2018年7月19日(木)スタート!
毎週木曜よる9:00~






テレビ朝日連ドラ初主演
綾野剛
×
累計230万部突破!!
『ハゲタカ』

この夏、伝説の“企業買収者”が
腐った組織のトップを叩きのめし
痛快に日本企業を甦らせる!
誰もが待ち望んでいたダークヒーロー登場
“鷲津”劇場、7月木曜よる9時開幕!!

2019年、『平成』の幕が下りる――
バブル景気という熱狂の中で産声を上げた平成という時代は
バブル崩壊、失われた10年、リーマンショック、
そしてアベノミクスによる景気上昇、と
経済の乱高下に揺さぶられ続けた30年間だった…
そんな激動の時代を背景に、外資系投資ファンドを率いる
“買収者”・鷲津政彦の生き様を描いた、小説『ハゲタカ』。
真山仁氏が2004年に発表した傑作小説を、
この夏、実力派俳優・綾野剛を主演に迎えて連続ドラマ化する!

■累計230万部! 真山仁氏の大ヒット小説『ハゲタカ』がこの夏、連続ドラマ化!

 2004年に刊行された真山仁氏の小説『ハゲタカ』。バブル崩壊後の1997年、“失われた10年”の渦中にあった日本に突如として現れた外資系投資ファンド代表の鷲津政彦――“ハゲタカ”と激しいバッシングを受けながらも、不良債権を抱えた“大銀行”や経営不振の“名門企業”へ次々と買収劇を仕掛け、鮮やかに勝利していく様を描いた同作は、サラリーマンたちから圧倒的な支持を集め、ベストセラーとなりました。さらには、『買収のスペシャリスト』として、対象企業を誰よりも徹底的に調べ上げ、丸裸にし、闘いに挑む――そんな圧倒的なカリスマ性で突き進んでいくダークヒーロー・鷲津の姿は、男性だけでなく、多くの女性たちをも虜にしたのです。

 その『ハゲタカ』がこの夏、連続ドラマとなってテレビ朝日の木曜よる9時に降り立ちます!
 「最強の企業買収者」と日本を震撼させた男が、腐敗した企業、そして日本経済界へ大胆に、そして痛快にメスを入れ、次々と革命を起こしていく――2018年7月にいよいよ開幕する“鷲津”劇場は、権力に立ち向かうひとりの男の姿を描く、爽快感たっぷりのエンターテインメントなのです!

■綾野剛、テレビ朝日連ドラ初主演! 圧倒的なカリスマ性を持つダークヒーローに!

 主人公・鷲津政彦を演じるのは、テレビ朝日連続ドラマ初主演となる綾野剛! ドラマ『コウノドリ』で心優しい産婦人科医を演じた綾野が、今作では一転、ダークヒーローに挑み、新たな顔で視聴者を魅了します。
 硬軟幅広く演じ分ける実力派俳優としても知られる綾野。買収劇においては誰よりもシビアなスペシャリストとして、血も涙もない決断を下していく一方で、周囲を惹きつけてやまないカリスマ性を持ち併せる主人公をどのように体現し、『ハゲタカ』という作品の中に昇華させていくのか――今からドラマのスタートが待ちきれません!

■ドラマオリジナルエピソードも…! 鷲津政彦は2018年の日本に何を思うのか?

 今作では『平成』と共に生きた鷲津政彦の軌跡、特にその20年の時を、1クールの中でスピード感を持って、ダイナミックに描いていきます。
 中でも特筆すべきは、原作小説『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』で描かれた壮絶な企業買収の物語に加え、ドラマオリジナルとなるエピソードが登場する点です。
 それは2018年の『ハゲタカ』物語――。
 2018年、私達と同じ時を生きる鷲津政彦が、何を見て、何を思い、どんな行動に打って出るのか――誰もが知りたかった鷲津の“現在”を、原作者・真山仁氏が今回のドラマ化のために書き下ろした原案をもとに描いていきます!

 “利益相反”と“忖度”で腐りきってしまった企業の上層部を叩き、会社を甦らせる――平成を生き抜いた、伝説の“企業買収者”鷲津政彦。
 テレビ朝日木曜よる9時枠に誕生する、新たな“スペシャリスト”の闘いにどうぞご期待ください!!

