木曜ドラマ 黒革の手帖

2017年7月20日(木)スタート
毎週木曜 よる9:00~9:54

テレビ朝日系24局ネット

PR動画

【みどころ】

「武井咲、“銀座の女王”になる」

不朽の名作『黒革の手帖』で

松本清張作品に初挑戦!


武井版・最強悪女

愛と欲望渦巻く夜の世界で

孤高の戦いを挑んでいく…

松本清張 没後25年となる2017年――

「清張史上最強」と言われるあの“悪女”がまたもテレビ朝日に甦ります。

1980年に刊行後、これまでも映像化され、そのたびに高視聴率を叩き出してきた『黒革の手帖』。

いつの時代にも色褪せない不朽の名作がこの夏、武井咲を主演に迎え、華やかに幕を開けます!

■2017年7月、松本清張、不朽の名作『黒革の手帖』が甦る!  

 松本清張没後25年、あの不朽の名作がふたたびテレビ朝日でドラマ化されます!

 1978~80年に『週刊新潮』に連載され、1980年には新潮社から単行本が刊行。1982年1月期に山本陽子主演でテレビ朝日にて連続ドラマ化し、平均視聴率17.4%、最高視聴率18.6%を獲得。2004年10月期には米倉涼子主演で連続ドラマ化し、平均視聴率15.7%、最高視聴率17.7%を獲得した『黒革の手帖』が、2017年7月、甦ります。
 愛と欲望が渦巻く街・銀座――。派遣社員として勤めていた銀行から1億8千万円もの大金を横領した原口元子は、その金と借名口座のリストが記された『黒革の手帖』を盾に、銀座に自身のクラブ『カルネ』をオープンさせます。
 後ろ盾も何もなく、みずからの野望のためだけに突き進み、若きママとして夜の世界を生き抜いていく元子。彼女のその痛快な生き様と、時代の閉塞感に甘んじることなく己の道を切り開いていく覚悟と大胆さは、いつの時代にも視聴者を熱狂させ、“悪女”と謳われながらも多くの女性たちの共感を得てきました。

■清張作品、初挑戦! 武井咲が“稀代の悪女”・原口元子を熱演!

  今作でその“稀代の悪女”・原口元子を演じるのは、松本清張作品初挑戦となる武井咲!『Wの悲劇』、『瀬戸内少年野球団』など、さまざまな名作で主演を務めてきた武井が、地味な派遣社員から一転、夜の世界の蝶へと華麗に変身する主人公を演じます。武井自身初となる清張作品。しかも史上最年少の原口元子となる今作。武井は“稀代の悪女”を、まさに体当たりで演じてくれることでしょう!
 危険と知りながらも、『黒革の手帖』を武器に魑魅魍魎の“怪物”たちと渡り合っていく元子。政財界でトップを目指す人々――それぞれの欲望が息苦しいほど交錯する夜の街・銀座で、“派遣のオンナ”から銀座のママへと華麗な転身を遂げた元子の、孤高の戦いが華やかに幕を開けます。

 初めて清張作品に挑むことで大きなプレッシャーを感じているという武井ですが、「この作品を機に成長したい」と意欲十分。原口元子という悪女を演じることについても「みなさんが抱く私のイメージも変わっていくかもしれませんが、その変化も怖くない、むしろそうならなくてはいけない」と強い思いを明らかにしました!

 いつの時代も色褪せない骨太の原作に加え、昨今広がる一方の“富の格差”、ガラスの天井を突きつける“男社会”など、現代が抱えるタブーにも鋭く切り込み、一石を投じていくであろう今作。武井咲による、2017年版『黒革の手帖』は、この困難な時代を生きる視聴者の日常に、大きな風穴を開けるに違いありません!

ニュース

江口洋介、仲里依紗、高嶋政伸、真矢ミキ、奥田瑛二、伊東四朗…
武井咲演じる“銀座の女王”原口元子を取り巻く怪物たち、ついに解禁!

2017年6月13日

2017年、7月――武井咲主演で新たに甦る松本清張、不朽の名作『黒革の手帖』。
武井演じる“稀代の悪女”・原口元子を取り巻く個性豊かでアクの強い、共演者たちがついに解禁!
江口洋介、仲里依紗、滝藤賢一、和田正人、内藤理沙、高嶋政伸、真矢ミキ、高畑淳子、奥田瑛二、伊東四朗…
超豪華俳優陣で彩る、松本清張ワールド、いよいよ開幕!

