2017年12月17日(日)よる9:00放送

内野聖陽、渾身の一作
これまでにない骨太な刑事ドラマが完成
“人間”を描いた重厚な刑事ドラマ!

事件解決に奔走する刑事を一人の人間として
その悩みや葛藤を描く、これまでにない骨太な刑事ドラマ!
内野聖陽がドラマ化を望んだ企画がついに実現!
実力派俳優の卓越した演技とこだわりの映像で重厚な一作が完成!

■内野聖陽の7年越しの思いが実現!
やり手刑事の捜査と悩み──刑事を人間として捉えた1本!

 肩書きは一介の巡査部長に過ぎない警視庁捜査一課の刑事ですが、誰もが認める刑事としての高い手腕で“ヘヤチョウ”として信頼されている男。そんな武骨な刑事が、突如として人間的な悩みを抱えることになり、葛藤しながらも難事件に立ち向かう姿を描く刑事人間ドラマ。これまでの事件捜査がメインの刑事ドラマには登場しなかった人間臭いヒーローを、「臨場」、「ゴンゾウ」といった刑事ドラマで個性的な主人公を見事に演じ、高い評価を受けてきた内野聖陽が演じます。

 内野演じる主人公の釜本は、誰もが認めるやり手刑事。その手法は古くさく武骨ではありますが、着実に成果をあげるなど上司からも信頼を得ています。ところが、時間も忘れて捜査に熱中するあまり、親友の同僚刑事の相談に乗ることが出来ず、彼は自殺。さらに家庭をも顧みなかったがために、寝たきりの父の面倒を長年みてきた妻にも愛想をつかされてしまいます。刑事として犯人逮捕を第一に考え、行動してきたおかげで、人間としての心を失ってしまったのではないか。釜本は初めてと言っていい“人生の壁”にぶち当たり、苦悩します。そんな釜本の前に現れたのが、警察官として認められたいともがく女性刑事・美紀(武田梨奈)。美紀はかつて釜本が世話になった先輩刑事の娘。彼女なりの悩みに接した釜本は、人間として自らの悩みと重ね合わせ、事件捜査に奔走しながらも人間的にも成長していきます。

 原作は、警視庁捜査一課に勤務、退職後は刑事・警察作品の企画協力、原案提供、演技指導などを行う一方、小説などの執筆も手がけた故・飯田裕久氏の小説「地取り」、「検挙票」。この2作を大河ドラマ「八重の桜」、「相棒」などの山本むつみが脚色しました。内野は、過去に飯田氏が警察監修を担当するドラマに出演。俳優として飯田氏を信頼、心酔してきました。2010年に飯田氏が急逝すると、内野主演で飯田氏原作のドラマ化の企画が立ち上がりましたが、内野の主人公を演じる年齢ではないという意向もあり見送りに。その企画が今回ついに実現、内野にとってもおよそ7年越しの思いが形になる、という悲願が果たされる記念すべき作品となりました。

■実力派俳優が集結! 巧みな演技とこだわりの映像美で重厚な作品に!

 連続通り魔事件、強盗殺人事件の捜査という事件捜査を縦軸に描きつつ、刑事・釜本という一人の人間が抱える苦悩と葛藤、そして立ち直っていく姿が描かれていきます。単なる刑事ドラマではない奥深い魅力を内包した味わい深い人間ドラマです。
 事件解決までの流れと人間・釜本の心情が巧みに折り重なり、ワンシーン、ワンシーンで胸に迫ってくる濃密なストーリーが味わえます。内野を始めとした演技派俳優陣の卓越した演技、こだわりのあるスタッフ陣による映像美も作品のみどころです。
 共演は、若手女性刑事・美紀に武田梨奈、釜本の理解者でもある上司・15係係長の沼尻に平田満、釜本と敵対する東中野署署長・吉沢に吹越満、釜本の妻・幸江に奥貫薫、寝たきりとなった釜本の父・和彦に石橋蓮司、ほか実力派俳優が集結!
 内野をはじめスタッフ、キャストの強い思いが画面からにじみ出てくるような“人間”を描いた刑事ドラマ。これまでの事件捜査ものとは一線を画した、ドラマスペシャル「ヘヤチョウ」にご期待ください。

キャスト

釜本宣彦(かまもと・のぶひこ)

内野聖陽

 警視庁捜査一課・15係の部屋長。巡査部長。昇任試験の勉強の暇なく捜査に打ち込み続けたからか昇進せず。とはいえ、捜査相手から巧みに情報を聞き出すなど刑事としての手腕には定評がある。一方で捜査に夢中になりすぎ、要介護の父の世話を妻・幸江に任せきりに。ついには妻に家出されてしまう。

辻本美紀(つじもと・みき)

武田梨奈

 東中野署刑事課・強行犯捜査係の新人刑事。巡査。交通課から志願して刑事になったばかり。父親も所轄刑事で殺人犯を追跡中、犯人の発砲から民間人を守るために盾となり殉職している。

沼尻聡史(ぬまじり・さとし)

平田 満

 警視庁捜査一課・15係係長。警部。釜本の直属の上司で、現場では司令塔となり捜査員を仕切る。釜本の能力を高く評価する理解者で、時に暴走し上司と対立する釜本を庇うことも。

吉沢 誠(よしざわ・まこと)

吹越 満

 東中野署署長。警視。釜本の大学時代の剣道部の先輩。釜本の捜査方法に疑問を持っており、何かにつけて対立する。

釜本幸江(かまもと・ゆきえ)

奥貫 薫

 釜本の妻。事件捜査で家をあけることも多い夫に代わり、寝たきりの義父・和彦の面倒をみてきた。しかし、あまりに家庭を、自分を顧みない夫に愛想を尽かし、判を押した離婚届を置いて家を出てしまう。

