2018年7月11日(水)よる9時スタート!
【毎週水曜】よる9:00~放送

東山紀之演じる刑事・天樹悠が
“人間犯罪ビッグデータ”となって復活!

新メンバーに田辺誠一&白洲迅!
「刑事資料係」に眠る超凶悪犯罪に
新生・刑事7人が挑む!!

東山紀之演じる天樹悠を中心とした個性的な刑事たち7人が
難解な刑事事件に挑む姿を描いた『刑事7人』が、第4シリーズに突入!
“最大の黒幕が身内”という衝撃のラストを迎えた前作から1年。
元別動捜査隊のメンバーたちは1年後、
新たに加わる個性派刑事たちと共に
資料室に眠る未解決の“超凶悪犯罪”に特化した
スペシャルチームとして復活する!!

■この夏、東山紀之主演の『刑事7人』がさらに大きく進化して、帰ってくる――

 2015年から3年にわたって7月期の水曜よる9時枠をハードに飾ってきた東山紀之主演の刑事ドラマ『刑事7人』。主人公・天樹悠(東山紀之)を中心とした個性あふれる刑事たちが、法医学の権威・堂本俊太郎(北大路欣也)と共に各々の得意分野を生かしながら凶悪犯罪を解決に導いていく同作が、待望の第4シリーズに突入します!
 事故だと思われていた天樹の妻子の事故死は、実は仕組まれたものだった。また信頼していた仲間の一人こそが、天樹ら「第11方面本部準備室」が追っていた凶悪事件の黒幕だった…。衝撃の事実が次々と明らかになった前回の第3シリーズ。「第11方面本部準備室」はその責任を問われて解体され、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、片桐正敏(吉田鋼太郎)らは、それぞれ別の閑職へ。天樹もまた、警視庁舎の片隅に位置する「刑事資料係」に飛ばされました。
 そして1年後。「刑事資料係」で、現場に出ることもなく気ままに捜査資料を読み漁る日々を送る天樹の上司になっていたのは、なんと片桐。そして環と青山は、その片桐からの指示で「警視庁捜査一課12係」の刑事に戻っていました。
 さらに片桐は、とある殺人事件の捜査中にこう宣言します。「片桐正敏と天樹悠は資料係、兼、12係の刑事として“二刀流”の任務に就かせていただきます」と――。
 こうしてバラバラだったメンバーは、再び集結。数々の凶悪事件をめぐる新たな戦いに身を投じていくことになります。

■新たな舞台は「刑事資料係」! 巨大なデータバンクを武器に難事件に立ち向かう

 第4シリーズの大きな鍵となるのは、天樹の所属する「刑事資料係」。警視庁内の捜査資料を保管・維持・管理する同セクションは、いわば警視庁内の巨大なデータバンク。いつどんな事件が起き、どんな捜査が行われたのか。天樹の仕事は、そうしたことが記された過去の捜査資料を現役刑事からの問合せに合わせて貸し出したり、新たに運ばれた事件資料を書庫に陳列整理したりすること。また現代のペーパーレス時代に合わせて、過去の膨大な捜査資料を一件、一件、手作業でデータ化していくこと。慣れない手つきでパソコンに向き合う毎日は、同時に天樹を“人間犯罪ビッグデータ”へと生まれ変わらせることに。従来の高い捜査能力に加えて、過去の犯罪に関するありとあらゆる知識と情報をも手に入れた天樹。彼のさらなる進化が、今シリーズでの捜査方法を大きく変えていくことになります!

■資料室に眠る<超凶悪犯罪>を7人が解決に導く!

 天樹らが今シリーズで向き合うのは、資料室に持ち込まれ、日の目を見ないままに封印されていた過去の迷宮入り事件。迷宮入りということは、それだけ難事件であり、同時に超凶悪犯罪であることの証でもあります。片桐によって集められた刑事たちはそれらに再び光を当て、“事件を絶対に風化させない”という熱い思いを胸に再捜査を開始。それぞれの“プロフェッショナル”な部分を駆使して、解決に導いていきます!

