江戸で暗躍する辻斬りの正体とは!?
直木賞受賞作家・海老沢泰久原作の短編時代小説を映像化。
欲を捨て、隠居した旗本が、志を持つ仲間たちと
弱きを助け強きをくじく、痛快エンタメ時代劇!

 日向半兵衛(水谷豊)は、江戸城を警備する直参旗本の大番士。愚直にその任務に勤しむ傍ら、もうそろそろそんな日常から逃れ、お役御免になって「無用庵」でのんびりと隠居暮らしを…と考えはじめます。ところが、長年半兵衛の世話をしている用人・勝谷彦之助(岸部一徳)は、あれこれ世話を焼きながら「日向家が潰えては困ります」と奈津(檀れい)との縁談を進めようとします。半兵衛に全くその気はないものの、自ら「お転婆」と認めるほどの明るい女性・奈津は半兵衛との結婚に前向きで…。
 一方、そんな3人が暮らす江戸では、辻斬り事件が続発。ふとしたきっかけで事件とかかわるようになってしまった半兵衛は、個性豊かな登場人物とともに江戸を脅かす難事件の捜査に乗り出します。やがて明らかになっていく犯人、そこには巨悪の影が見え隠れする中、なんと奈津も半兵衛のためにひと肌脱ごうと大奥に潜入します。剣の達人である半兵衛に襲いかかる謎の辻斬り、そして巨悪との対決に、隠居した男が時に見事な知略を、時に見事な剣さばきを披露します。

登場人物

日向半兵衛

水谷豊

 徳川家の直参旗本・大番士。病で妻を亡くして以来、やもめ暮らしを送っていたが、用人の勝谷から跡継ぎの心配ばかりされている。勝谷から出戻りの奈津を薦められるが、本人は乗り気にはなれない。町で起こる辻斬り事件を自身の才覚と一刀流の腕、さらには仲間たちの力添えで解決しようとする。

勝谷彦之助

岸部一徳

 幼少時から半兵衛に付き従う用人。半兵衛の身の回りのことはもとより、日向家の家政を一手に取り仕切っている。主人の意向を先読みする機転を持つ一方、自身の利得を天秤にかける、ちゃっかりした一面も。半兵衛とは主従を超えた絆で結ばれており、信頼し合っていればこその毒舌を交えたやり取りを交わす。

奈津

檀れい

 旗本の息女。勝谷が半兵衛の後妻にと見合いを仕組んだことをきっかけに意気投合、昵懇(じっこん)の仲となる。器量良しだが、離縁経験のある出戻りで、自らを「お転婆」と評す行動派。本気か冗談か真意は見せないものの、半兵衛との再婚には積極的。

柴田美濃守

篠井英介

藤兵衛

田山涼成

安田兵庫

平山浩行

お咲

中山忍

斉藤与之助

野間口徹

淡島

濱田マリ

五味小四郎

忍成修吾

高麗屋

渡辺哲

長谷川平蔵

榎木孝明

村田道庵

左とん平

松平定信

杉本哲太

あらすじ

 老中・松平定信(杉本哲太)により、厳しい倹約令が発布された江戸。その過酷さに耐えかね、不平を言うものも少なくない中、巷では辻斬りが続発していた。
 そんな中、徳川家の直参旗本・日向半兵衛(水谷豊)は、江戸城を警護するという役目を生真面目に勤める日々。しかし、太平の世にあっては高名な一刀流の道場で目録を受けた腕をふるう機会すらない。さらに、周囲には姑息な手段で出世争いに明け暮れる同僚たち…。半兵衛はそんな日常から逃れ、そろそろ隠居をと考えていた。
 とはいえ、病で妻を亡くした半兵衛に跡取りはなく、隠居すれば日向家は絶家となる。幼少時から半兵衛に仕える用人の勝谷彦之助(岸部一徳)も、ことあるごとに「新しい奥様を」と進言するが、当の半兵衛にはまったくその気がない。勝谷は以前半兵衛と見合いをした奈津(檀れい)との結婚を勧め、女手が足りぬから、と奈津を半兵衛の家へと呼び寄せる。嬉々としてやってくる奈津に対して、辻斬りを心配する半兵衛は「もう来なくていい」と帰そうとするが、なんと奈津は「住み込みでお世話を」と言い、これには半兵衛も返す言葉を失ってしまい…。
 そんなある日、江戸城での勤めを終えて帰ろうとしていた半兵衛が辻斬りに襲われた。一刀流の腕でなんとか追い払った半兵衛だが、かなり腕の立つ男。ただ、不思議なことに辻斬りからは白檀の匂いがした…。
勝谷と奈津に手を焼きながら、半兵衛は次第に辻斬り事件の闇へと足を踏み入れていくことになる…。

スタッフ

原作 : 海老沢泰久 「無用庵隠居修行」(文春文庫)
監督 : 吉川一義
脚本 : 土橋章宏
制作 : テレビ朝日・BS朝日・松竹株式会社