ニュース

渡部篤郎、小林薫、杉本哲太、光石研、池内博之ら豪華俳優陣が参戦!

2018年6月7日

個性豊かな演技巧者たちが彩る
痛快エンターテインメントドラマ、誕生!

 「企業買収」のスペシャリスト、鷲津政彦が“ハゲタカ”とバッシングを受けながらも、日本の名門企業を次々と買収し、再生していく今作。
 このたび、豪華共演陣が決定しました! 渡部篤郎、小林薫、杉本哲太、光石研、池内博之といった実力派俳優たちが続々名を連ね、作品に彩りと深みを与えます!

■綾野剛演じる鷲津の敵として立ちふさがる渡部篤郎&小林薫!

 アメリカにいた鷲津が日本に戻り、最初に手がける大仕事が、第1話で描かれる三葉銀行のバルクセール。そこで出会い、全話を通し、鷲津とは大きな因縁で繋がっていくのが、渡部篤郎演じる芝野健夫です。芝野は三葉銀行のエリートバンカーとして不良債権処理に携わり、日本初のバルクセール実施に際し、鷲津と対峙します。鷲津政彦という男にいち早く警戒感を覚える一方で、銀行上層部からの無理難題には憤りを感じる――葛藤の中で揺れ動き引き裂かれる思いを抱きながらも、仕事に対して真摯に向き合う芝野を、渡部が丁寧に、繊細に演じます。
 また、そんな芝野の上司であり、三葉銀行の常務取締役でもある飯島亮介を演じるのは、小林薫。“三葉史上屈指の策士”と評されるほど、目端が利く陰謀家である飯島は、三葉銀行のためならどんなやり方も厭わないという考えの持ち主で、芝野ら部下にもその考えを強いていきます。物語が進むにつれ、飯島は鷲津にとってどのような存在になっていくのか――小林と綾野の演技合戦にも注目です。

■鷲津の部下には杉本哲太、光石研、池内博之…豪華俳優陣が集結!

 さらに、鷲津が代表を務める『ホライズンジャパン・パートナーズ』のメンバーも続々決定。日本政財界の裏と表に精通し、数多くの情報源を持つ佐伯宗徳役に杉本哲太。不動産取引のエキスパートでもある中延五朗に光石研。そしてアメリカ育ちの日系アメリカ人で鷲津の右腕でもあるアラン・フジタ役を池内博之が演じます。
 ほかにも、芝野の妻・亜希子役に堀内敬子、そして娘のあずさ役に是永瞳が決定。シビアな買収劇が繰り広げられる一方で、仕事に忙殺されるあまり、崩壊寸前の家庭を抱える芝野の苦悩も描かれていくこととなります。
 そして三葉銀行で芝野の部下として資産流動化開発室で働く宮部みどり役には佐倉絵麻も決定。芝野とともに鷲津たち『ホライズンジャパン・パートナーズ』と対峙していきます。
 また、沢尻エリカ演じる松平貴子の実家『日光みやびホテル』でも物語は展開。木南晴夏が演じる貴子の妹・珠香もキーパーソンのひとりとなっていきます。

 個性豊かな演技巧者たちが集結した7月期木曜ドラマ『ハゲタカ』。豪華俳優陣たちの競演による“ハゲタカ劇場”――幕が開くまで、もうまもなくです!

【芝野健夫役・渡部篤郎 コメント】

 『ハゲタカ』は以前にも一度映像化されている作品。そういった作品を再び映像化するというのは大変なことですし、そこの場に自分を呼んでいただけるというのは光栄なことです。
 綾野さんはとても高みにいこうとしている方で、一緒にお芝居をしていてもとても勉強になります。そんな彼の思い描く通りの鷲津、そして『ハゲタカ』という作品に少しでも近づけるよう、共演者として精一杯やっていきたいと思っています。
 前作とはまた違った評価をいただけるようなエンターテインメントを見せられるよう、芝野という人物を演じていきたいと思います。

