エトセトラ

番組でお伝えした主な情報です。

放送日 2017/08/11

“山の日”で最長45km! 徹底調査 お盆の渋滞にハマらない“秘”テク

渋滞を避けてお得もゲット

「渋滞減らし隊」お盆キャンペーン
※中央道八王子インター小仏トンネル間上下線が対象
前日までにキャンペーンにパソコン・スマホから事前登録して、対象料金所を対象時間内に通過、その後メールで送られてくるアンケートに回答すればもれなくサービスエリアパーキングエリアで使えるお買物券1000円分がもらえます。

きょうからお盆休み。中には6連休という方もいらっしゃることでしょう。そして各地で発生しているのが渋滞。最長で45kmというところもあるなど気になりますよね。そこで、「お盆の渋滞にハマらない“秘”テク」と題して、渋滞のメカニズムを研究している東京大学の西成活裕教授に渋滞回避の方法などについてお話を伺いました。

まず、注目したのは中央自動車道。ここに日本最悪の渋滞スポットといわれる「小仏トンネル」があります。そのため永遠のテーマとなっているのが「高速と下道の20号、どちらが早いか」です。そこで番組では20号からさらなる抜け道「和田峠越えルート」を通って、先週土曜(5日)に検証してみました。調布インターチェンジ付近からスタートし、目的地は上野原市役所です。この日の渋滞予測では2時間15分でしたが、中央道はその予測より早い1時間25分で到着。台風の影響で出かける人が少なかったことが関係しています。一方、下道は予測とあまり変わらない2時間5分ほど。しかしドライバーは渋滞もなく、スムーズで快適なドライブだったと語っていて、景色を見ながら運転できるのが良いようです。ただ注意点も。こちらは道が狭くカーブも多いので夜間は危険。上級者向けのルートになるため、運転に自信がない方は選ばないほうが良いかもしれません。

尚、現在、中央自動車道ではお得な情報があります。渋滞を避けると1000円分のお買物券がゲットできるキャンペーンをお盆期間中行っています。ネクスコ中日本のホームページ「渋滞減らし隊」と検索すると、入力画面が出てきます。そこに前日までに登録しアンケートに回答すると、サービスエリアなどで使える1000円分に買い物券がもらえます。さらに、5000円分の買い物券が当たるキャンペーンも行われています。対象区間をETCで通過することや渋滞していない時間が通ることなどの条件があるほか、通過する日にち(12日~15日)と時間も決められていますが、気になる方は検索してトライしてみてください。

空港リムジンバスの後ろを走れ!

さて、渋滞を回避する方法もあります。そのポイントは「空港リムジンバス」です。空港リムジンバスは最新の渋滞情報を把握しています。例えば、高速道路が混み始めると空いている車線に変更しますが、これは運転手が管制官から連絡を受け、渋滞の影響の少ない路線に移動しているからなんです。ですから空港リムジンバスの後ろを走るのは、渋滞回避のための1つといえるかもしれません。

また、新しい道を通ることも渋滞回避になるかもしれません。というのも、新しい道は不安で敬遠する人が多いこと、またカーナビが古いと表示されず、新しい道に気づかないことがあるからです。「新しい道は穴場」と捉えて検討してみるのも良いかもしれません。

一覧を見る

ランキング
プレゼント・懸賞

ページの先頭へ