■松本清張作品、初主演! 武井咲による史上最年少・元子で甦る『黒革の手帖』!

 松本清張没後25年となる今年、「不朽の名作」と名高い『黒革の手帖』が武井咲主演で連続ドラマ化されることになりました。
 松本清張作品初主演にして、“稀代の悪女”と呼ばれる主人公の原口元子を史上最年少となる23歳で演じることになる武井。そんな彼女の大きなターニングポイントとなるであろう今作に出演する豪華共演陣が、ついに解禁になりました!

■江口洋介、仲里依紗、滝藤賢一、高嶋政伸、真矢ミキ、奥田瑛二、伊東四朗…個性派“怪優”たちがひしめく!


『黒革の手帖』には、夜の銀座に集うアクの強い“魑魅魍魎”たちが数多く登場します。

 政治家を志し、みずからの野望のためになりふり構わずのし上がってきたものの、元子と出会ったことで運命が狂い始めてしまう衆議院議員秘書・安島富夫を演じるのは江口洋介。元子とは東林銀行で同僚だった派遣社員で、彼女に誘われ夜の世界へ入り、のちに元子のライバルとなっていく山田波子役には、テレビ朝日ドラマ初出演の仲里依紗。元子と波子が働く東林銀行世田谷北支店の次長・村井亨役には滝藤賢一。夜の世界に足を踏み入れた元子が通う美容室のオネエな店長・牧野役に和田正人、そして料亭の仲居で、のちにホステスになる島崎すみ江役には内藤理沙が決定しました!
 さらに、上星ゼミナール理事長の橋田常雄役には高嶋政伸。元子が最初に働く銀座のクラブ『燭台』のママで元子をホステスとして育てる岩村叡子役には真矢ミキ。楢林クリニックの看護師長で院長の愛人でもある中岡市子役には高畑淳子、楢林クリニックの院長・楢林謙治役には奥田瑛二、そして政財界のフィクサー・長谷川庄治役には伊東四朗が決定。“黒革の手帖”を手に銀座のママとなった元子と渡り合っていく“怪優”たちの競演にも注目が集まります!


 個性的かつ演技巧者な俳優たちに囲まれてお芝居をすることに「緊張しますが、大きな期待感を持って撮影に臨みたい」と話した武井。緊張感を高めながらも、これまでにない雰囲気の中での芝居に期待を高まらせているようでした。

《武井咲 コメント》

江口洋介さんとは『息もできない夏』以来、約5年ぶりにご一緒することになりました。元子と安島の微妙で危うい関係をどのように演じていけるか、とても楽しみです。
これまでにご一緒させていただいたことがある方もいらっしゃいますが、初めて共演させていただく方もたくさん。緊張しますが、大きな期待感を持って撮影に臨みたいと思います。

主な登場人物

原口元子

武井咲

父の死後に母が背負った借金を相続。東林銀行世田谷北支店で派遣社員として真面目に働いているが、莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者たちと自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感する日々。借金返済のため、銀座のクラブ『燭台』でホステスとしても働いている。
ふたつの派遣業務をこなしながら、ついに親の借金を完済。そんな折、銀行でのある事件が発生し、それを契機に、これまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意。そして銀座の一等地にクラブ『カルネ』をオープンさせる。

安島富夫

江口洋介

衆議院議員秘書。政治家になるという夢を実現させるため、国有地払い下げの窓口、進学・就職の斡旋、愛人との密会の手配、スキャンダルのもみ消しなどの“汚れ仕事”にも懸命に奔走し、現在の立場を築いた。女は利用するもの、と割り切っていたが元子との出会いでその価値観が崩れ始める。

山田波子

仲里依紗

元子とともに東林銀行世田谷北支店で派遣社員として勤務。派遣の仕事を失い、元子に誘われホステスになると、男を手玉に取って儲ける術を覚え、豹変。一気に人気ホステスへと成長し、やがて元子のライバルとなっていく。