【飯島亮介役・小林薫 コメント】

 時代を読み損ねた大企業がダメになっていくという様は、実世界でも多くありました。そういった出来事とリンクしているこの作品は、非常にわかりやすい“弱肉強食の世界”を描いていると思います。その一方で、登場する人々の人間関係も特殊だったり、人間たちの欲望もむき出しだったり、と一面的でない面白さがあるのではないでしょうか。
 私が演じる飯島は、わかりやすいくらいに狭い世界で生きてきた企業のトップ。その中だけで通用していたことが、広い世界に出たときに通用しなくなったという、栄光と悲劇性を併せ持った人だと思います。
 綾野さんとはこれまでの映画などでもご一緒してきましたが、今回のような“大人”な役で出会うのは初めて。この作品を機に大人の役者さんへと脱皮していくのかもしれません。そういった作品でまた違った関係性でご一緒できるのは楽しみです。
 食う食われるという世界だけでなく、そこに介在する人々の思いや関係にも注目しながら楽しんでいただけたらと思います。


沢尻エリカ、ホテルウーマンになる!

2018年6月2日

綾野剛演じる
企業買収者・鷲津政彦の
最強の敵として、
沢尻エリカが
“ハゲタカワールド”に参戦!

芸能生活20年の節目…
これまでにない役柄に挑む!

アメリカからやってきた伝説の“企業買収者”の前に最強の敵として立ちはだかるホテルウーマン・松平貴子役に沢尻エリカが決定!
テレビ朝日系連続ドラマ 初出演となる沢尻が芸能生活20年という節目の年に、本作のヒロインとしてこれまでにない役柄に挑戦する!

■沢尻エリカ、“ハゲタカワールド”へ!

 今作で彼女が演じるのは、ホテルウーマン松平貴子です。日光にある名門ホテル『日光みやびホテル』のオーナー一家に生まれながらも、大学卒業後は、東京にある大手外資ホテルでフロントマネージャーを務めていたところに鷲津と出会います。
 不思議な縁で結ばれた貴子と鷲津は、後日意外な場所で再会。そして物語全編を通じて、買収者・鷲津の最強の敵へと成長していくことになるのです。
 一本通った芯を持つ女性・貴子。若いながらも冷静沈着なホテルウーマンとしてタフに鷲津と渡り合う、しなやかな女性を沢尻がどのように体現するのか――沢尻が描き出す強く美しい女性の活躍にご注目ください。

■3度目の共演となる綾野との新たな化学反応に期待…!

 主演の綾野と沢尻は、今作が3度目の共演となります。2012年に公開された映画『ヘルタースケルター』、そして2015年公開の映画『新宿スワン』と、どちらも衝撃的な題材と鮮烈なビジュアルで観客に強烈なインパクトを与えました。
 今作『ハゲタカ』では一転、企業買収者とホテルウーマンという、まったく違った関係性で視聴者の前に登場します!

■芸能生活20年! その節目の年に新たな役柄に挑戦する沢尻の思いとは

 今年、芸能生活20年を迎えた沢尻。そんな節目となるこの年に、これまでにない役柄に挑むということには、沢尻本人も「とてもやりがいを感じている」と話します。
 節目の年にこういった新ジャンルの作品と出会ったことに、「これまでは人間味があったり、破天荒だったり、という役柄が多かったので、『ハゲタカ』はわたしにとって珍しいテイストの作品。まさに新たな一歩という気がしています」と大きな期待感を表していました。

 芸能生活20年を迎え、女優としてさらなる飛躍を遂げていく沢尻。この先の役者としての人生に向かう大きな一歩を、今作『ハゲタカ』で踏み出すこととなります!

