ミステリースペシャル
森村誠一の棟居刑事 10

25年前の白骨死体が新たな三つの連続殺人を呼ぶ!

棟居刑事の凶縁

2017年9月28日(木)よる8時放送

ミステリースペシャル 森村誠一の棟居刑事 10

放送は終了いたしました。

みどころ

東山紀之主演!『棟居(むねすえ)刑事』シリーズ第10弾!!
連続殺人の背景には、25年前のひき逃げ事件が絡んでいた!
死者の怨念が引き寄せた…!? “凶縁”が生んだ複雑な事件に棟居が挑む!

主な登場人物

  • 棟居弘一良…東山紀之
  • 神林一子…貫地谷しほり
  • 尾崎祥子…真飛 聖
  • 夏沢美加…岡本 玲
  • 秋場幸司…細田善彦
  • 夏沢裕樹…マギー
  • 見川アイ子…黒川智花
  • 立岡啓吾…大浦龍宇一
  • 神林武人…きたろう
  • 那須亮輔…森本レオ

あらすじ

 警視庁捜査一課の刑事・棟居弘一良(東山紀之)は非番の日、同僚刑事・神林武人(きたろう)の娘、一子(貫地谷しほり)と共に、東京都下にある“羽澄峠”へ。ハイキングを楽しんでいたところ、山の斜面で白骨死体を発見する。検視の結果、死体は出産経験がある20歳前後の女性で、死後20年から30年が経過。骨の損傷具合から、交通事故で死亡した可能性が高いとわかった。白骨の周囲からは、25年前の羽澄市の成人式で配られた記念メダルや消防車のミニカー3台なども見つかった。
 それを聞いた神林は、“過去に自分が関わった事案”だったかもしれないと言い出す。実は25年前、神林が羽澄署管内の駐在所勤務の“お巡りさん”だったとき、近所に住む70代の老女が交番に駆け込み、「若い女性が車にはねられた、車に乗っていた3人の若い男が女性を乗せて走り去った」と訴えたことがあったのだ。しかしその老女は軽度の認知症だったため、息子夫婦らが母の話は信じないでくれと謝罪。気になった神林が捜査したものの、“事件”として立証することができなかったという。

 そんな中、大手外食チェーン店の店長・立岡啓吾(大浦龍宇一)が殺害され、売上金を強奪される事件が起きた。普段は店長代理の尾崎良男(矢柴俊博)が銀行まで売上金を持参していたが、その日、尾崎は病気で欠勤。代わりに店長の立岡が売上金を銀行に運ぶ途中だったらしい。犯人は逃走車を用意していたことから、少なくとも2人組以上の犯行と考えられた。
 ところがその1週間後、なんと立岡の事件の通報者である夏沢美加(岡本玲)が扼殺され、公園で発見される。美加は人気作家・夏沢裕樹(マギー)の娘で、自身も作家を志しており、目撃した立岡の事件をモデルに小説を書こうと思っていたようだ。美加は一子のアルバイト仲間であり、その職場では尾崎の妻・祥子(真飛聖)も働いていた。また、夏沢と殺された立岡は高校時代からの友人だったこともわかる…。
 その矢先、美加のマンションの隣人・深尾正臣(武田航平)が、美加の殺害現場の公園に花を供える怪しい男がいたと、棟居らに情報を提供してきた。調べると、その男、秋場幸司(細田善彦)はフリーターで、宝飾デザイナー・品川春奈(松山メアリ)と交際している模様だった。しかも、春奈の父で病院長の品川雄治(堀部圭亮)の姿を、棟居は立岡の葬儀で見かけていた…。

 あまりに入り組んだ人間関係に棟居たちもがく然とするが、事件を追ううち、この連続殺人の背景に25年前のひき逃げ事件が関わっていることが判明! 25年前の死者の女性は誰なのか、そして事件を隠ぺいした3人の男たちとは…!? まるで死者の怨念が引き寄せたような、“凶縁”が生んだ複雑な連続殺人事件を、棟居が執念の捜査で解き明かしていく…!

スタッフ

【原作】
森村誠一
【脚本】
長坂秀佳
【監督】
村川 透
【プロデューサー】
高橋浩太郎(テレビ朝日)
内山聖子(テレビ朝日)
阿部謙三(東宝)
馬場千晃(東宝)
【制作】
テレビ朝日
東宝