これまでに紹介した秘湯

2018年1月14日放送

山形県の秘湯

瀬見温泉「喜至楼」

山形・瀬見温泉。
岩風呂に混浴風呂、老舗の宿で楽しむ湯めぐりです。
さらに、木の板が並んでるだけ?
瀬見温泉・伝統の入浴法、床に空けられた穴の正体は?

大野目温泉 旅館安部

山形駅に降り立つとコートを着ていても感じる寒さ。東北に来たことを実感します。駅から車で15分、「温泉」の看板がありました。「大野目」とはこのあたりの地名です。ここは「大野目温泉 旅館安部」。入浴料が大人300円。お風呂は男女別の大浴場のみ。大きな岩を配した湯船で内湯とは思えない野趣あふれる造りです。塩分や鉄分が豊富な、緑がかった濁り湯です。毎分およそ200リットルのお湯を、贅沢に掛け流し。

山形県の秘湯

白布温泉「東屋」

標高900メートルの山の中に鎌倉時代からこんこんと湧き続ける白布温泉。
山から流れ落ちてくる源泉を使った滝風呂。
戦国武将を癒したお湯に入ります。