【松平貴子役・沢尻エリカ コメント】

 『ハゲタカ』は誰もが知るヒット作品。お話をいただいたときは「あの『ハゲタカ』か!」と驚きました。ただ私自身、金融・経済といったジャンルの作品をやらせてもらったことがなかったので少しだけ不安もありましたが、一生懸命頑張って『ハゲタカ』の色に染まっていけたら、と思っています。

◎沢尻さんが演じる松平貴子という女性について
 貴子は物事を「これ」と決めつけるのではなく、オープンマインドにいろいろなことを考えられる視野の広い女性、という印象です。包容力があって優しいけれども芯が通っていて、彼女なりの“正義”をしっかりと持っています。私自身もストレートな気持ちでぶつかっていきたいという人間なので、役としっかりと向き合って演じていきながら、貴子なりの“正義”をしっかりと見出していきたいと思います。
 貴子は第1話ではホテルマン、以降の変化をどうつけようかと思案していたときに、綾野剛さんが「エリカはこの髪型がいい!」という提案してくれたんです。貴子は“綾野プロデュース”による髪型になっています(笑)。

◎綾野剛さんとの共演について
 綾野さんとの共演は今回が3回目です。綾野さんはすごくお芝居に貪欲な方。作品ごとに現場での雰囲気も全然違うんです。役者としても素晴らしい方なので、尊敬しています。
 作品のことを第一に考え、監督さんやスタッフ・キャストとディスカッションをしながら「みんなで作品を作っていこう」という意識がすごく高いので、綾野さんに任せて、それについて行きます!
 綾野さんとのお芝居のときはお互いに意見を交換しながらやるのですが、今回はこれまでにないくらい真面目な役どころなので、最初のシーンでは逆にふたりで恥ずかしくなってしまったりして…(笑)。プライベートも知っている間柄な分、こんなに違うとびっくりしてしまいますよね。
 今まで表現したことのないお芝居や掛け合いが多いので、いい緊張感もありつつ、とても新鮮な気持ちでご一緒しています。

◎今年、芸能生活20年を迎えて…
 今年でちょうどこのお仕事を始めて20年になります。振り返れば長いようで短いような…。始めた頃は将来のことなんて考えていない小学生でしたので、今こんな風にお仕事をさせていただいているのが不思議な気持ちです。
 20年間、いろいろありましたけど、楽しかったです。いろんな現場を通して吸収できて、成長できて、お芝居が好きだということを実感できた20年でした。
 常にお芝居においては、自分の色を出すのではなく、その作品と役柄、そして監督のディレクションに染まり、その中で自分を表現していきたいと思っています。作品が変われば、現場の作り方やお芝居の進め方も違ってきますので、実は今でも新人の頃のような感覚を持っている部分も…。緊張もしますし、奥深いな、っていつも思っています。

◎20年という節目の年に『ハゲタカ』という作品に出演することについて
 20年というのはひとつの区切りになる節目の年ではありますが、その年に『ハゲタカ』という作品に出会えたことも大きな出来事でした。
 これまでは人間味があったり、破天荒だったり、という役柄が多かったので、『ハゲタカ』はわたしにとって珍しいテイストの作品。まさに新たな一歩という気がしていますし、とてもやりがいを感じています。

◎20年を過ぎた来年以降への思いは…
 このような恵まれた環境でお芝居をさせていただいているのはありがたく、さらに上に行けるようにお芝居を磨いていきたいという気持ちです。
 歳を重ねるにつれて表現の仕方も変わり、演じられる役も変化してきました。今作での貴子という役も今だからこそ演じられる役だと思います。精一杯この作品に染まっていいドラマを作っていけたら、と思いますし、20年を過ぎた来年以降もまたさらに進歩を止めず、成長していきたいと思っています。

【テレビ朝日・中川慎子プロデューサー コメント】

 男たちがしのぎを削るハゲタカの世界。実はその中で誰よりも肝の据わった経営者として鷲津と対峙するのが、ヒロインの松平貴子です。そんなタフなヒロインをご自身の聡明さ、そして圧倒的な美しさと共に演じてくださっています。沢尻さん演じるホテルウーマンの20年に渡る快進撃にも是非ご注目ください!

