バックナンバー

4月15日(火)19:00〜21:48放送
ロンドンハーツ15周年!春の3時間SP

『2014芸人スポーツテスト』

・競技は全5種目。
・各種目のポイントを合計して総合順位を決定。
・種目別1位には賞金10万円。
・総合優勝者には賞金30万円。
[ロンドンブーツ1号2号、有吉弘行、アントニー(マテンロウ)、植野行雄(デニス)、金田哲(はんにゃ)、狩野英孝、カンニング竹山、澤部佑(ハライチ)、坪倉由幸(我が家)、浜谷健司(ハマカーン)、パンサー、FUJIWARA、山崎弘也(アンタッチャブル)、吉村崇(平成ノブシコブシ)]

        

[1]50m走
1位:パンサー・尾形 7″30
2位:パンサー・向井 7″33
3位:平成ノブシコブシ・吉村 7″56
4位:ハマカーン・浜谷 7″63
5位:はんにゃ・金田 7″79
6位:狩野英孝 7″89
7位:デニス・植野 7″96
8位:我が家・坪倉 8″00
9位:FUJIWARA・原西 8″10
10位:ハライチ・澤部 8″13
11位:ロンドンブーツ1号2号・亮 8″17
12位:FUJIWARA・藤本 8″23
12位:有吉弘行 8″23
14位:アンタッチャブル・山崎 8″33
15位:カンニング竹山 8″50
16位:マテンロウ・アントニー 8″69
17位:ロンドンブーツ1号2号・淳 9″30
18位:パンサー・菅 9″40

        

[2]ピッチングサバイバル
1位:有吉弘行 90cm
2位:FUJIWARA・原西 120 cm
3位:狩野英孝 180 cm
3位:パンサー・尾形 180 cm
3位:はんにゃ・金田 180 cm
3位:パンサー・菅 180 cm
3位:ハマカーン・浜谷 180 cm
3位:アンタッチャブル・山崎 180 cm
−位:FUJIWARA・藤本 −
−位:カンニング竹山 −
−位:ロンドンブーツ1号2号・淳 −
−位:ロンドンブーツ1号2号・亮 −
−位:平成ノブシコブシ・吉村 −
−位:我が家・坪倉 −
−位:ハライチ・澤部 −
−位:パンサー・向井 −
−位:デニス・植野 −
−位:マテンロウ・アントニー −

        

[3]走り高跳び
1位:はんにゃ・金田 155cm
2位:平成ノブシコブシ・吉村 150cm
3位:パンサー・尾形 140cm
4位:FUJIWARA・藤本 130cm
5位:ロンドンブーツ1号2号・亮 125cm
5位:ハマカーン・浜谷 125m
5位:我が家・坪倉 125cm
5位:パンサー・向井 125cm
9位:ハライチ・澤部 115cm
9位:パンサー・菅 115cm
9位:デニス・植野 115cm
−位:FUJIWARA・原西 −
−位:カンニング竹山 −
−位:ロンドンブーツ1号2号・淳 −
−位:有吉弘行 −
−位:アンタッチャブル・山崎 −
−位:狩野英孝 −
−位:マテンロウ・アントニー −

        

[4]ビーチフラッグス
[第1レース] パンサー・菅、パンサー・向井、パンサー・尾形、デニス・植野、マテンロウ・アントニー →パンサー・向井
[第2レース] ロンドンブーツ1号2号・亮、我が家・坪倉、平成ノブシコブシ・吉村、FUJIWARA・原西、ハライチ・澤部 →ロンドンブーツ1号2号・亮
[第3レース] 有吉弘行、カンニング竹山、アンタッチャブル・山崎、FUJIWARA・藤本 →有吉弘行
[第4レース] ロンドンブーツ1号2号・淳、狩野英孝、はんにゃ・金田、ハマカーン・浜谷 →ハマカーン・浜谷

[決勝] パンサー・向井、ロンドンブーツ1号2号・亮、有吉弘行、ハマカーン・浜谷 →1位:パンサー・向井

        

[5]チーム対抗リレー
1位:淳チーム[1:パンサー・尾形→2:狩野英孝→3:ハマカーン・浜谷→4:平成ノブシコブシ・吉村→5:ロンドンブーツ1号2号・淳](FUJIWARA・藤本、アンタッチャブル・山崎、カンニング竹山、有吉弘行) 33″86
2位:亮チーム[1:デニス・植野→2:ハライチ・澤部→3:はんにゃ・金田→4:パンサー・向井→ロンドンブーツ1号2号・亮](FUJIWARA・原西、我が家・坪倉、パンサー・菅、マテンロウ・アントニー) 00″00 

