金曜日

島谷ひとみが都内の“ご当地スポット”を訪ね「お国自慢」を紹介

放送日 2016/12/09

ズワイガニ漁シーズン到来!石川県の絶品グルメ

グルメ自慢!金沢おでんの王様とは

◇金沢乃家 九段下店
住所/東京都千代田区九段北1-2-3 フナトビルB1
TEL/03-5215-0800
営業時間/ランチ11:30~14:00(月~金)、ナイト17:00~23:00(月~土)
定休日/日曜日、祝日
「石川県直送鮮魚+海女採り若布」(2人前)2872円(税込み)

◇赤玉本店
住所/石川県金沢市片町2丁目21番地2号
TEL/076-223-3330
営業時間/平日12:00~24:00、土曜日12:30~24:00、日曜日・祝日12:30~23:00※各階共にラストオーダーは閉店30分前
定休日/月曜日(祝日の場合翌日) 12/31、1/1、1/2
「バイ貝」300円、「車麩」250円、「肉いなり」300円(税込み)、「玉子焼き」300円(いずれも税込み)
「かに面」1500~1800円(税込み)

47都道府県の魅力を島谷ひとみさんが再発見する「ワンダふるさと」。今回注目したのは、ズワイガニ漁が最盛期を迎えた石川県。冬の味覚の王様といわれるズワイガニ、中でも卵を抱えたメスの「香箱(こうばこ)ガニ」は今月末までしか漁ができないとあって、まさに今が旬なんです。そんな石川のお国自慢には、ダンディ坂野さんにご協力いただきました。

島谷さんは東京・千代田区にある石川県の郷土料理がいただける店へ。こちらで石川県民がいかに「おでん」が大好きかを教えられました。特に金沢市は北陸随一の「おでんの街」で、市内には50軒ほどのおでん屋さんがあるんだそう。老舗のおでん屋さんを覗くと、「バイ貝」や「車麩」「玉子焼き」、そして油揚げにひき肉と野菜を詰めた「肉いなり」など、“変わり種”がズラリ。

極めつけは、金沢おでんの「王様」といわれる「カニ面(めん」です。甲羅がお面のように見えることからそう呼ばれているというこの逸品、香箱ガニの身を取り出し、内子や外子も一緒にカニみそと混ぜて、再び甲羅につめて蒸しています。カニ100%の超贅沢なこちらのネタは、県民のみなさんでもめったに食べられないそうですよ。

寿司王国を支える意外な日本一

◇すし食いねぇ! 県庁前店
住所/石川県金沢市西都1-51
TEL/076-268-3450
営業時間/11:00~21:30
定休日/1/1 ※12/31は13:00まで営業 年末年始営業に変動あり
「がすえび」496円、「のど黒」691円、「なめら八目」421円、「はたはた」302円、「くるま鯛」421円、「赤かれい」356円(いずれも税込み)

◇金沢まいもん寿司 本店
住所/石川県金沢市駅西新町3-20-7
TEL/076-234-1144
営業時間/月~金11:00~21:30、土日祝11:00~22:00
定休日/1/1のみ ※12/31のみ14:00閉店

◇海天(かいてん)すし 野々市店
住所/石川県野々市市押越1-501
TEL/076-294-4483
営業時間/月~日11:00~22:00(L.O.21:30)
定休日/無休※31日のみ19:00閉店

◇株式会社 石野製作所
住所/石川県白山市源兵島町1006番地
TEL/076-277-1851
営業時間/8:30~17:00
定休日/土・日・祭日

石川県は「寿司王国」。実は日本で一番、外食でお寿司を食べていて、回転寿司もこだわりの店が多いそう。そこで山本雪乃アナウンサーが金沢市の人気店を訪ねると、築地でも手に入らないといわれる貴重なエビ「ガスエビ」や、白身の最高級魚「なめら八目(ばちめ)」など、“ここでしか食べられない”というネタを発見。また、獲れたての魚を直送しているなど鮮度もバツグンなんです。

しかし、なによりすごいのはその機械です。去年オープンした回転寿司店にはボックス席に専用レーンが設けられ、タッチパネルで注文するとレーンにお寿司が届くんです。実は日本の回転寿司コンベア機の6割を作っているのが石川県にある石野製作所という会社。日本初の給茶機付きレーンを皮きりに斬新でユニークなコンベアを次々に開発しており、この最新式レーンも全国に先駆けて導入しているというわけです。

仰天スポット!車で海岸線を走れる?

◇千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ
住所/石川県羽咋市郡宝達志水町今浜 辺り(今浜インターンを降りた近辺)
TEL/0767-22-1118
営業時間/いつでも入れます※波がきた場合は交通規制あり
年中無休

仰天スポットがあるのは能登半島の付け根、羽咋市。「千里浜(ちりはま)なぎさドライブウェイ」は、なんと波打ち際ぎりぎりを車で走れる大変珍しい海岸なんです。総延長8キロにわたる爽快なドライブを楽しもうと、全国から観光客も訪れています。

ところで、なぜ車で砂の上を走れるの? それは、「砂の一つひとつの粒子がすごく細かい」から。水分を含むと固く締まるため、タイヤが埋もれることはないんです。

もう一つのお楽しみは、この海岸線で見られる夕日。波打ち際ぎりぎりを走りながら眺める日本海に沈む夕日は、絶景ですよ。

伝統自慢!食べたら超リッチな気分に

◇懐華樓(かいかろう)
住所/石川県金沢市東山1-14-8
TEL/076-253-0591
営業時間/6:00~17:00
定休日/12/31
※1/1のみ16:00閉店
「黄金ぜんざい」1400円(税込み)

◇箔一
住所/石川県金沢市東山 1-15-4
TEL/076-253-0891
営業時間/9:00~18:00
定休日/年中無休
「金箔かがやきソフトクリーム」891円(税込み)
「金華24K ゴールドマスク」4860円(税込み)

石川の伝統といえば金箔です。その生産量が日本一の金沢で、超リッチな気分が味わえると評判のグルメがあります。その名は「黄金ぜんざい」。白玉の上に、器を覆い尽くすほどの金箔が乗っているんです! 老舗のお茶屋でいただけますよ。

さらには「金箔のかがやきソフト」なるものも。こちらは10cm四方の金箔がまるごと1枚ソフトクリームに乗っています。

そんな金箔の街・金沢で大人気のお土産は、金箔を使ったパック用シート。お店の方によれば、「金の微粒子がお肌の潤いを保ち、保湿効果がある」そうですよ。

 

協力:NIPPON QUEST
※NIPPON QUESTのサイトはこちらhttps://nipponquest.com/(外部サイト)

一覧を見る

ランキング
プレゼント・懸賞

ページの先頭へ