主な登場人物

鷲津政彦(わしづ・まさひこ)

綾野 剛

外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』代表取締役。
ニューヨークに留学中、アメリカの有力買収ファンド創始者の目に留まり、ハゲタカビジネスの世界に足を踏みいれる。若くして、企業買収や債権処理で数々の実績を上げ、畏怖の念を込めて「ゴールデンイーグル」と呼ばれた。97年に日本に帰国し、『ホライズンジャパン・パートナーズ』を設立。企業を食い荒らす“ハゲタカ”と日本中からバッシングを浴びながらも、大手銀行や日本のリーディングカンパニーを相手に大胆で圧倒的な買収劇を次々と仕掛け、莫大な利益を上げていく。そこに隠された彼の本当の目的とは…。

芝野健夫(しばの・たけお)

渡部篤郎

三葉銀行資産流動化開発室室長。膨大な不良債権を抱えた三葉銀行は日本で初めてバルクセールを実施することとなり、その責任者に任命される。バルクセール交渉の場で鷲津と初めて対面。物腰の柔らかな鷲津に対し、行員たちが気を緩める中、ひとり警戒心を募らせる。
亜希子と結婚し、ひとり娘のあずさをもうけるが、忙しさにかまけてあまり家庭を顧みなかったため、やがて大きな代償を払うことに…。

松平貴子(まつだいら・たかこ)

沢尻エリカ

日光の老舗ホテル『日光みやびホテル』のオーナー・松平重久の長女。家業を継ぐことなく、現在は『クラウンセンチュリーホテル』でフロントマネージャーを務めている。若くして辣腕をふるい、その功績が認められて役員昇進を打診されている。

アラン・フジタ(あらん・ふじた)

池内博之

外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の社員で鷲津の部下。大手投資銀行出身。アメリカ育ちの日系アメリカ人だが日本語は堪能。ビジネスのしきたりにも詳しく、鷲津の右腕として力を発揮する。

松平珠香(まつだいら・たまか)

木南晴夏

貴子の妹。日光の老舗ホテル『日光みやびホテル』で従業員として働いている。夫である松平寿はホテルの副支配人を務めている。

芝野亜希子(しばの・あきこ)

堀内敬子

芝野の妻。仕事に没頭し、家庭を顧みない夫に絶望し、徐々に距離をとるようになっていく。

宮部みどり(みやべ・みどり)

佐倉絵麻

三葉銀行資産流動化開発室のメンバーで、芝野の部下。

芝野あずさ(しばの・あずさ)

是永瞳(第4話以降登場)

芝野の娘。仕事ばかりで母親のことを蔑ろにしていた父に反発している。


佐伯宗徳(さえき・むねのり)

杉本哲太

外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の社員。日本政財界の裏にも表にも精通し、多くの情報源を持つ。鷲津の武器でもある、ビッグデータによる企業買収を陰で支えている。


中延五朗(なかのべ・ごろう)

光石研

外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の社員。都内の大型案件はもちろん、日本の不動産業界を知り尽くした不動産取引のエキスパート。

飯島亮介(いいじま・りょうすけ)

小林薫

三葉銀行常務取締役。三葉銀行のためならばどんなことでもするというのが信条であり、部下である芝野らにもそれを強いる。“三葉史上屈指の策士”と評されるほど、目端が利く陰謀家。権力者に絶妙に寄り添う一方、歯向かうものには容赦しないという人物。

コメント

【鷲津政彦役・綾野 剛 コメント】

 過去最大の難関に立ち向かおうとしています。
 一筋縄ではいかないハゲタカに挑むのですから。
 いつからか、自身を愛せず、自身に落胆し、自身を否定する時代に、いつだって人生の選択は待ってくれない。
 この作品が皆様にとって、明日への活力、生きる希望へと繋がるよう、チームハゲタカは和泉聖治監督、スタッフ、キャストと共に挑戦し続け「現状維持は後退である」を信念に、最後まで攻めの姿勢で戦い抜きます。難関は越える為にある。

【芝野健夫役・渡部篤郎 コメント】

 『ハゲタカ』は以前にも一度映像化されている作品。そういった作品を再び映像化するというのは大変なことですし、そこの場に自分を呼んでいただけるというのは光栄なことです。
 綾野さんはとても高みにいこうとしている方で、一緒にお芝居をしていてもとても勉強になります。そんな彼の思い描く通りの鷲津、そして『ハゲタカ』という作品に少しでも近づけるよう、共演者として精一杯やっていきたいと思っています。
 前作とはまた違った評価をいただけるようなエンターテインメントを見せられるよう、芝野という人物を演じていきたいと思います。