■新たな仲間は無邪気な新人と屈折した上司!? 新・スペシャリスト7人はさらに個性派揃い

 「刑事資料係」の天樹と片桐、捜査一課に舞い戻った環と青山、 法医学教室教授の堂本。このおなじみの5人と新たに行動を共にするのは、田辺誠一ふんする「捜査一課12係」のベテラン主任・海老沢芳樹と、白洲迅が演じる「刑事資料係」の新人で天樹の部下・野々村拓海。正義感と上昇志向が強い海老沢は主任という肩書きではあるもの、実際は人望が薄く12係の部下たちはほとんど言うことを聞いてくれないのが現状。一方、刑事になるのが夢の野々村も好奇心旺盛で行動力はあるものの、いつもどこか空回り…。そんな2人が天樹らと一緒に捜査を行っていく中で、どう変化&真価を発揮するのでしょうか。新生『刑事7人』から目が離せません!

主な登場人物

天樹 悠(あまぎ・ゆう)

東山 紀之

警視庁刑事部 刑事総務課 刑事資料係。「警視庁遺失物センター」「捜査一課12係」「機動捜査隊」を経て、刑事資料係に配属。一見朗らかだが、ふと人を食ったような態度を見せる男。捜査能力は非常に高い。ひたすら証拠を積み上げ、真実が判明する瞬間までは物事を決めつけないスタイル。12年前の妻子の事故死が仕組まれたものであると判明し、その衝撃の真相に自身の正義感が揺らぐが、何とか乗り越え、今はただ前を向いて進もうと努めている。多忙だった刑事時代に比べて時間に追われることもなくなった刑事資料係での日々も、これはこれで悪くないと思っている。そして莫大な捜査資料と向き合う日々が、天樹を“人間犯罪ビッグデータ”へと変えることに。

海老沢 芳樹(えびさわ・よしき)

田辺 誠一

警視庁刑事部 捜査一課12係主任。今回、片桐の采配で新たに特別チームに加わる中堅刑事。環や青山の直属の上司。7年前のとある事件をきっかけに、警察組織に対して強い不信感を抱いている。その思いが伝わってか、あるいは熱すぎる正義感が災いしてか、部下たちはなかなか海老沢の指示通りに動いてはくれない。元々は、捜査能力の高い男であり、今回の人事により片桐に専従捜査班へ引き抜かれた。

水田 環(みずた・たまき)

倉科 カナ

警視庁刑事部 捜査一課 12係刑事。「12係刑事」「監察官」を経て、再び刑事の世界に舞い戻ってきた。帰国子女。天樹悠とはまた違ったタイプの高い洞察力と推理力を持つ。常に冷静沈着。前シリーズで監察官から“スパイ”として仲間たちの動向を内偵するよう要請されたが、結局仲間を裏切ることはなかった。監察官として過ごした一年で、頑なだった環の“潔癖な正義感”が少しずつ柔軟性を見せ始める。片桐が行った今回の突然の人事を怪訝に思っているが、反面、どこかでうれしさを感じている自分にも戸惑いを隠せない。

野々村 拓海(ののむら・たくみ)

白洲 迅

警視庁刑事部 刑事総務課 刑事資料係。1年前に入庁。警察学校を経て天樹の下に配属された。小さな頃から刑事になるのが夢だったが、好奇心旺盛で無邪気すぎる性格が災いし、内勤に配属された。常に声が大きく、天樹や環、青山らの耳を塞がせる。

青山 新(あおやま・あらた)

塚本 高史

警視庁刑事部 捜査一課 12係刑事。「所轄刑事」「12係刑事」「交番勤務」を経て、再び12係の刑事へ。警察官にならければ、犯罪者になっていたかもしれない男。一般的な感情や常識が欠落した犯罪者の行動原理を肌感覚でつかむことができる。自分なりの信念、“法に縛られない正義”があり、組織の論理にはまったく飲み込まれない。前シリーズで行き過ぎた言動により厳重に処罰されたが、捜査一課に返り咲いた今も反省した様子はない。天樹や環たちと再び捜査ができることを純粋に喜んでいる。やがて放任主義の天樹に代わって新人の野々村の“子守り”役を担当することになり、それが“やんちゃ”だった青山を少しずつ変えていく。

片桐 正敏(かたぎり・まさとし)

吉田 鋼太郎

警視庁刑事部 刑事総務課 刑事資料係長。「12係長」「刑事総務課長」「第11方面本部準備室長」「運転免許センター発行係」を経て、刑事資料係長に。被疑者の首を絞めるという大失態を犯したにもかかわらず現職に留まっていられるのは、上層部の弱みを握ったからだと“うわさ”されている。善悪定かならぬ謎の人物で、超権力主義者。組織の上ばかり見ているように思えるが、実は天樹たちと同様に“確固たる正義感”を持っている。今回のスペシャルチーム設立を裏で画策した張本人である。資料係の運営は天樹に任せっきりで、気が向いたときだけフラッと姿を見せる。

