バックナンバー

静岡県三島市 女優・野村真美 富士山を望む“水の都”で移住スタート!
絶景広がる理想の物件、その驚愕の家賃は!?

富士山を望む絶景の町、静岡県三島市を舞台に新たな移住生活をスタートさせるのは、女優・野村真美。三島市は、東京から最短およそ50分。そのアクセスの良さから、幅広い世代に、移住地としての人気が上昇しているという。
富士山が大好きという野村。三島市で移住生活を始める目的の一つも、「富士山が見える家に住むこと」という。そんな野村が最初に向かったのは、三嶋大社。新しい土地に来たら、その地の神社で神様に挨拶をするのだ。挨拶を終えると、東京から移住してきたという男性に声を掛けられる。「暖かく、のんびり過ごしている」と三島での移住生活を語る男性に、期待が膨らむ野村!いよいよ「富士山が見える家」を探すべく、物件探しへ!
不動産屋さんと待ち合わせをし、最初に向かったのは、市内中心部からおよそ40分の箱根に程近い山間部。元々別荘として使われていたという、閑静な地に建つ落ち着いた雰囲気のある一軒家だ。間取りは、2SLDK。薪ストーブに、富士山を臨む20畳のリビングダイニングやウッドデッキ付き!さらにサウナ付きのお風呂からも富士山を一望!申し分ない絶景広がる一軒家、果たしてその家賃は…?
2件目の物件も近くにあるということで、富士山を眺めながら歩いて向かうことに。バーベキューコーナー付きの、高台に建つ3LDKの一軒家。最大の売りというリビングからの眺めは…富士山だけではなく、駿河湾までが目の前に!絶景を眺めながらのティータイムを思わず想像してしまう野村。気になるキッチン回りはリフォーム済みのほか、ロフト付きのリビングに、和洋室も充実。野村も大興奮の一軒家、その驚愕の家賃とは!?そして、どちらの絶景広がる物件を選んだのか!?