【松平貴子役・沢尻エリカ コメント】

 『ハゲタカ』は誰もが知るヒット作品。お話をいただいたときは「あの『ハゲタカ』か!」と驚きました。ただ私自身、金融・経済といったジャンルの作品をやらせてもらったことがなかったので少しだけ不安もありましたが、一生懸命頑張って『ハゲタカ』の色に染まっていけたら、と思っています。

【飯島亮介役・小林薫 コメント】

 時代を読み損ねた大企業がダメになっていくという様は、実世界でも多くありました。そういった出来事とリンクしているこの作品は、非常にわかりやすい“弱肉強食の世界”を描いていると思います。その一方で、登場する人々の人間関係も特殊だったり、人間たちの欲望もむき出しだったり、と一面的でない面白さがあるのではないでしょうか。
 私が演じる飯島は、わかりやすいくらいに狭い世界で生きてきた企業のトップ。その中だけで通用していたことが、広い世界に出たときに通用しなくなったという、栄光と悲劇性を併せ持った人だと思います。
 綾野さんとはこれまでの映画などでもご一緒してきましたが、今回のような“大人”な役で出会うのは初めて。この作品を機に大人の役者さんへと脱皮していくのかもしれません。そういった作品でまた違った関係性でご一緒できるのは楽しみです。
 食う食われるという世界だけでなく、そこに介在する人々の思いや関係にも注目しながら楽しんでいただけたらと思います。

【原作・真山 仁 氏 コメント】

 平成の30年が終わろうとしている。拙著『ハゲタカ』は、平成という時代の申し子のように、苦悩の時代を描くことになった。
 バブル経済崩壊のトリガーとなった89年(平成元年)から、日本社会の崩壊は始まり、今なお立ち直れずにいる。我々はそれを止める術を見つけられず、未曾有の混沌と絶望の渦の中で、耐えるしかなかった。それでも我々は、「自分たちが幸せになるために何が必要なのか」を考え続けた。カネか、愛か、安定か、それとも未来への希望か……。
 『ハゲタカ』の登場人物たちは、日本人の誇りの復活を叫び、希望を追い求めた。その葛藤の記録が、映像化される。
 それは、平成時代を締めくくるための必然なのだ。

【テレビ朝日・中川慎子プロデューサー コメント】

 この夏、木曜ドラマに伝説のスペシャリストが登場します。
 その男の名は…、「ハゲタカ」鷲津政彦。

 組織への忠誠、上司への忖度、理不尽な犠牲…と日本のサラリーマンたちがなかなか突き破れないガラスの壁をおかまいなしに叩き割り、「企業買収」という形で組織に風穴をあけていく鷲津は、まさに「平成」の生きる伝説です。そんな伝説の男を、2018年の夏、生き抜いてくださるのはテレビ朝日連続ドラマ初主演となる綾野剛さん。
 ご自身の「情熱」と「覚悟」を鷲津に灯し、平成と闘う男を20年の時間軸で演じてくださいます。日本最強の「買収者」でありながら、現場の人間の圧倒的な「代弁者」でもある、主人公・鷲津。
 「ハゲタカ」と呼ばれながらも周囲にファンを増やし続ける不思議な魅力に満ちた主人公を圧倒的なエネルギーで、しなやかに、そしてしたたかに体現し私たちを魅了し続けてくださると確信しています。

 また今回は原作者・真山仁先生の全面的なご支援の下、2018年の鷲津の姿も描いていきます。
 私達が生きた平成という時代はどんな時代だったのか?そしてそのラストイヤーに鷲津はどんな答えを導き出すのか!?ダイナミックで痛快な木曜の夜をお約束します。
 是非、ご覧ください。

スタッフ

原作

真山 仁『ハゲタカ』『ハゲタカⅡ』(講談社文庫)

脚本

古家和尚(『任侠ヘルパー』『S -最後の警官-』ほか)

監督

和泉聖治(『相棒』シリーズ)ほか

ゼネラルプロデューサー

内山聖子(テレビ朝日)

プロデューサー

中川慎子(テレビ朝日)、下山潤(ジャンゴフィルム)

制作協力

ジャンゴフィルム

制作著作

テレビ朝日