NEWSお知らせ

島崎遥香×昭和ムード歌謡!?
異色刑事ドラマで大反響!あの劇中歌が配信スタート!

劇中歌『ナシゴレン道玄坂』が、配信限定シングルとしてリリース決定!
12月14日(水)より配信スタート!!

12月14日より、レコチョク、mu-mo、ドワンゴ、iTunes、mora 他にて 『警視庁 ナシゴレン課』が歌う勝利の歌『ナシゴレン道玄坂』が配信スタート!みなさん、チェックのほど宜しくお願い致します。

※リンク先は外部サイトとなります。
【レコチョク】
http://recochoku.com/a0/nashigorenzaka/

【mu-mo】
http://q.mu-mo.net/of/nashigorenka_161214/

【ドワンゴ】
http://r.dwango.jp/KK43NevD

【iTunes】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1181765983?app=itunes&ls=1

【mora】
http://mora.jp/package/43000002/ANTCD-20531/

■型破りな刑事ドラマから誕生したムード歌謡、ファン待望のリリース決定!

 “ぱるる”こと島崎遥香の連続ドラマ主演作として、話題のドラマ『警視庁 ナシゴレン課』。その劇中歌として注目を集めている『ナシゴレン道玄坂』が、配信限定シングルとして12月14日(水)にリリースされることが決定しました…!
 『警視庁 ナシゴレン課』は抜群の洞察力、推理力を誇る女デカ長・風早恭子(島崎遥香)のもと、捜査に一切出向かず、刑事部屋だけで事件を解決してしまう極秘部署・ナシゴレン課の活躍を描いた、笑えるワンシチュエーション刑事ドラマ。
 島崎がデカ長・風早を演じるほか、古田新太、勝村政信、波岡一喜、猫背椿、越村公一、中山麻聖ら個性派キャストたちが集結! まるで小劇場の舞台を見ているかのような濃密な笑いが繰り広げられ、深夜ドラマながら大反響を巻き起こしています。

■艶っぽい昭和テイストがツボ!! 島崎遥香の『ウォンチュー!』もセクシーと話題

 そんな前代未聞の刑事ドラマ『警視庁 ナシゴレン課』の中で、さらに異彩を放っているのが、島崎の「ウォンチュー!」のセクシーな掛け声ではじまる、劇中歌『ナシゴレン道玄坂』。
 この『ナシゴレン道玄坂』は、ナシゴレン課のメンバーにとって“勝利の歌”という設定。事件を解決したときになぜかメンバーが踊りながら歌いはじめるのがお決まりで、「なぜ刑事ドラマで、ムード歌謡が…!?」と話題騒然! ネット上でもリリースを要望する声が高まっていました。
 作詞を手がけたのは、『警視庁 ナシゴレン課』の企画・原作を担当するヒットメーカー・秋元康氏。オトナの“一夜の過ち”を艶っぽく歌った楽曲で、昭和の香りがそこはかとなく漂うムード歌謡に仕上がっています。
 なお、これまでドラマ内では1番までしか聴くことができませんでしたが、今回の配信では未公開だった2番を含む“フルバージョン”を解禁!
 さらに『ナシゴレン道玄坂』のPVも完成!!番組内の未公開映像を含むPVとなっており、下記にて公開中! ぜひお見逃しなく…!

   

1番の歌詞はこちら→

■明日放送の第7話は、 『明智少年の事件簿』

 そして次回第7話は、“高校生探偵”として巷で話題の明智少年が連続殺人事件に巻き込まれた事件に、ナシゴレン課が挑みます。デカ長・風早は“ナシゴレン課の名にかけて”、捜査一課の刑事・タイコモチよりも先に犯人にたどり着くことができるのでしょうか…!?  
 なお、スピンオフドラマ『警視庁 ナシゴレン課 番外編「恋のアルマジロ」』も、地上波ドラマ放送終了後に第7話を配信(※『au ビデオパス』の会員限定で、地上波ドラマ放送終了後より毎週1話ずつ、全10話、ネット配信)。第7話は、飲み過ぎた翌日、石鍋(古田新太)が目覚めると、唇に真紅の口紅がついていた…!?というストーリー。1話完結の本編とはまた異なるスタイルで、メンバーの恋模様が進行していく『恋のアルマジロ』も、見逃せません!

  • スピンオフドラマの詳細はこちら!auビデオパス

【島崎遥香コメント】

――『ナシゴレン道玄坂』を初めて聴いたときの印象は?
「キャッチーでドラマの内容にもリンクしている部分があり、いい曲だなーと思いました」
――ドラマの中で曲を歌って踊るのは、いかがでしたか?
「いつもどこのタイミングでこの曲が流れるか分からないので毎回!楽しみでした」
――『ナシゴレン道玄坂』が配信シングルになると聞いて感想は?
「視聴者の皆さんから配信してほしいという声がちらほら聞こえていたので、皆さんに喜んでいただけたら嬉しいです」
――レコーディングの感想は?
「ドラマの中では聴けない2番も収録されていて、私的には2番がオススメなので、歌えて楽しかったです」
――歌詞のどのフレーズがお気に入り、もしくはオススメですか?
「カニカマボコ。笑」

【古田新太コメント】

――『ナシゴレン道玄坂』を初めて聴いたときの印象は?
「最初聞いた時は『雨降る街角』だなと思ったのですが、何度か聞いているうちに『ダンシング・オールナイト』だと感じるようになりました」
――『ナシゴレン道玄坂』が配信シングルになると聞いて感想は?
「最初から、レコーディングすればいいのに、と思っていました」
――歌詞のどのフレーズがお気に入り、もしくはオススメですか?
「ウォンチュー!」

【勝村政信コメント】

――『ナシゴレン道玄坂』を初めて聴いたときの印象は?
「昭和のムード歌謡を思い出し、非常に懐かしく、胸が躍りました」
――ドラマの中で曲を歌って踊るのは、いかがでしたか?
「いただいたダンスの振りが入っていたDVDが、容量が重く開けなくて、 まったく分からずに行きました。心地良い緊張感でした。古田と踊るのも25年ぶりくらいだったので、昔を思い出しました」
――『ナシゴレン道玄坂』が配信シングルになると聞いて感想は? レコーディングしてみていかがでしたか?
「秋元(康)さんなので、予感はしていました。波岡(一喜)と一緒に男性コーラスを歌ったら、ミキサーの方から、“奇跡としか言えないのですが、同じ音符のはずなのに、完璧にハモってます”と褒めていただきました」
――歌詞のどのフレーズがお気に入り、もしくはオススメですか?
「たった一度の過ちとしても〜。あやまち…素敵な言葉です」

【『ナシゴレン道玄坂』配信概要】

◆楽曲名:ナシゴレン道玄坂
◆アーティスト名:警視庁ナシゴレン課
◆配信発売日:2016年12月14日(水)
◆配信会社:iTunes、レコチョク、mu-mo、dwango.jp、他にて配信