村井 亨

滝藤賢一

元子が働く東林銀行世田谷北支店の次長。

牧野

和田正人

元子が通う銀座の美容室の“オネエ”店長。

島崎すみ江

内藤理沙

料亭『梅村』の仲居。のちにホステスになる。

橋田常雄

高嶋政伸

大手予備校『上星ゼミナール』の理事長。子息を医者にしたい親と大学病院の間で暗躍し、裏口入学で得た巨額の利益を借名口座に預金している。

岩村叡子

真矢ミキ

元子が最初に夜の世界に足を踏み入れ、働いたクラブ『燭台』のママ。銀座のルールとモラルを守る古き良き昭和のホステス。

中岡市子

高畑淳子

楢林クリニックの看護師長で院長である楢林の愛人。クリニックがまだ下町のイチ皮膚科だったときから楢林を支え、今の地位まで押し上げた影の立役者。院長を愛し、病院を愛し、ひたすら尽くしてきたが、ある時思いもかけぬ裏切りに遭い…?

楢林謙治

奥田瑛二

楢林クリニック院長。コツコツ勉強して医者になり、コツコツ裏金を貯めて成り上がった。小さな皮膚科から市子と二人三脚で病院を大きくし、念願の新病院建設まであと一歩というところで転落が始まる。

長谷川庄治

伊東四朗

政財界のフィクサー。安島の父親代わりの後援者。楢林の新病院建設予定地の口利き役でもある。

第一話あらすじ

 東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井咲)。莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感していた。
 そんな日々を送りながら、昼は派遣社員、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働く元子。すべては母親が遺した借金を返済するためだった。
 容姿もよく、夜の世界の住人にしては純粋な雰囲気の元子は、ほどなくして上客である楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)の目に止まる。ある日、『燭台』のママ・叡子(真矢ミキ)に連れられ、楢林とのゴルフに出かけた元子は、そこで大手予備校・上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)と出会う。まさかこの出会いが、この後の人生を大きく変えることになるとは、知る由もない一同だったが…?

 そんな折、東林銀行で、ある事件が発生する。それを契機に元子はこれまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意して…?

コメント

【武井咲 コメント】

『黒革の手帖』という、これほどの大作。果たして自分に務まるのか、まして事務所の先輩である米倉涼子さんが主演をされた作品でもありますので、とにかくプレッシャーが凄いです。最初にお話をいただいたときは「やりたくない!(笑)」と不安で逃げ出したい気持ちにもなりましたが、今はようやく楽しみのほうが大きくなってきたかな…?
役柄上、和装でのお芝居も多くなるのですが、着物って着るだけで意識が変わりますね。これから本物の銀座を体験して、そこで得たものや所作などを役に反映させていきたいです。

原口元子という女性の生き方は素直に「かっこいいな」と思いますし、悪い人間を蹴落としていく、という部分に気持ちよさを感じます。私はこれまで等身大の役が多かったので、エッジの効いた役、今までとはひと味違った役をできることが楽しみです。今回、元子という悪女を演じるということで、みなさんが抱く私のイメージも変わっていくかもしれませんが、その変化も怖くない、むしろそうならなくてはいけない、と強く思っています。
このような大作に挑戦することに多少の躊躇いはありますが、勇気を出して一歩踏み出すことでひとつ上のステージに引き上げていただき、そこでどれだけ自分が頑張れるかが勝負なのかなと思います。銀座のママ、悪女、という“大人の女性”な役柄のお芝居ができることを嬉しく思いますし、松本清張作品に出られることも、とても光栄です。この作品を機にひとつ成長できればいいなと思っています!

【中川慎子プロデューサー コメント】

2017年夏、黒革の手帖に最年少ヒロインが誕生します!
今年24歳を迎える武井咲さんが、劇中でも銀座最年少ママという新たな設定と共に、稀代の悪女の物語に新風を吹かせます。
黒革史上、最も若く、最もしたたかで、最も大胆なヒロイン・原口元子の華麗なる軌跡をどうかご期待下さい。

スタッフ

原作

松本清張『黒革の手帖』(新潮文庫刊)

脚本

羽原大介
(映画『パッチギ!』『フラガール』ほか
ドラマ『マッサン』『ダブルフェイス』ほか)

監督

本橋圭太
片山修

ゼネラルプロデューサー

内山聖子(テレビ朝日)

プロデューサー

中川慎子(テレビ朝日)
菊池誠(アズバーズ)
岡美鶴(アズバーズ)

制作協力

アズバーズ

制作著作

テレビ朝日