        

<総合結果発表>
総合優勝:パンサー・尾形
2位:ハマカーン・浜谷
3位:有吉弘行
4位:平成ノブシコブシ・吉村
4位:パンサー・向井
6位:はんにゃ・金田
7位:狩野英孝
8位:FUJIWARA・藤本
9位:ロンドンブーツ1号2号・亮
10位:アンタッチャブル・山崎
11位:FUJIWARA・原西
12位:我が家・坪倉
13位:デニス・植野
14位:ハライチ・澤部
14位:パンサー・菅
14位:カンニング竹山
17位:ロンドンブーツ1号2号・淳
18位:マテンロウ・アントニー


『マジックメール2014 売れっ子芸人一斉送信スペシャル』

売れっ子芸人8名が共演者に手を出さないか大捜査!
ロンハーが仕掛けたニセ番組をきっかけに、ターゲット芸人と仕掛け人女性タレントがグループLINEに入って、お互いメッセージを送りあえる状況に!
ここから淳の誘惑メールがスタート!
[ターゲット芸人:植野行雄(デニス)、金田哲(はんにゃ)、久保田和靖(とろサーモン)、小峠英二(バイきんぐ)、斉藤慎二(ジャングルポケット)、田中卓志(アンガールズ)、塚地武雅(ドランクドラゴン)、村本大輔(ウーマンラッシュアワー)]

        

<マジックメール一斉送信>
ターゲット芸人、仕掛け人女性も含めたニセ番組のグループLINEでのやり取りをしていた中で、仕掛け人女性からターゲット芸人に「気になってる」という個人宛のメッセージを一斉送信。思いもよらず仕掛け人女性の気持ちを知ることになったターゲット芸人たちだが、その中で、下心ありそうに食いついてきた、デニス・植野、とろサーモン・久保田、ジャンポケ・斉藤、ウーマン・村本がお仕置き候補に!

        

<一斉送信から17日後・・・ニセ番組のPR収録>
その後、よりターゲットとより仲良くなるために淳がメールでやり取りを続け、一斉送信から17日後、ニセ番組のPR収録。ターゲット芸人たちが仕掛け人女性からの好意を知った後で初めて会う現場で、ターゲット芸人たちのハメラレ度をチェック!
★デニス・植野:もはや完全に恋に落ちちゃってる!・・・ハメラレ度300%
★ジャンポケ・斉藤:仕事を重視したい。・・・下心ナシ
★ウーマン・村本:史上最低のゲス行動連発!・・・お仕置き第1号に決定!

        

<一斉送信から28日後・・・デート&ネタバラシ&お仕置き>
★デニス・植野
完全に恋に落ちちゃってるデニス・植野。淳の指示で動く仕掛け人フデコに振り回されつつもうメロメロ。フデコからの「この後どうする?」の誘いでいよいよフデコの家へ!
フデコの家に着いた植野はあの手この手でフデコに迫る!フデコを危険な目に合わせないように、ここでフデコの事務所のニセ社長を投入!バレないように奥の部屋に隠れた植野だったが、ニセ社長にバレて問い詰められ大ピンチの植野。
いよいよ植野にネタバラシ!社長に「スミマセン」と謝る植野に、ニセ社長がドッキリだと伝える。何がなんだかわからず半泣きの植野のもとに淳らが登場!女性共演者との恋という夢の時間から現実に引き戻された植野だった。

        

★ウーマン・村本
番組スタッフとの飲み会の後、今野の部屋に行く約束をしていた村本。2人きりにするのは危険なので、すぐに止められるように淳らも隣の部屋に待機。今野の部屋にやってきた村本は、着くなり今野にキスしようとする。迫る村本をかわす今野だが、これ以上は危険と、物音と立てて村本に隣の部屋を開けさせる淳。ビビりながらも戸を開けた村本は、淳らの姿にびっくり!思わず泣いてしまった。
マジックメール史上一番ゲスかった村本だったが、最後には「今後絶対しません!」と素直に反省の弁を述べた。

        

★とろサーモン・久保田
デートで非常事態!
久保田編はロンハーネットで配信!


バックナンバー