堂本 俊太郎(どうもと・しゅんたろう)

北大路 欣也

東都大学医学部 法医学教室教授。天樹の義父。世界的権威として法医学界を牽引している。法医学に関する知識と技術はずば抜けており、時として堂本の見立てが捜査方針を180度変えることもある。ただし、あくまでも法医学者としての立場をわきまえており、「事件を解決するのはあくまで刑事」と、警察とは明確に一線を設けている。身近な人間の死を幾度か経験していく中で、悔いのない人生を送ろうと趣味のクルージングや料理を再開した。今でも亡き妻の残したレシピを大事に持っていて、気が向くとそのレシピを基に天樹らに手料理を振る舞う。新人の野々村のことを新しくできた孫のように可愛がるが、当の野々村は迷惑ぎみ。

第1話あらすじ

 仲間の裏切りという衝撃的な事件の終末から1年後。 警視庁刑事部刑事総務課刑事資料係に飛ばされた天樹悠(東山紀之)は、新調した老眼鏡を掛けながらノートパソコンに過去の捜査資料をデータベース化するための作業に打ち込んでいた。そこへ部下の野々村拓海(白洲迅)が現れ、9係の警部補に頼まれた過去の捜査資料が収められた場所を捜索する。その野々村に天樹は迷いなく棚の位置を教え、さらに類似事件の未解決事件の資料の場所をも提示。野々村は「さすが人間データバンク」と感心しきりだ。
 そんな中、のんびりと“資料係長”の札が立つデスクについた片桐正敏(吉田鋼太郎)は、天樹に「もう来た? 朝一番に来るって言ってたんだけど、あいつら」と語りかける。「あいつら?」と尋ねる天樹の声に追いつくように資料係を訪問したのは、水田環(倉科カナ)と青山新(塚本高史)。2人はそれぞれにこの1年、監察官と交番勤務に配属されていたが、片桐からの突然の呼び出しによって12係の刑事に戻っていたのだ。
 環と青山が来たのは、昨日朝に起きた事件について調べるため。7年の刑期を終えた松原祐二という元服役囚が、出所直後に保護司を暴行して逃走。2人は7年前の松原に関する捜査資料を基に、潜伏先を特定する手掛かりを得ようとしていた。矢先、環や青山の上司でもある12係主任・海老沢芳樹(田辺誠一)が資料係を訪れる。7年も前の捜査記録を調べて何になるんだと言い放つ海老沢は、そのまま天樹のことも冷徹に見据える。環らに資料のコピーを渡して通常業務に戻る天樹と拓海だが、刑事の習性が抜けきらない天樹は、この事件についての彼なりの疑問を感じてゆくことに…。

コメント

東山紀之(天樹悠・役) コメント

 4年目の『刑事7人』です。なんだか1年が経った感じがしないですね。現場にもスッと戻れましたし、まるでデジャブのよう(笑)。今回の天樹は刑事資料係に配属されたことで過去の犯罪記録をほぼ記憶し、そこから現在の事件のヒントを導き出していく“人間データバンク”となります。過去の記録の中に詰まっていただろう人の思いを天樹はどう引き出し、どう事件解決につなげていくのか。そこに注目していただければと思います。
 また今回は田辺誠一さんと白洲迅さんのお二人が新メンバーに加わります。田辺さんとガッツリ組むのは初めてなので、どんなお芝居をされるのかが楽しみですね。白洲くんは若手ならではの力で、いい意味でかき回してくれると思います。北大路欣也さんから白洲迅さんまで、今回もいい7人が揃ったと思います。どんな化学反応が起きるのか楽しみです。

田辺誠一(海老沢芳樹・役)コメント

 今まで一視聴者として『刑事7人』を楽しんでいましたが、まさか自分が出演することになるとは思わず、ビックリしました。それと同時にとても光栄でしたね。東山さん演じる主人公の天樹は表面上は常に冷静沈着だけど、中には煮えたぎるほど熱いものを抱えている人間のイメージ。作品自体にもどこか品格がありますし、東山さん自身にも同様のものを感じます。そんな中で僕が演じる海老沢は少し温度が違うというか、ズレているというか…。天樹たちを無自覚に振り回してしまう役割かもしれないなと思っています。僕と白洲くんという新しいメンバーが入ったことで、新しい七人の像を作れればと思います。

