長野智子が見た「“原発の現場”最前線」

福島第一原発事故を受けて、原発の現場は何が変わったのか?事故の教訓は生かされているのか?柏崎刈羽原発、もんじゅ、さらには六ヶ所村再処理の実態、日本の原発サイクルの孕む問題点を長野智子が検証する。

長期密着「除染か移住か…」浪江町の闘い

事故発生直後から「報道発ドキュメンタリ宣言」で密着取材を続けてきた福島県浪江町。避難区域の中で、野生化した牛や豚の暴走。進まない故郷の除染…事故から一年たった今も「収束」することなく“震災後”の人生で苦闘を続ける浪江の人々を追う。