ストーリー

「ちょっと相談したいことがあってな」
 親友で刑事の森山(平野貴大)からの久々の電話をもらった釜本だったが、緊急出動がかかり、かけ直すこともなくそのままに。その夜、森山は拳銃で自殺してしまった。
 森山の妻・百合子(岩崎ひろみ)から「主人のSOSを無視したんですか」と責められた釜本は、自らを責め通夜で泥酔して帰宅する。
 しかし、その釜本を出迎えるはずの妻・幸江(奥貫薫)は、寝たきりの父・和彦(石橋蓮司)の世話をヘルパーに任せて家出。テーブルには幸江が署名・捺印した離婚届が置かれていた…。

 妻の家出は俺が原因なのか…。思い悩む釜本に上司の沼尻(平田満)が、通り魔事件の捜査中に襲われた若手刑事・美紀(武田梨奈)の事情聴取を頼んでくる。美紀は、自らも世話になり殉職した辻本警部補の娘。美紀の責任を追及し、責め立てるように質問する吉沢署長(吹越満)を邪魔だといわんばかりに追い出した釜本は、美紀の事情聴取を行う。自分を襲った犯人の顔は見ていないが、服装や背格好などスラスラと答える美紀。通り魔事件の捜査本部への復帰を熱望するが、事件当事者となったからにはそれもかなうかどうか…。そんな釜本の対応に美紀は悔しさを露にする。

 ヘルパーから父の世話の仕方を教えてもらう釜本のもとに、新たな事件発生の連絡が入った。一人息子を10年前に事故で亡くした岡崎(青山勝)が、強盗と思われる犯人によって自宅で殺害された。事件発生時、不眠症のため睡眠薬で熟睡していた妻の美千代(筒井真理子)は、突然のことにぼう然としている。釜本は、同じ特捜本部の配属になりながらも、上司の稲生(浜田学)に通り魔事件の捜査に戻して欲しいと懇願する美紀とペアで地取り捜査を開始する。

 釜本の巧みな聞き込みに目を丸くする美紀。しかし、その聞き込み対象者の中には森山の妻・百合子が。岡崎家とはそれほどの付き合いがなかったと答える百合子の許しを得て、森山の遺影の前で手を合わせる釜本。冷ややかな百合子の態度を目の当たりにした美紀は、釜本と森山の関係を知ることになる。

 今夜だけでも通り魔事件の捜査に同行させてください!
 稲生に食い下がる美紀に、釜本は「お前、何か隠してるな」と鋭く迫る。観念した美紀は、自分を刑事課に呼んでくれた稲生が家庭の事情で悩んでいるという。恩を返す意味でも稲生の助けになりたいと焦る美紀。稲生が抱えている問題とは?

 和彦の容体が急変、入院することになった。急きょ帰宅した釜本は、ヘルパーに言われ保険証を探すがどこにあるかわからない。仕方なく妻の幸江に電話をしようとするのだが、「親父が入院することになった…」と言うだけで言葉が続かない。これまでやさしい言葉の一つもかけてこなかった妻になんと言えばいいのか…。

 岡崎殺害事件の捜査が行き詰まりを見せる中、釜本はこれまで口にしなかった疑問を美紀にぶつける。
「お前、通り魔の顔を見てるよな」
 釜本は美紀との簡単な事情聴取ですべてを見抜いていたのだった。釜本の言葉にようやく犯人の人相などを話す美紀。なぜ真実を隠そうとしたのか。美紀は自らが抱えていたある思いを釜本に告白する。
 そして、釜本らの聞き込みによって岡崎殺害事件の容疑者が急浮上。犯人逮捕へ、釜本らも勢いづくが…。

コメント

内野聖陽 コメント

 飯田裕久さんの原作には刑事の世界について細かく描かれていて、我々の知らない刑事の生き様が描かれています。そんな本が元になっているドラマですから、いわゆる痛快な捕物帳的な刑事ドラマではない刑事の息遣い、あるいは被害者感情などをじっくりと描く作品になると思います。一言で言えば、一風変わった作品になるのではないか、という気がしています。
 とにかくスーパーマン的なキャラクターが出てくるようなストーリーではないので、僕も釜本の苦しみ、葛藤、弱さ、そういうものがにじみ出るような演技が出来たら、と思いつつ演じさせていただきました。

 この作品で特徴的な点は、犯人を逮捕する刑事の日常以外にプライベートの部分も大事に描かれているところ。そこが今作で一番難しいところでもあったのですが、視聴者の方も「刑事さんも自分たちと同じじゃないか」と共感していただけるのではないかと思います。殺人事件を扱う捜査一課の刑事さんは24時間働かなければならない厳しい職場にいる。それでも、そんな彼らでも家族の悩みを抱えながら生きている、というところに僕はリアリティーを感じました。

 今回はスタッフさんも超一流の方々が集まり、俳優さん、女優さんも僕の尊敬する方ばかりです。これは俺も気合いをいれなければ、と思って一つ一つのシーンをこれでもか、というぐらいこだわって撮影させていただきました。
 単なる刑事ドラマとしてではなく、働く男性、女性なら「あーわかるな、切実だな」と感じて頂ける部分がたくさん含まれた作品だと思います。刑事も一介の人間に過ぎない、そういうものが感じられる、見応えのあるドラマになっていると思います。

スタッフ

(原作)

飯田裕久「地取り」「検挙票」(朝日新聞出版)

(脚本)

山本むつみ

(音楽)

(プロデューサー)

松本基弘(テレビ朝日)
大川武宏(テレビ朝日)
金丸哲也(東映)

(監督)

猪崎宣昭

(制作)

テレビ朝日
東映