倉科カナ(水田 環・役)コメント

 もう4年が経ったのか、という思いです。最初の頃のシリーズでは緊張の方が強かったですが、今は逆にこの現場に心地良さを感じるようになっています。今回は田辺さんや白洲さんも新メンバーに加わって、特に白洲さん演じる野々村くんのフレッシュ感が半端ないです(笑)。前作は天樹のバックグラウンドを中心に描かれていた重めの内容でしたが、今作ではキャスト同士の事件以外の会話が多く、緩急がしっかりと付いていて、固まりすぎていないと言いますか。どこか1シリーズ目に近い印象を受けます。バラバラになっていたメンバーが再び集められ、今後どうなっていくのか…ぜひ楽しみにしていてください!

白洲 迅(野々村拓海・役)コメント

 4年も続く作品に新しく仲間入りできることをうれしく思うと同時に、身が引き締まる思いです。『刑事7人』は刑事モノの中でも、よりカッコよさが際立っている作品のイメージ。特に東山さんが本当にカッコいいです…! でも撮影現場では冗談を言われるなど、とても気さくな方で、逆にイメージが壊されたというか(笑)。すごく優しい方で安心しました。拓海を演じる上でのキーワードは“熱さ”。かなりうるさく動いて、いい意味でこれまでの『刑事7人』の雰囲気を崩していけたらいいなと思っています。そしていつかは拓海の成長も見せられたらいいなと思いますね。

塚本高史(青山 新・役)コメント

 初めて入ってからもう3年も経つんだなと感じました。シリーズものの出演は初めてなので、毎年の夏にこの作品に会うと、それだけで一年が締まるというか。大切な存在になっています。今回は天樹さんや青山、環ちゃんが片桐さんの指令で急に捜査に加わることになり、それによってそれぞれがどういう役回りになっていくのかがまだ何も明確になっていなくて。それが最終回までの間にどう動いていくのかが楽しみです。田辺さんが演じる海老沢さんは青山の新しい上司になるのですが、まだ馴染んでいないですし、どこかギスギスした感じもありますし…。まだ全く直属の上司として見ていないので(笑)、これからに期待したいですね。白洲くん演じる野々村は、青山にとっては初めての部下。今までは僕が一番下の役だったので新鮮です。野々村の熱さが暴走するところを諌めたりするような、そんな青山の成長を見せられたらいいなと思います。

吉田鋼太郎(片桐正敏・役)コメント

 前回はシリアス路線と言いますか、リアルと言いますか。それが視聴者の方々に受け入れていただけてうれしかったです。そして今回は一体どんなふうに物語が動くのか…今からワクワクしています。田辺誠一さんと白洲迅さんという強力な方々が入ってくださったのも楽しみの一つです。白洲くんとは最近まで同じ舞台に出ていて、一緒にご飯に行くこともしょっちゅう。田辺さんとは20年ほど前に舞台で共演して以来だったのですが、奥さんの大塚寧々さんとは最近までドラマ『おっさんずラブ』で共演していたので、そこでいろいろな田辺さんのお話を伺っていました。まさかこのタイミングで一緒にお仕事できるとは! と驚きましたね。
 そしてもちろん、また東と共演できるのはすごくうれしいです。この間の舞台も見に来てくれていましたし、アイツ、「『おっさんずラブ』のDVDを全部買うからくれ」とも言うんですよ(笑)。この『刑事7人』の直近の作品が『おっさんずラブ』だったので、見ていらっしゃる方が「片桐が急に天樹を口説き出すんじゃないか」って思わなければいいですけど…。いや、むしろ隙があったらそういうシーンを入れてもらおうかな(笑)?

北大路欣也(堂本俊太郎・役)コメント

これぞ法医学の心意気!
若き精鋭たちの捜査の力になりたい。
皆様との再会を楽しみにしています。

スタッフ

脚本

寺田敏雄 ほか

音楽

𠮷川清之

ゼネラルプロデューサー

内山聖子(テレビ朝日)

プロデューサー

三輪祐見子(テレビ朝日)

和佐野健一(東映)

井元隆佑(東映)

監督

及川拓郎 ほか

制作

テレビ朝日

東映

過去の放送