西村京太郎トラベルミステリー68

山形・陸羽西線に消えた女

2017年9月20日(水)よる8時放送

西村京太郎トラベルミステリー68

放送は終了いたしました。

みどころ

超ロングラン人気シリーズ第68弾!
殺人現場に残された、イニシャル入りのスケッチ…。
なりすました女が真犯人なのか!?
複雑に絡み合った連続殺人の真相に、十津川警部が迫る!

主な登場人物

  • 十津川警部…高橋英樹
  • 亀井刑事…高田純次
  • 小野寺由美子…内山理名
  • 白石圭一郎…国広富之
  • 黒木美沙子…国生さゆり
  • 白石ゆか…朝倉あき
  • 西本刑事…森本レオ
  • 松山刑事…宇梶剛士
  • 北条刑事…山村紅葉
  • 向井警部…中丸新将
  • ほか

あらすじ

 警視庁捜査一課の十津川警部(高橋英樹)はかつての同期で、現在は山形県警に勤務する向井警部(中丸新将)の息子の結婚式に出席するため、山形・鶴岡市へ。式が終わって羽黒山を観光していたところ、スケッチブックに自分の姿を描いている若い女性の存在に気づく。その女性は“白石ゆか”と名乗り、出羽三山までスケッチ旅行に来たと話す。そして、十津川と五重塔を描いた絵の片隅に“Y”のイニシャルを記すとスケッチブックから切りとり、記念にもらってほしいといってプレゼントしてくれた。
 その翌朝、鶴岡市内の雑木林で若い女性の刺殺体が発見される。帰路に着くはずだった十津川は、現場に“Y”のサインが入ったスケッチブックがあったと聞き、向井と共に臨場する。ところが、遺体は十津川が出会った女性・ゆかとは別人で、身元を示す所持品は見つからなかった。しかし、スケッチブックは確かに前日、ゆかが持っていたものだった。

 その後、ゆかの住所が東京・世田谷と判明。十津川から連絡を受けた亀井刑事(高田純次)が自宅を訪ねたところ、現れたのはレストランチェーン社長・白石圭一郎(国広富之)の娘・ゆか(朝倉あき)で、十津川に絵をプレゼントした女性とはまったくの別人だった。ゆかは車椅子生活を送っているらしく、鶴岡には出かけていないという。何者かがゆかになりすまして、鶴岡でスケッチ旅行をしていたのだろうか…!?
 そんな中、東京・上野でディスカウントショップ経営者・宇田川宏(山口竜央)が刺殺され、遺体のそばにまたもや『Y』のイニシャルが入ったスケッチ画が1枚置かれていた。捜査の結果、鶴岡市で身元不明女性が殺害された事件と同じ凶器が使われたことが発覚。犯人は早朝、鶴岡市内で身元不明の女性を殺害し、昼に上野に現れ、同じ凶器で宇田川を殺したのか…。だが、なぜ両方の現場に『Y』のサインが入った絵を残したのか、謎は深まるばかりだった。

 その矢先、ゆかが自分の名前を名乗ったのは、友人の小野寺由美子(内山理名)ではないかと連絡してきた。実は、ゆか自身も趣味で絵を描いており、絵画の道を志す由美子とある展覧会で出会い、仲良くなったという。以前、スケッチ旅行に出かけることができない自分に代わって、出羽三山のスケッチをしてきてほしいと由美子に頼んだことがあったという。
 十津川が由美子のもとを訪ねると…確かに彼女こそ羽黒山で出会った女性だった! 由美子は十津川と別れた後、スケッチブックを盗まれたと主張。しかも、2つの事件発生時のアリバイも完璧だった。だが、十津川は由美子が事件当日、鶴岡から東京まで帰って来たルートに疑惑を抱き…!?

スタッフ

【原作】
西村京太郎
【脚本】
安井国穂
【監督】
村川 透
【プロデューサー】
高橋浩太郎(テレビ朝日)
河瀬 光(東映)
【制作】
テレビ朝日
東映