NEWSお知らせ

2018年4月11日

『家政夫のミタゾノ』第一話ゲストにSixTONES/ジャニーズJr.のジェシー
松岡昌宏と待望の初共演!生で見る“三田園さん”に「大きくて迫力がありました!」

 松岡昌宏扮する、女装した家政夫・三田園薫(みたぞの・かおる)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく痛快“覗き見”ヒューマンドラマ『家政夫のミタゾノ』。2018年4月20日(金)、いよいよ一年半ぶりに待望の復活を果たす同ドラマの第一話に、松岡の後輩でもあるSixTONES(ストーンズ)/ジャニーズJr.のジェシーがゲスト出演することになりました!

■ジェシーが大先輩・松岡と待望の初共演! 生で見た“三田園さん”の感想は…

 第一話でジェシーが演じるのは、三田園と麻琴(剛力彩芽)が派遣された町工場で働く葛西雅樹という若者。社長を支え、熱心に働く一方で、実はある秘密を抱えている、という一筋縄ではいかない役どころです。演じたジェシー自身も「葛西は僕の素に近いような役ではありますが、最後のどんでん返しでの変化にも注目してください」とアピール。ドラマの仕事は久々ではあるものの、現場では和気あいあいと撮影を楽しんだ様子でした。
 今作で松岡と待望の初共演を果たしたジェシー。もちろん、三田園姿の松岡を目の当たりにするのも初めてで、「生で見たら、大きいし迫力がありました!」とびっくりしつつ、「お綺麗でした」と絶賛していました!
 これまでにはプライベートでの交流はなかったそうですが「これを機にご飯とか連れて行ってもらえたら嬉しいです!」とニッコリ。松岡とジェシー、ふたりの関係の大きな第一歩となるかもしれない『家政夫のミタゾノ』第一話――ジェシーの久々となるドラマ出演にご期待下さい!

■第一話ゲストも続々決定! 町工場を舞台にそこで働く社員たちの絆を描く!?

 さらに、『家政夫のミタゾノ』第一話に登場するゲスト出演者たちも続々決定! 三田園と麻琴が派遣された町工場『花沢ネジ製作所』の社長・花沢進助役には橋本じゅん。進助の妻・美千代役に森脇英理子。そして『花沢ネジ製作所』の古参社員・久米島勉三役を野添義弘が演じます。
 小さな町工場を舞台に、社長夫妻とそこで働く社員たちの絆、そしてネジ制作に懸ける熱い魂を描きます。しかしそこで、三田園がどんな秘密を暴き出し、どんな風にその家庭をぶち壊していくのか――2018年、新たなスタートを切り、ますますパワーアップしていく『家政夫のミタゾノ』をお楽しみに!

【葛西雅樹役・ジェシー(SixTONES(ストーンズ)/ジャニーズJr.) コメント】

 今回の僕の役どころは、町工場で働くちょっとやんちゃな男の子。ドラマに出演させていただくこと自体すごく久しぶりだったので、どんな風に現場に入っていたかとかを思い出すところから始めなくてはいけませんでした(笑)。しかも大大大先輩の松岡さんのドラマの第一話ゲストということで、とても緊張しました! でも少ない日数ではありますが、みなさんに仲良くしていただいて、楽しくやらせていただきました。
 松岡さんとは今回のお仕事で初めてご一緒したのですが、“三田園さん姿”は生で見たら大きいし、迫力がありました! お綺麗だし、ああいう女性の方っていそうですよね(笑)。
 現場ではゆっくりとお話する時間はそんなになかったのですが、これを機にご飯に連れて行ってもらえたら嬉しいです!
 一話のストーリーの中には何度もどんでん返しや裏切りなどがあり、それを三田園さんがぶち壊しながら話が展開していきます。真面目な中にも面白さがあり、視聴者のみなさんには存分に楽しんでいただけるのではないかと思います。僕も台本をいただいて読んだとき、とても面白かったので、映像で観るのが楽しみです!