンニング竹山 信長と同盟を組む武将。ケンの料理の腕前を認めており、ケンの作ったてんぷら料理で、信長への忠誠を誓った。

お市(おいち)……星野 真里 信長の妹で浅井長政の妻。後世に名を残す浅井3姉妹の母。聡明で絶世の美女だったと伝えられている。

浅井 長政(あざい・ながまさ)……河相 我聞 信長の妹、お市の夫で北近江の戦国武将。義兄・信長と同盟を結んでいたがのちに朝倉義景との関係を尊重し、信長を攻めることに。

足利 義昭(あしかが・よしあき)……正名 僕蔵 室町幕府第15代将軍。信長に擁されて将軍になったが、ただのお飾りであることに不満を持っている。ついに「打倒信長」を叫び、信長包囲網を形成する。

明智 光秀(あけち・みつひで)……稲垣 吾郎【特別出演】 信長の家臣。歴史上では『本能寺の変』で天下統一を目前にした主君・信長を討つことになる人物。「未来からやってきた」というケンに興味を示し、なにかと探ろうとする。パート1のラストではケンに未来に帰るための方法を伝える。


<続編からの新キャスト>

武田 信玄(たけだ・しんげん)……高嶋 政伸 “甲斐の虎”と呼ばれる戦国屈指の名武将。信長の宿敵となる。

濃姫(のうひめ)……斉藤 由貴 信長の正室。ケンにとって味方なのか、敵なのかわからないが、ケンを見つめるその目は冷たく…。

香蓮(かれん)……佐々木 希 顕如の元に身を寄せる謎の美女。ケンと同じく“平成”の世からやってきたと思われる。

松永 久秀(まつなが・ひさひで)……笹野 高史 安土城の築城にともない、信長が家臣として招き入れた男。だが家臣でありながらも不穏な動きを見せる。

柴田 勝家(しばた・かついえ)……デビット伊東 かつて信長の敵となったこともあったが、それを許してくれた信長の器の大きさに感銘を受け、現在は信長の忠実な家臣として仕えている。

秋山 信友(あきやま・のぶとも)……風間 トオル 武田信玄の家臣。外交官としての能力も高く、知勇兼備の武将。信玄が織田信長と同盟を結ぼうとしたとき、多くの重臣が反対する中でひとりだけ信長と同盟を結ぶメリットを説いた。

武田 勝頼(たけだ・かつより)……賀来 賢人 武田信玄の四男。だが、兄達が信玄への謀反を企てたとして切腹させられたり、盲目だったり早逝したために武田家の跡取りのお鉢が回ってくるが、偉大すぎる父にコンプレックスを抱いている。